M-51Parkaに関する2,3の事柄

M-51FurHoodの修繕

 早いもので、このブログを始めてちょうど一年が経ちました。昨年末には、M-51パーカーのMIL規格(MIL-P-11013QMC)仕様書の初版も入手できたのですが、「ついにコットンサテン生地についての通説の謎が明かされる!」と思いきや、ことはそうは運びませんでした。そのショックでしばらく放心状態(笑)だったりもしましたが、そこはそれ、ちくちく手を動かして、心のリハビリを兼ね、針仕事(?)をしてみました。
 
 2000年代に入り、ファーフードの流行からか、一時期ネットオークション等でもM-51のフードが非常に高価で取引されることがありました。また、最近でもM-51ファーフードを単独で入手することはなかなか難しいようです。そんなわけで、フードの針金が折れていてもほかになかなか良い状態のフードが選べない場合もあるかと思います。
 M-51ファーフードは、材質の特性上やむを得ないことかもしれませんが、フードトリムの針金が金属疲労により折れ易いと感じます。(M-65Hoodはあまりそのようなことは見受けられないのですが、時代が下り材質が改良されているのでしょうか?  追記:コメント欄投稿にて赤銅色との記述があり改めて確認したところ、M-65フードの仕様は銅線を使用することになっておりました。2012/01/14)
 特に実用でフードを使用する場合、折れた針金の先端がフードの周端からとびだしてしまったり、かといって針金を抜いてしまうとファーが外側に広がってしまい、防寒機能が損なわれたりします。(フードを被らずフードの大型ボタンで、首廻りを締めると耳まで隠れてマフラーの様に暖かいのですが、ファーが広がってしまうとうまく首廻りに密着せず寒いです。また、好みにもよりますが、フードがべろんと広がるといまいちな感じもします。)

 そんなわけで、折れた針金の交換をしてみました。今回用いる個体。フードの大型ボタンは平型、生地はコットンサテンの厚生地です。
作業便宜上、こちら側をボタン側と呼びます。
a0164296_0293769.jpg

便宜的にこちら側をボタンループ側と呼びます。
a0164296_0292738.jpg

今回の計画では、右手(大型ボタン側)から開いて左手(ボタンループ側)に送るつもりでした。
a0164296_0291877.jpg

準備した道具類です。カッターナイフも写っていますが使いませんでした。
a0164296_029527.jpg

準備したアルミ線は径1.6mmのもので、太さはオリジナルとほぼ同じですが、材質が良い?せいか、オリジナルと比べ少し柔らかく、結果として保持力が足りませんでした。一回り太いほうが、良いと思います。)
a0164296_0285548.jpg

ボタン側のフードトリム先端の角(にぎりはさみの先)の糸をほどく。
a0164296_0283986.jpg

a0164296_0281487.jpg

先端の糸をほどいたところ。
a0164296_0275914.jpg

なかから金属線を取り出す。
a0164296_0274790.jpg

ブランケット地に引っかかって、中の金属線がとりだせないため、生地の境の部分も一部開くことに!
ああっ!オリジナルを傷つけるのはつらい!
a0164296_027366.jpg

