M-51Parkaに関する2,3の事柄

ベオガムの泥濘(その2) 三つの《KIFFE》MADE IN JAPANの巻

 突然始まったベオガム(BeoGam)シリーズその2は、60年代頃に"KIFFE"ブランドにて生産・輸出された日本製ベオガム(あるいはダックハンター)2ポケットジャケットについてです。
それでは現時点で確認できた"KIFFE"の3っつのパターンを写真で見ていきましょう。


右:いわゆる「ダックハンター」パターン
左:どちらかといえば「ベオガム」っぽい感じ
a0164296_23041611.jpg
まずは「ダックハンター」(右)のタグ
KIFFEブランドは、米国のブランドのようなのですが、一連のタグには「made in Japan」の表示があります(いやコレはほつれててみえないけど)。
a0164296_23040676.jpg
「ダックハンター」のフロントボタン 陸自と同じ仕様のボタンに注意 比較に陸自リペア用ボタンを置いてみました。
a0164296_23031636.jpg
同じく、胸ポケットのボタン フロントボタンに比べて一廻り小さいことに留意
輸出用2ポケカモジャケットは、日本製、香港製両者とも胸ポケットのボタンが一廻り小さい仕様になっている。
a0164296_23022487.jpg
どちらかといえば「ベオガム」っぽい感じ(左)のタグ
a0164296_23035526.jpg
「ベオガム(っぽい)」のフロントボタン なんと、タイガーストライプと同じダークグリーンのラウンドバックタイプ(ただし薄いやつ) 比較としてタイガーストライプボタンhttps://parkashell.exblog.jp/238320847/ を並べてみました。
a0164296_23033921.jpg

KIFFEのベオガムタイプ二種
右は紛れもなく「ベオガム」
左は、既出の「ベオガム(っぽい)」もの
いやまあどっちも「ベオガム」だけど。
a0164296_23021317.jpg
「ベオガム」(右)のKIFFEタグ
a0164296_23001867.jpg
もちろん襟の裏に補強ステッチはない。フード用のボタンループに注意
a0164296_23101654.jpg
フロントボタンは陸自型(JSDFtype Button)
a0164296_23000267.jpg
背面全景 なんとこのパターン「CISO」の見本用に提出された1967年6月の記載のあるミドルウェイトファブリックとほぼ同じパターンであった。
追記:このパターン、有名な「高島屋サマーフライトカバーオール」のパターンと同じ説、異なる説、両方あるけどどっちなのだろう?
a0164296_23113330.jpg
詳細はおなじみUSミリタリアフォーラム参照
a0164296_23110214.jpg

[PR]
by poemaquince | 2018-11-10 08:00 | tiger stripe | Comments(0)