M-51Parkaに関する2,3の事柄

M-65PARKAナイロンキルトライナーについて(M-65の変遷その5)

M-65フィッシュテールパーカーの変遷ということで、「シェル」について4回にわたり記述してきました。前回の番外編をはさみ、今回は、M-65ライナーについて触れたいと思います。
さて、70年代初頭までのM-65パーカーのシェルは、首廻りにライナー取付用ボタンタブを4つ持っていましたが、同時代のM65ナイロンライナーが使用するボタンはそのうちの3つです。
M-65初期のシェルはM-51のライナーに対応するように造作されていましたが、M-65ライナー側にはM-51シェルに対応するような配慮は見られません。(首廻りボタンホールが3か所しかないのは、M65ライナーが軽量だったため、M51シェルにおいてもボタンタブ3つで充分保持できたということでしょうか?)
また、60年代後半においてもM-51型のライナーの生産が確認されます。M-65のシェルにM-51ライナーを付けることは、かなりポピュラーなことだったということでしょうか?謎です。



60年代のキルトパターンが密なもの(右)と70年代以降の通常型との比較
a0164296_223733100.jpg

a0164296_22375730.jpg


69会計年度のLINER PARKA MAN’S NYLON QILTED OG-106のタグ
a0164296_2238469.jpg



73会計年度のLINER PARKA,EXTREME COLD WEATHERのタグ
a0164296_22391091.jpg


上記ラベルの個体2点の全景
a0164296_22394933.jpg

a0164296_22472475.jpg



(おまけ)
いわゆる「ナイトデザートカモパーカー」のライナー(左)との比較
ネット通販とかで、あたかもM-65などと共用できるような販売をしてるサイトがありますが、ご覧のとおり型(パターン)が全く異なります。(特に前合わせの中心位置と肩との関係) ライナー用ボタンを付け直してなんとかなるかな?といったレベルです。(手間を考えればM-65用ライナーを探すことをお勧めします。)
a0164296_22403023.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-10-18 22:42 | parka | Comments(0)