M-51Parkaに関する2,3の事柄

フィラデルフィア需品補給廠/Philadelphia QM Depot

M-51MODSパーカのスタンプにもたびたび出てくるフィラデルフィア需品補給廠(Phila QM Depot)は陸軍の(出先の)発注機関とばかり思っていたのですが、たまにコントラクター(請負者)の記載のないラベルがあります。当初は単に記載漏れあるいは省略したものかと思っていました。ところが、リー・ジャクソン ミリタリア
http://www.ljmilitaria.com/geargeneral/clothing.htm (M-51フィールドジャケットの3038Bの写真参照)のページを何気に見ていると下記のような記述があるではないですか!

Lack of contract number and date on the label is probably due to the Independence of the Philadelphia QM Depot.
コントラクトナンバーと日付がラベルに記載されていないのは、フィラデルフィア需品補給廠の独立が原因と思われる。


(・・・でも英文があまり得意ではないので、訳も仮としておいてください。PQMDのインデペンデンスがなぜコントラクトなしになるのかいまひとつはっきりしませんが、たぶん、(政府機関である軍から独立し)自らが生産しているとの意味ではないかと考えています。・・・追記:日本でも80年代以降、行政改革の一手段として組織を民営化させたり本体と切り離して、「独立行政法人化」したりという手法がポピュラーになりましたが、そういう意味でのインデペンデンスだったか!といったところでしょうか)であるならば、このことは、PQMDが発注調達する部門というだけでなく、直営でも生産していたということではありませんか!(追記の追記:むしろ、もともと軍の生産部門の組織だったものが、軍から切り離されて、一受注者と同じような立場に置かれたという解釈の方が正解かも2011/9/25)・・・しかも評判もあまり良いとは言えない記述が続きます(笑

They marched to their own drum for many years but fate caught up with them after Desert Storm and were shut-down.
彼らは多年にわたり自分で太鼓をたたいて行進して(自分の都合で事を運んで)きたが、「砂漠の嵐」(作戦?)以降、廃止の運命を辿った。

いろいろ調べていきますと、被服調達に関するいろいろな組織の再編と統合が繰り返し成されているようです。やっぱり米軍も巨大な役所だなと妙に納得したのでした。
なお、略歴は例によってmilcloeさんのDBを参照してください。
http://milcloe.info/database/Philadelphia%20Quartermaster%20Depot.html
http://milcloe.info/database/?cmd=read&page=Contract%20Number&alias%5B%5D=%B7%C0%CC%F3%C8%D6%B9%E6

M-1948parkashellの例
ラベルの位置は右ポケット裏側
a0164296_23384829.jpg


M-1951parkashellの例、コットンナイロン薄生地タイプ
ラベルの位置は右ポケット裏側
今となっては、コントラクトの日付が分からなければ、いつ頃のプロダクトか確定しずらい。
a0164296_23391161.jpg



追記:当初の記述において、QM(quartermaster)を会計将校の意として「主計」と訳しておりましたが、むしろ軍事物資・軍需品調達の意より「需品」とさせていただきます。謹んで訂正をお知らせします。(2011.Nov.6)
[PR]
by poemaquince | 2010-11-06 01:24 | parka | Comments(2)
Commented by MAKOTO at 2010-11-07 15:03 x
初めまして。
ブログ拝見させてもらってます。
かなり勉強になります。
以前(10年以上前ほど)M-51を持っていたのですが、この様な知識がない為にオリジナルかレプリカなのか判らずに着ていた事だと思います。
最近M-51が着たくなりオークションなどを見るのですが、写真では判りにくく、実際目で見ないと判りません。
宜しければ、差し支えなければアドバイスをもらいたいのですが・・・。
Commented by poemaquince at 2010-11-08 00:38
はじめまして。記念すべきお便り!第一号ありがとうございます。そうですね。実際に見れば分かるのに、写真だと見たいところが写ってなかったり、判断つきかねることがありますよね。
私の場合はディテールと全体の印象と総合して判断しますが、やはり肝心なところが写ってないと難しいです。
すでにご承知かもしれませんし、あまり参考にならないかもしれませんが、基本的な点を、2,3述べさせていただきます。まず分かりやすいのがフロントジッパーで、コンマー、タロン、クラウンなどのメーカーのものが付いていれば(バズリクなど例外はありますが実物より高価)まずは安心といえそうです。スコービルがついていればM-65改造の可能性大です。
あと、レプリカでシービーズさん(YMCLKY)のM-51は値段に比して非常に出来がよく推奨!なのですが、ネットオークションなどで出品者が実物と称してたりすると間違いやすいので注意が必要です。スタンプにYMCLKYや21世紀の年号の記載がないか注意しましょう。サイズもXXXSやXXSならレプリカです。良いM-51が手に入ると良いですね!