M-51Parkaに関する2,3の事柄

M-51PARKAサイズの謎 その3 Finished Measurementsの巻

 以前にも何度か言及し、気にはなっていたテーマなのですが、「サイズの謎その2」の記載から1年も経ってしまいました。http://parkashell.exblog.jp/13525651/
 M-51パーカの「サイズ表示」と「実際のサイズ」は、個体によりだいぶ異なる感じがあるのです。
 そこで、仕様書(mil-spec)上の表示はどのようになっているのか比較してみました。
 前回にも言及したのですが、仕様書にはサイズごとの出来上がりの寸法(身幅、着丈、そで丈だけですが)が表になっていて、完成品はそのサイズに適合することを求めています。
 以下、年代ごとにその変遷を追ってみたいと思います。

まずは、1951年3月の初版MIL-P-11013(QMC)
かなり大きいことが確認できます。
例えばXSの身幅が56インチ!平置きで半分として28インチ(約71.1cm)
着丈が42インチ(106.7cm)、袖丈が24インチ(61cm)
a0164296_2136288.jpg


さすがに大きすぎると思ったのか3ヶ月後の1951年6月には修正(amendment1)が入ります。
同じくXSで身幅51インチ平置き1/2で換算して(64.8cm)着丈41-1/2インチ(105.4cm)、袖丈23-5/8インチ(60cm)
a0164296_21355782.jpg


改版MIL-P-11013A(1952年12月)
51年6月のアメンドメント1を踏襲しています。
a0164296_21362146.jpg


60年代型MIL-P-11013D(1962年8月)
(すみません。費用の関係でB版C版ありません。しまった!円が強いときに調達しとけばよかった!)
XSで22-1/2インチ(57.2cm)、着丈41-1/2インチ(105.4cm)、袖丈24-1/2インチ(62.2cm)と身幅がだいぶ細身になりました。
a0164296_2136185.jpg


‥‥で、XS表示のある、手元に唯一ある個体を実測してみました。
身幅約62cm、着丈約100cm で、一応D以前の身幅には近いけど、うーん、着丈は許容範囲1インチなので少し短い?(その方がいいけど‥‥)洗濯で縮んだのかな。
 一見、「件のファティーグボタン」を使用したDSA60年代型なのですが・・・
a0164296_21585170.jpg


 よく見ると、肩のプリーツが残っている!D以前の移行型?のタイプ
a0164296_2136385.jpg


 サイズラベルのディテール
a0164296_21354413.jpg


 インストラクションラベルのディテール
a0164296_21345923.jpg

by poemaquince | 2012-11-23 21:58 | parka | Comments(0)