M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:ベトナム ( 52 ) タグの人気記事

仁義なきヤフオク 偽タイガーカモまかり通るの巻

 いや、これはひどい!!  今のヤフーネットオークションの制度設計では、「ビンテージもの」の悪意あるニセモノ出品者に対抗することができません。  もちろん、レプリカと知らずに「実物」と称して出品されてしまう方もいらっしゃいますが、その場合「質問欄」にて問い合わせをすれば、大抵は誠実に対応される方がほとんどです。しかしながら、出品者が確信犯的にニセモノを高値で売り抜けようとしている場合、質問をネグレクトしていれば、その商品に質問が「ある」ことさえもほかの入札参加希望者には伝わりません。  オークション運営側は、「いや通報ボタンがあるでしょ」と説明されるかもしれませんが、いわゆる商標に守られるものの「ニセモノ」は通報できますが、「ビンテージ」な品物に対する「ニセモノ」を通報するカテゴリーはありません。なので、近似あるいはその他のカテゴリーで通報したとしても、その通報は運営側にもネグレクトされているのが実情です。  もちろん、一義的にはネットに書かれたことを鵜呑みにしてしまう入札参加者の責任ではあるのですが、しかしながら一定程度の相互信頼がないと個人間のネット上の取り引き自体が成り立たないということにもなります。ヤフオク取り引きで相手の「不実」が明白な場合であれば、評価欄にて評価できますが、特に「古着系ビンテージ」ものの場合,品物を受領しても落札者がニセモノであることに気づかない場合があるのではないでしょうか。  川村は過去のブログ記事にて、二度にわたり「仁義」(ここでは他者への敬意と自己の責務を果たすことの意)を強調して来た訳ですが、それでもここのところいやな事例が続いています。  もし、これを読んでいる方で2万円以上のビンテージタイガーストライプを応札しようと思っている方がいらっしゃいましたら、自己防衛のためつぎのとおり提案します。多少高価ではありますが、まずはR.D.ジョンソン「TIGER PATTERNS ,A guide to the Vietnam war's combat fatigue patterns and uniforms 」を購入されることを推奨します。ニセモノを数万円でつかまされるくらいなら、充分に元はとれる(笑)とはおもいます。


「ほぼデッド! 60s ベトナム戦 ゴールドタイガーストライプジャケット ビンテージ ヘビーウェイト 米軍実物 ADSパターン」即決230,000円だそうです。
1円スタートで5万円に高騰!!
 あーあ・・・
パターンの不連続線に留意
a0164296_0192899.jpg



「1960’s Gold Tiger stripe jacket ADS pattern」だそうです。
 恐いよー
いや、レプリカとしてなら全然問題ない出来なんだけど
即決230,000円っていったい・・・
a0164296_0192880.jpg


《きょうの教訓》
●ネット情報は鵜呑みにしない。オークションの都合のいいキャプションなどをそのまま信じない。
●書籍にも応分のお金をかける。ただし、ゴミみたいな滓書籍(cfヘイト本)などもあることに注意

(こちらは正真正銘のオリジナル)
ほぼ同時期にヤフオクに出品されたすばらしいコンディションのADS!!即決19諭吉で落札されていきました。払える人うらやましい!いいなー
a0164296_0192268.jpg

a0164296_0192045.jpg

[PR]
by poemaquince | 2018-02-24 00:21 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーパターンの迷宮 TO-79ジャングルプリントハットの巻

 タイガーストライプパターンのトロピカルハットの中に、TO-79とスタンプされたものがあります。いわゆるTO系の一連の「コントラクトナンバー」?から来ているものでしょう。
 今回のこのTO-79は、タッドポール系であることは何となく解ってはいたのですが、TO-78(タッドポール・デンス)との連想から、何となくこのTO-79もTDDかなという気がしておりました。
 ただ、縞の感じはTDDとまでは言えないかなとも感じており、自分の中でパターン分類は決めかねておりました。タイガーストライプのパターンを判定する場合、やはりある程度の面積が観察できないと確定することは難しいですよね。
 幸い、この個体の鍔(つば)は、一枚生地をくりぬいたもので、であるならばデンスとスパースそれぞれのパターンで一致する部分を確認してみようと思い立った訳でした。というわけで写真を見ていきます。

