人気ブログランキング |

M-51Parkaに関する2,3の事柄

映画「RIBEN GUIZU」観て考えました。(番外編)

 昨日、今日と、映画のハシゴ三昧です。早稲田松竹で、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の台湾映画二本立て「風櫃(フンクィ)の少年」「冬冬(トントン)の夏休み」を観たあと、武蔵野プレイスでの自主上映ドキュメンタリー「日本鬼子(リーベン・クィヅ)」を観てきました。続けて今日は庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」です。
 さて、シン・ゴジラについてもいろいろ考えさせられたわけですが、なんといっても心が「ゆさぶられた」のは、「日本鬼子(リーベン・クィヅ)」です。
 昭和戦争期に於ける中国戦線での皇軍兵士の残虐な行いについては、文献などで多少は知っていたわけですが、やはり当時皇軍兵士であった当事者からの生の証言は「インパクト」が違います。証言の撮影は、2001年頃との事ですが、日本軍の軍人であった14人の証言者(現時点で14名のうち存命の方は2名となってしまっているとの由)は、淡々とあるいは人によっては「楽しそう」に当時の話を語ります。監督が撮影するにあたってお願いしたのは、「聞いた話ではなく自分が行ったこと」を話すということでした。
 最初のほうは、農民(何の関係もない)を生きたまま「初年兵」のための「刺突訓練」の標的にしてしまうとか、軍刀の試し切りなどの話でした。医師の軍医時代の「生体演習」(生きたまま手術練習の材料とした)の話もあったりしたのち、後半になるとまた、兵士の証言が続きます。さすがに旧日本軍も婦女子への性的蹂躙は公式には禁止をしていたのですが、現場をコントロールしていません。また、問題が表面化すると話がややこしくなるためかえって犠牲となった女性は殺されてしまいます。なんとも胸の悪くなるような話が続きます。せめて「証言者」が、涙ながら懺悔しながら語っていたのであればこんな気持ちにならなかったのかもしれませんが、あまりに淡々と、あるいはすこし「楽しそうに」語るのでもう、証言者に対して反感と怒りしか湧いてきません。特に最悪なのは古参「6年兵」の兵卒が「若い女性」をやったあと、切り刻んで部隊の糧食に出してしまったエピソードです。事後報告で中隊長(3年兵)に報告するのですが力関係からか黙認です。(証言者は力関係のように説明していましたが、どちらかというと、将校が面倒を恐れて黙殺したというところでしょう。)なるほどこのような証言を知れば、中国農民が日本皇軍の残虐さから「日本鬼子」「東洋鬼」と呼んで恐れおののいたということも胸に落ちます。
 さきの昭和戦争について、戦争「被害」については皆が語ってきました。しかし「戦争の加害」についてはほとんどおおやけに語られてきません。そう言った意味でこのドキュメンタリーに出演し、証言を残してくれた人々は、ある意味「勇気ある人々」と言っていいのかもしれません。
 今を生きる多くの人々にとって、彼らの体験は「特殊な事例」と感じられるかもしれません。しかし彼らにしても、たまたまその時代を生きた普通の人々だったわけです。最初は「刺突」すら恐ろしくてできなかったものが、いったん慣れてしまえばいたって普通に、そのうち残虐なことも残虐と思わずに行えるようになる。あるいは「日本人は偉く、中国人を支配して当然」といったような心性にいとも簡単に転んでしまう。その事が一層恐ろしく思われるのでした。ゲーテ(だっけ?)の格言のように、まさに「盗む機会のなかった者は、自分を正直者と思っている」といったように、そのシチュエーションに放り込まれたときにどれだけ自分を保てるかという事でしょう(もちろんそれは記述者川村自身についてもいえることなのですが)。
 かれらは、一様に証言します。「今から思えばかわいそうな事をしたと思う。だが、そのときは「生意気」と思った(ので殺した)。」「自分だけやらないと仲間はずれにされる。部隊で生きていけない。」と。こういった心理の発露は、いまのこのネット社会や報道でもしばしば見聞きする情景です(自民族を無根拠に優越視するような差別排外主義や、出る杭を許さない同調圧力の強い社会)。
 「日本鬼子(リーベン・クィヅ)」を「ひのもとおにこ」として萌えキャラにするのは良いのですが、ウィキの言うような単なる「侮蔑語」ではなく、その背景と歴史を充分理解したうえで、抑制的に(どの国にもいる「ネト右」「憤青」などを)揶揄するときに使用するのが吉でしょう。

a0164296_2262292.jpg

                  (c)ぼくちん@ROM専気味


追記:証言者は「中帰連」の人々であるという事から(証言を)批判的に捉えるむきもあるようですが、今回の映画に限らず似たような証言はそこそこあるので「中帰連」云々の批判は該当しないのではないかと考えます。
by poemaquince | 2016-08-30 22:13 | 映画 | Comments(0)