M-51Parkaに関する2,3の事柄

ベオギュン(Beo gấm)の泥濘(その3) 結局、TAKASHIMAYA MIL-C-5390F(WEP)のパターンはKIFFEやCISO(28June1967)パターンと一緒なのか?の巻

 突然始まったベオギュン(ベオガム)シリーズその3は、前回紹介した"KIFFE"ブランドの日本製ベオガム2ポケットジャケットやCISO見本(June1967)の端切れパターンと、高島屋サマーフライトカバーオールのパターンは共通しているのか?していないのか?という問題についてです。って言われてもそんなことを気にしている趣味の人ってたぶん多く見積もってもせいぜい日本で30人くらいじゃないか?とも思うのですが(笑)。
 まあ、そんなわけ(どんな?)で典型的なパターン部分を並べて比較してみました。もちろん、CISO見本の端切れは手元には無い(笑)し、高島屋のカバーオールも当然手元にないので、そこはそれぞれUSミリタリアフォーラムのWeb写真と、杉並ワークスさんの「虎模様戦闘服」の一部を引用させていただきました。謝意を表します。

三者を並べてみました。
左:TAKASHIMAYAのサマーフライトカバーオール
中:CISO見本(june1967)
右:KIFFEのミドルウェイト生地
a0164296_10455321.png

比較するときわかりやすいように、いくつかの柄の指標にマーキングしてみました。
結論としては、「同じパターン」としてよいと思います。
a0164296_10454575.jpg
参考:TAKASHIMAYAカバーオールのコントラクトタグ
a0164296_10510639.jpg
写真引用元はおなじみUSミリタリアフォーラム
あるいは

このページには、同じパターンの2ポケメタルボタンタイプのジャケットも!

国内ウェブサイトサイトの有名どころとして
川村は、こちらのサイトにて初めて高島屋コントラクトのサマーカバーオールを知りました!!

注:表題の「Beo gấm」についてはブラウザによって?表記が誤っているかもしれません。

[PR]
by poemaquince | 2018-11-18 10:51 | tiger stripe | Comments(2)
Commented by JJJ at 2018-12-08 15:50 x
記事とは関係ない質問で大変恐縮なのですが、モッズパーカについて大変詳しいようなので、ご質問させてください。
今自分は、ヴィンテージのM-65パーカの大きいサイズを探しているのですが、m-65パーカにはXLは存在しないのでしょうか?
探してもLしか見つからなかったです。
また、年代によって大きさが違うということはありますでしょうか?
よろしければこの2点についてお教え下さるとありがたいです。
不躾けな質問で大変申し訳ないのですが、できればご回答をよろしくお願い致します。
Commented by poemaquince at 2018-12-10 01:41
JJJさま
ご質問ありがとうございます。
MIL仕様書にあるとおりM-65にXLは存在します。丈はすべて同じで、身長170-180cmのレギュラー設定です。なのでサイズは身幅の違いになります。XL、私もどこかで見かけた気がしますが思い出せません。M-65のパーカはMでもかなりおおきいです。タウンユースでの着用なら、M=XL相当と思ってもよいと思います。年代によって大きさは変わっていると思いますが仕様の規格は未確認です。むしろ生産ロットの個体差のほうが差が大きいような気がします。
いずれにせよ、サイズ表記に惑わされることなく実寸を確認したうえでの購入が吉と思われます。ご健闘を祈ります。