TO-79内装部
鍔部分の周回ステッチがだいぶ乱暴である
(この個体特有の仕上がりなのか、TO-79にみられる特徴なのかは不明)
鍔の生地は縫い合わせでなく、一枚生地をくり抜いている
a0164296_2226184.jpg


TO-79ハット上面
a0164296_2225538.jpg


TO-79ハット側面
ハトメ(アイレット)の間隔が狭い気がする
a0164296_22254418.jpg


ハトメ部分を内側から見たところ
いわゆる「菊割り」で留めていることに留意
内張りの黒い生地がだいぶ劣化している。
a0164296_2225367.jpg


タッドポールスパース(TDS)のパターンとほぼ一致
a0164296_22252664.jpg


TO-79はTDSとほぼ断定してよいと思われる。
a0164296_22251020.jpg

[PR]
by poemaquince | 2018-02-15 22:30 | tiger stripe | Comments(0)

TIGER STRIPEの迷宮 タイガーストライプガーメントのボタンの巻

 R.D.Johnson「TIGER PATTERNS (Schffer1999)」 pp31-32によれば、スタンダードイシュー(いわゆるMDAPものなど)に観察される主なボタンとして「ラウンドバック」「レイズドバック」「ディスカス」の3っつのタイプのボタンを挙げています。今回はそれらのボタンを見ていきたいと思います。


左から「ラウンデッドバック」2種、「ディスカスタイプ」、「レイズドバック」
下段は、それぞれのタイプの裏面を示す。
ラウンデッドタイプの左側2例は名前の通り裏面が「まるまっている」ことに留意
ディスカスタイプは、円盤状の形を示す。
レイズドバックは裏面がせり上がり段をつくっている点に留意
径は左から
19.8mm※
19.8mm
17mm
18.9mm(いわゆる米軍の19mmボタン)
※径はこのほか取付け場所(ウエストタブなど)によりひと回り小さいもの(16mm)も観察される。
a0164296_22362256.jpg



ラウンデッドバック2種の比較
厚はそれぞれ
左側 4.5mm 主にJWDやTDSに多く観察される
右側 3.2mm この薄手のタイプを使用したガーメントは現認していない。
a0164296_22361415.jpg


なぜか自宅にノギスが(笑)! とても重宝です。
a0164296_2236381.jpg


 川村は、「ディスカスタイプ」を使用したスタンダードイシューは、見たことはないのですが、当時もののシビリアントラウザーズ(JWD)での用例は確認しています。また、このボタンについてジョンソンは、同書のテーブルチャートで、JWDパンツ BUTTON 3P1等を示しています。
 一方、「レイズドバック」のタイプは主にゴールドタイガー(ADS)やARVNクラッシック(ADD)などによく観察されるのはみなさんご存知のとおりです。
 ところで、上述の書籍「タイガーパターンズ」31ページのキャプションには、”Rounded Black” “Raised Black”と書いてありますが、多分 「Back」の誤植と思われます。ちなみに「ディスカス」は、”Discus Shaped Button Style”という表記です。
 なお、今回の写真はあくまで一般的な例示であって、たとえばラウンドバックのボタンについても様々な色味や厚さなどが観察されます。また、ここに紹介した以外のタイプのボタンの使用例等がありますので誤解なきようご了解願います。
[PR]
by poemaquince | 2018-02-12 22:49 | tiger stripe | Comments(3)

TIGER STRIPEの迷宮「三叉( the three pronged)」のゆくえ の巻

 タイガーストライプ・プロダクツ社のトレードマークとして有名な三叉(さんさ/みつまた)柄は、VMX、いやフレンチ・インドチナ・リザードまで遡る由緒正しきモチーフなのでした。
 そんな訳で今回は、この「三叉( the three pronged)」について、くわしく見ていきたいと思います。
 なお、写真のうちVMS(Vietnamese Marine corps Sparse)については R.D. Johnson “TIGER PATTERNS” (Schiffer 1999) より部分引用させていただきました。また、JWDの柄については、サムズミリタリ屋および中田商店のレプリカ柄になりますのでご注意ください。
 それから今回もSUGINAMI WORKSさんの「TIGER STRIPE 虎模様戦闘服」の写真の一部を引用させていただきました(JWD原反(げんたん)を確認)。