やっと取り出せました。短く折ってあるため、こんなのがうじゃうじゃ出てきます。
a0164296_027273.jpg

金属線が、まだ取り出せないのでついにループ側も開くことになってしまった!
a0164296_0271630.jpg

ループ側も開いたところ。またオリジナルをほどいてしまった!つらい。
a0164296_027468.jpg

折り込んだタブを金属線で挟み込んで固定していたのでどうりで取れないはずです。
開いたのはやむなし。
a0164296_0261273.jpg

古い針金をすべて取り出したところ。かなり細かく折られていて非常に時間がかかりました。
a0164296_0334947.jpg

アルミ線をボタン側からゆっくり送ってやります。
a0164296_0343076.jpg

線が柔らかいので、なかなか進まない。(笑)
a0164296_035563.jpg

ループ側にアルミ線が到達。タブ布片を挟みます。
a0164296_0353970.jpg

送り終わったら、適切な「あんばい」で切断。使用したアルミ線の長さは概ね105センチくらいでした。
a0164296_036668.jpg

断端を折り曲げて中にしまいます。
a0164296_0363815.jpg

針でチクチク縫って
a0164296_0365917.jpg

開いたところ(今回は3か所)を、すべて閉じたら出来上がり。
a0164296_037198.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-01-23 00:49 | parka | Comments(12)
Commented by MAKOTO at 2011-01-25 22:25 x
明けましておめでとうございます。
早速質問なんですが、M-51用、コヨーテファーフード内にあるスタンプがオレンジのやつをネットなどでみかけますが、何故オレンジなのですか?
唐突ですみません。
Commented by poemaquince at 2011-01-25 23:24
あけましておめでとうございます。
なぜオレンジなのかは分かりませんが、たぶん視認性が良いからかなとか思ってます。
50年代のウールシャツとかでもオレンジ色のスタンプが見られます。
Commented by MAKOTO at 2011-01-26 12:53 x
ありがとうございました。
Commented by 汎用服男 at 2012-12-10 23:14 x
お初です。以前、中古65フード(80年代製)のクニャグニャになった針金が嫌で抜き取りました。赤銅色(外側だけ?)の針金で折れそうな気配はありませんでしたね。「アンコ抜き」もなかなか良いですよ(笑)
Commented by poemaquince at 2012-12-12 00:44
65の場合、フックアンドパイルファスナの面積が広いのでうまくくびに巻き付くということでしょうか。
でも、開いたらすごくびろーんってなりません?

Commented by ぶり at 2012-12-16 08:57 x
poemaquinceさん

私もこの秋口に入手した65のコヨーテフードをレストアしました。
数カ所、縫製が数十センチに及んでほどけていたので再縫製
小穴埋め、そしてグニャグニャの針金の交換....はpoemaquinceさんの
記事を参考に(やる勇気を頂いたという意味で・笑)

針金を出すとこれでもかというくらいグルングルンでしたが
試しにのばしてみたところ、さほど金属疲労もなくまだまだいけそうでした。
ですので再度、納めようとすると「入らない!」という事態に。
恐らくですがシェル自体が洗濯などが原因で縮んだから?
かと思われますが....

おかげさまでこの冬は首周りがとても快適です。
ここまでいいものならばもっと早く入手しておくべきだったなぁと(笑)
Commented by 汎用服男 at 2012-12-16 15:12 x
巻き付けは殆どやりません。今まで後姿はあまり気にしていませんでしたが、ハンガーに掛けた状態で「ビローン」となっているのを見ると結構、マヌケですね・・・(汗)衣料の真面目な考証はとても興味深く勉強になるのですが、今回のような内容も面白いです。男の子のブログですな。今後も楽しみにしています(`∀ ´ )
Commented by 汎用服男 at 2012-12-16 22:54 x
先のコメント後に65パーカを着用して外出、日常動作で「ビローン」となるかを確認してみました。針金を抜いた状態でもフードはだらしなく後ろに垂れ下がることはなく、首の後ろで畳まれた形を保っていました。スライドファスナーを全開にして、肩幅や厚みの無いハンガーに掛けた状態では「ビローン」になり易いようです(笑)ところで・・・51フードの頭頂部及び左側面の小型ボタンはシェルフード取り付け用ですが、65フードにも同じ位置にあるボタン、更にスカート中央裏側のボタンは何に使うんでしょうね?
Commented by poemaquince at 2012-12-23 16:05
汎用服男さま
65の頭頂部と左側面の小型ボタンは、51パーカ用のものなんですけど、たしか注意書きにはヘルメット着用の場合はフードを重ねるなとも書いてあったりするのでちぐはぐですよね。
また、ご指摘のとおりスカート内側中央ボタンも謎です。漠然と何かのフィールドジャケット用?とか思ってたけど、ご指摘を受けて初めて気がつきました!真ん中のは確かに使いませんよね。

コメントいただきました皆様各位
12.16の衝撃でぼーっとしてました。レス遅くなってしまい恐縮です。
Commented by poemaquince at 2012-12-24 11:29
ぶりさま
m-65の獣毛ですか!なかなか入手困難です!大事になさってください。
Commented by ally at 2013-01-27 20:56 x
こんばんは。allyです。楽しく拝見しております。また古い記事への投稿失礼いたします。初期型のシェル、ライナー、フード、Mサイズにて揃える事が出来ました。デッドまたはそれに近い物、スタンプが綺麗に残っている物にこだわりました(笑)お値段はめっちゃ高かったっす(泣)フードはアルミ線が折れていました。折角なのでこちらの記事を参考にして、純度の高い(もらい物)2ミリの銅線を使用して直しました。とても参考になりました。有難う御座います。質問なんですが、フードのデカボタンの下側はシェルによって位置の違いがあるのでしょうか?こちらのブログのお写真も違いがあるように思うのですが、私の場合は取り付けが出来なかったので、前側に移動しました。それにしても男の針仕事・・・・雑っす(汗)
Commented by poemaquince at 2013-01-27 22:15
allyさま
フルセットご入手おめでとうございます。スタンプが残っているといろいろ分かって嬉しいですよね。ぜひ表示内容などご紹介いただければと思います。フードの大型ボタンの件、気づきませんでした。今度比べてみたいと思います。