ベトナム海兵隊希薄系(VMS)の配置(部分)
「泳ぐ生き物(原型)」と「お化けの腕(原型)」に挟まれる「三叉」に留意
三叉のうち一本はまだ短いことが判ります。
a0164296_213353.jpg


アーリーパターン(JWS)の三叉廻り
三叉の三本目もしっかりしてきました。
VMSと比べ「お化けの腕」との間に、いくつかのモチーフが挟まっていることに留意
a0164296_21325610.jpg


ジョンウェイン(JWD)
画面右側に三叉モチーフ
三叉の膨らんだ先はどのようになっているのでしょう?
JWSに見られる「お化けの腕」のモチーフが消滅していることに留意
a0164296_21323774.jpg


三叉の先がどうなっているか?
SUGINAMI WORKSさん「TIGER STRIPE」写真集でJWDの原反を確認すると、三叉モチーフの先は「無い」ことがはっきり解ります。
a0164296_21321699.jpg


ところが、その後、三叉の先が生えてきます!おたまじゃくし柄(タッドポール)の派生です!(じつは、ヘリンボン生地で、三叉の先におたまじゃくしがついているローカルメイドのファティーグを見かけたことがあるのだけど、いまから思えばJWCのような気がするけどなんだったのだろうか?)
a0164296_21315995.jpg


タイガーストライプ・プロダクツのトレードマーク、実際には爪のまだ先があるようです。
(実際のラベルはグリーン地でして、今回モノクローム処理した物です。ネット上の写真を利用させていただきました)
a0164296_21313738.jpg

[PR]
by poemaquince | 2018-01-24 21:38 | tiger stripe | Comments(0)

TIGER STRIPEの迷宮 「エの字( a Character “H”)」のモチーフの場合

 タイガーストライプの柄は、パターンの種類を横断して「共通するモチーフ」が見られることは、ご存知のとおりです。
 さて前回の「お化けの腕」に引き続き、今回は、「エの字」の柄を並べて比べてみました。ただし、「エの字」全景を示せた物は一部にとどまり、ADSについては「MASHさんのレプリカ(たぶん)」を使用しております。またADDについては、SUGINAMI WORKSさんの「TIGER STRIPE 虎模様戦闘服」の写真の一部を引用させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

ジョンウェイン(JWD)に於ける「エの字」
今回は、この倒したH文字のような(「エの字」と勝手に呼んでます)モチーフを比べていきます。
a0164296_17353836.jpg

ARVNクラッシック(ADD)に於ける「エの字」
a0164296_17351465.jpg

(c)SUGINAMI WORKS「虎模様戦闘服(CD)」より

アーリーパターン(JWS) 右と、JWD左の比較
「エの字」より下のほうは、他のモチーフ配置は共通しているけど、上のほうの配置はだいぶ異なることに注意
アーリーパターン上方の「ひよこ(半身)」に留意
a0164296_1735086.jpg


レイトウォーとゴールドパターン(ADS)の比較
右上段レイトウォー(ライトウェイト)右下段レイトウォー(ミッドウェイト)
左ADS(多分レプリカだけど正確な柄と思う)
レイトウォーとADSのモチーフが反転していることに留意
a0164296_1734387.jpg


「エの字」の先端にも「どじょうの顔」らしきものがいましたので、それぞれ比較してみます。
右上段ADS
右中段JWD
右下段JWS(裁断の都合で口の先部分が途切れている)
左上段LLD(レイトウォーライトウェイトデンス)
左下段LMD(レイトウォーミッドウェイトデンス)
a0164296_1734793.jpg


ADSとADDの「エの字」の「どじょうの顔」の比較
右側ADD
左側ADS
a0164296_17332697.jpg


ADSの同一個体内での「エの字」の「どじょう顔」と「お化けの腕」の上に現れる「どじょう顔」の比較
上段 エの字のどじょう顔
下段 独立している「どじょう」
a0164296_17324996.jpg

[PR]
by poemaquince | 2018-01-20 17:41 | tiger stripe | Comments(0)

TIGER STRIPE の迷宮 おばけの腕( Phantom Arm )比べ

 タイガーストライプの柄は、パターンの種類を横断して「共通するモチーフ」が見られることがあります。そのなかで、今回は、比較的メジャーかつ、独特の形状で見つけやすい「お化けの腕」の柄を並べて比べてみました。
 断片的ではありますが、パターンの判定などにご参考ください。

向かって右側から
ゴールドパターン(ADS)
アーリーパターン(JWS)
ARVNクラッシック(ADD)
レイトウォー(LLD)
a0164296_1481890.jpg


こうして「おばけの腕」廻りのパターンを比べて見るとADDは、ADSよりJWSのモチーフに近い印象であることが解ります。特にお化けの腕の指先方向に「集中」する柄などに留意
一方、ADSの指先には「どじょうの顔(笑)」が被さるように出てきてます。
また、レイトウォーパターンのお化けの腕モチーフは反転していることにも注意


ADS「どじょうの顔(Loach's face)」
a0164296_1481067.jpg

[PR]
by poemaquince | 2018-01-15 01:50 | tiger stripe | Comments(0)

ネットオークションの仁義その2 レプリカを高値で掴まない(タイガーストライプの迷宮 番外編)

 ビンテージもののタイガーストライプは、慣れてしまえばそこそこ見分けもつきますが、それなりの興味がなければ見分けることはなかなか大変です。(てゆーか、そもそも興味がなければ見分ける必要も無いのだけれど)
 という訳で、ネットオークションでレプリカを高値で掴んでしまったり、あるいは知らずに高値で出品して加害者となったりしないように、ざっくり「注意点」を挙げてみたいと思います。あくまでタイガーパターン入門者の方を対象とした「ざっくり」とした話で、「例外」もたくさんあることはまず申しあげておきたいと思います。
 ネットオークションの仁義(その1)はこちらhttp://parkashell.exblog.jp/21290900/
 
【緊急追記2018/2/15】
うわーん!!恐ろしいことがおこりそうな予感!!!
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o223592595
ADSって・・・いったい何故ADS??

例1)
腕や腿の小ポケット(いわゆるシガーポケット)の蓋が二個ボタンの場合はとりあえず様子見が無難でしょう。というのも、実物にもその型はあるのですが、ネット上で取り引きされる9割9分は中田商店〈セスラー〉の物になるでしょう。あるいはまれにトラウザーズの場合旧ファントムのものかもしれません(これはこれでレアなのですが、高円寺の古着屋さんでは、「実物」として販売されてました。教えてあげれば良かったかな?)。中田商店のものは雰囲気も良いので、フツーの古着として、たまーに定価(税別4500JPY)以上で取引されちゃったりしてます。
スタンプの雰囲気も良いので、注意が必要です。
a0164296_1539583.jpg


例2)
パターンに不自然な不連続線がみられる場合はレプリカの可能性が高いのですが、
その一例として、東京ファントムのアドバイザータイプの例を挙げます。
写真で示した通り、矢印の左右のエリアで、黒縞パターンの不連続がみられます。
(左側は、MASH(推定)のADSです。写真使い回しのため写ってるだけで深い意味はありません。)
a0164296_15395472.jpg


例3)
例2と同様、パターンに創作が含まれているADSの例です。販売者は、「実物かどうか分からない」としていますがほぼ「レプリカ」で良いと思います。
a0164296_15394737.jpg


その他の一般的留意点
 生地がリップストップのものは、基本レプリカで良いと思います(ただしタイラージパターンを除く)。また、トラウザーズがファティーグタイプカットのものは実物である可能性はとても低いでしょう。いわゆるファティーグボタンを使ったものも、ほぼレプリカで良いと思います。間違えやすいのは、タイガーストライププロダクツの旧版や中田商店の旧版ですが、基本的にはメーカーラベルがついています。JWDなどにラベル縫付け跡が残っていたら要注意ですね。
 また、過去のレプリカアイテムとしてどんな物があったのかを知ることも大切と思われます。まるぞーさん「保健婦と逢瀬のためなら禁煙す!」https://ameblo.jp/maruja22w-sj30fm/theme-10049662498.html のブログなどが非常に参考になります!私もずいぶん参照させていただきました。
 また、当ブログでも、レプリカ案件については以前にいくつかご紹介しています。ぜひご参考ください。
[PR]
by poemaquince | 2018-01-08 15:43 | tiger stripe | Comments(3)

虎紋迷彩の迷宮 ADSとADDの場合 デンスとかスパースとか(その2)

 R.D.ジョンソン氏のパターンブックにて定義されるタイガーストライプの柄は、同じ系列の柄ごとのヴァリエーションモデルをデンス(Dense:濃厚)とかスパース(Sparse:希薄)とか名付けてサブカテゴリーとして分類しています。

 ある特定のエリアに「特定の柄」が現れたら「スパース」で、同じ系列でもその「特定の柄」が省略されていれば「デンス」というようなことのようなのです。

 前回の「デンスとかスパースとか」では、おたまじゃくし柄のスパースとデンスについてみてみました。(http://parkashell.exblog.jp/23253734/
 今回は、軍事顧問(アドバイザーズ)柄のスパース(ADS)とかデンス(ADD)について見てみたいと思います。
なお、スパース、デンスについてのR.D.ジョンソンの定義を再掲しておきます。
Richard Denis Johnson
Tiger Patterns: A Guide to the Vietnam War's Tigerstripe Combat Fatigue Patterns and Uniforms (Schiffer/1999 )
pp66-67

(要旨の仮訳(再掲))
スパース
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ある」とき、そのパターンはその領域の内容(柄?)によって見た目が拡張され、著者によりスパース(希薄系)フォームと名付けられ、以来、幾ばくかの批判(中傷)はあるにせよその内容(ターム?)は広まって来た。
デンス
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ない」とき、そのパターンはその領域内の柄を通じて見た目が縮小、濃縮され、あるいは省略により脱落しているゆえ、著者によりデンス(濃厚系)フォームと名付けらた。


右、ADS(ゴールドタイガーとも呼ばれる)のアングロカット(7つポケットにフロントファスナ)
左、ADD(ARVNクラッシック)のアジアンカット(5つポケットにフロントボタン、裾にドローコード)
a0164296_1371668.jpg


アドバイザーズ(軍事顧問)パターンでのデンス(左)と、スパース(右)の例
アドバイザーズスパース(右)の場合、付箋と付箋の間の柄をジョンソン氏は「任意の特定柄」としています。
アドバイザーズデンス(左)の柄は、右(ADS)に比べ付箋の間の柄が省略されてしまっていることが判ります。
a0164296_137268.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-06-04 01:46 | tiger stripe | Comments(0)

虎縞迷彩服の迷宮 MASHレプリカの驚異!オリジナルと比べてみよう TDSの巻

 90年代末から00年代初頭にかけて、大阪MASHさんが企画した「タイガーストライプ」レプリカは、その再現性の高さからそれ自体がコレクターズアイテムとして世界中のコレクターから絶賛されたりしています。
 (残念ながら90年代当時の川村は、タイガーストライプには全く興味がなく、腐敗した軍事政権とそれを支援する新植民地主義尖兵の「トラ柄のキモいアレ」くらいの認識でした(笑)。それが、数年まえにリップストップの「当時もの」を見かけたこと(TSの迷宮その1参照)をきっかけにいろいろ気になりはじめ、いまでは、パーカのことも等閑(なおざり)にして、今更ながらこんなブログを書いていたりします(いや、人生どう転ぶか判んないもんです)。)
 というわけで、さっそくMASHさんのレプリカがどんなに凄いか見てみましょう!
 今回比較するのは、ジョンソン分類でいうところの『おたまじゃくし柄希薄系/タッドポールスパース/TDS』MASH分類では『シルバーパターン』、それのいわゆるアジアンカット(5個ポケット、フロントボタン)モデルです。

 両者の全景
 左:MASH
 右:オリジナル
追記:色味はそのときどきの生地/捺染具合により印象が大きく変わることがあるため、色の印象のみをもって似ている似ていないを論ずることはあまり意味の無いことと考える。
a0164296_21442751.jpg


 フロントボタンを開いたところ
 ボタンは、ポケットも含め全て同径同型であることに留意
a0164296_21441694.jpg


 フロントボタンの配置状況
 ボタンの台布は長方形でなく緩いテーパーがかかっていることに留意
 (上の写真も参照)
a0164296_2144466.jpg


 背面から見たところ
 写真では判りづらいが臀部ポケットはいずれも外側に襠がひらいている。
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21435079.jpg


 サイズタグの比較
 上段:MASH
 下段:オリジナル
 字体や、生地の布織は異なるが、MASHで再現されたような字体や生地もあったと思われる。
a0164296_21434240.jpg


 MASHのサイズタグのクローズアップ
 織りが荒く、洗濯をするとすぐにほつれてしまいそうなタイプ?
a0164296_21433195.jpg


 オリジナルのサイズタグのクローズアップ
a0164296_21431895.jpg


 大腿ポケットの比較
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_214358.jpg


 バンテージポケット(シガーポケット)?のクローズアップ
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21424241.jpg


 ポケットの襠の状況
 両ポケットとも前方に開いている。
 MASHについては小ポケットの襠を膨らませ忘れたため写っていないがちゃんと箱ポケットになってます。
a0164296_21422886.jpg


 裾のドローコード
 コードは、手芸でよく見かける太いものを使用している。
 トラウザーズのシームに沿って取り出し口をつくっていることに留意
 上段:MASH
 下段:オリジナル
a0164296_21421415.jpg


 ボタンのクローズアップ
 上段:MASH
 下段:オリジナル
a0164296_21415545.jpg


 ボタンの裏面の状況
 へそ(段差)が付かないラウンドバックであることに留意
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21412612.jpg


 タイガーパターン「おたまじゃくし」部分の比較
 パターンのみで真贋を見分けるのはちょっと困難
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21405537.jpg


 というわけで、生地、カット、その他部材等非常にリアルに再現されていることがご理解いただけたと思います。 なので、程よくフェードしてしまえばオリジナルと鑑別するのは(サイズ感を除いては)困難です。
 左:MASHのアジアン-スモールサイズ
 右:オリジナルのアジアン-ミディアムサイズ
 アジアンサイズの場合、MASHのほうが、ふた廻りほど大きくつくられている。
a0164296_21402812.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-05-23 21:50 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮 60年代HAMAジッパーについてのあれこれ(YKKもね)

HAMAファスナーについては、MASHさんウェブページ http://www.mash-japan.co.jp/cgi-bin/prd.cgi?itemno=95-05-6701 にある「東大阪にあった新日本ファスナーという会社のブランドである」という記述を嚆矢(こうし)として、それ以上の情報はネット界隈にはあまりみられません。
 わたくし川村も、それ以上何も判りはしないのですが、とりあえず二つのタイプのHAMAファスナーについて比べてみたいと思います。
 
JWD(ジョンウウェイン濃厚系)アングロカットパンツのHAMAファスナー
a0164296_14505161.jpg


同 引手裏面
このタイプの引手裏面にはHAMA刻印が無い!ことに留意
a0164296_1450415.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_14503048.jpg


ADS(アドバイザー希薄系)アングロカットパンツのHAMAファスナー#3
a0164296_14502073.jpg


同 引手裏面
a0164296_1450980.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_1449585.jpg


レプリカのHAMAファスナー#3
(リアルマッコイの製品についていたものであるが、企画はMASHのもの?)
刻印、メッキの輝度、テープ色なども含め非常に精確に再現されている。
a0164296_1449451.jpg


同 引手裏面
(あまりにリアルなため、鑑別のためわざと刻印を省略したのではないだろうか?) 
a0164296_14493187.jpg


同 スライダー裏面 
「3SY」の刻印に留意
a0164296_14491937.jpg


参考に、同時代のものと思われるYKK(吉田工業株式会社)製ファスナーも例示してみます。
コマーシャルタイプダックハンターパンツ
a0164296_1449112.jpg


同 引手裏面
a0164296_14484980.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_14483735.jpg


コマーシャルタイプパンツ(JWD生地)
a0164296_14482795.jpg


同 引手裏面
a0164296_14481562.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_1448569.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-05-21 14:57 | tiger stripe | Comments(0)