M-51Parkaに関する2,3の事柄

コットンサテンの厚生地は本当に「初期型」か?

生地についての考察は以前のページでも言及しているとおりですが、今回は厚生地の個体についてそれぞれ紹介したいと思います。
ただし、ミル規格についてのスタンプ表示が残っていないものも多く、今ひとつ確証に欠けるのですが、現時点での推測等も含めた記述者の見解であることをお断りしておきたいとおもいます。
さて、いつもお世話になっているMILCLOEさんのページ
(http://milcloe.info/database/MIL-P-11013.html)によれば、ミル規格mil-p-11013の初版は1951/3/14で、同年6/11にはアメンドメント(修正)1が入り、翌年1952/12/24にリビジョン(改訂) Aとなっています。その後、53年、55年とアメンドメントが続き、1958/4/15日にリビジョンBとなっています。ですので、10年以上現役であったM-51ではありますが、一応「初期型」とよぶのはリビジョンAになる前のもの(概ね1952年12月頃まで)とするのが妥当かな、などと考えたりします。

コットンサテン厚地の1
サイズはリサイズされた「M」表示、コントラクトスタンプは判読不能
袖は平型薄ボタン
a0164296_242185.jpg

上と同一個体
ファスナは、タロンのアルミ
a0164296_243925.jpg


コットンサテン(というかツイル)厚地の2
サイズはM表示、コントラクトスタンプは鮮明
MIL-P-11013
袖は大型の厚ボタン
a0164296_244756.jpg

a0164296_25757.jpg

大型厚ボタンのクローズアップ
平型薄型に比べ、手袋等していてもボタンホールに留めやすい!
平型薄ボタンより後の採用と考えられる。
a0164296_255247.jpg

上と同一個体、ファスナはタロンのアルミ
a0164296_252090.jpg



典型的な大型平型薄ボタンの例
右はM-51パーカー、左はM-48パーカーフード部分
a0164296_254014.jpg


大型平型薄ボタンの例
M-51パーカー(コットンナイロン?薄生地平織)
a0164296_254751.jpg



コットンナイロン?薄生地平織の個体だが、初期のディテールを有するもの
a0164296_26732.jpg

ポケット裏のコントラクトラベル、首のサイズタグ、タロンの真鍮ファスナ、袖の平型薄ボタンなど、典型的な初期ディテールと呼べる
a0164296_261239.jpg

ラベルにはコントラクトの年月表示が無いので、決定的ではないが、mil-p-11013の表記を信じるならば遅くとも52年秋までのものと考えられる。
a0164296_262267.jpg

上と同一個体、タロンの真鍮ファスナのクローズアップ
a0164296_262854.jpg


 朝鮮戦争勃発(1950年6月)後の初めての冬は50年暮れから51年にかけてなので当然M-51は間に合わず、パーカーとしてはたぶんM-48が主流(もっとも写真ではオーバーコートやいわゆる「M-47」パーカーなどがたくさん観察されますが)だったはずで、本格的に前線にM-51が行き渡ったのはその翌年つまり51年暮れから52年にかけてと推測されます。その極東の激戦による大混乱のなか、当時(まあ今でも)世界一「豊かな」国とされる米国といえども何十万着のパーカーのオーダーに関して、布生地などの規格はともかく、数量優先で確保していったなんてことがあったのかもしれません。 結局、いわゆる一般的な朝鮮戦争のイメージの「プサン橋頭堡の防衛」とか「洛東江攻防戦」とか「仁川上陸」とか「中国援朝義勇軍参戦」とか「ソウル再奪還」とかはすべて終わってからM-51が届いたということにはなりましたが。
 戦争は、51年暮れには戦線は38度線付近で膠着状態のまま休戦協定の交渉が始まりますが、本格的に休戦協定が締結されたのは53年7月でした。その後、朝鮮半島の南と北で膨大な軍事力が数十年にわたり対峙する訳ですが、その駐留国連軍(ていうか米軍)の冬期装備として大量のM-51パーカーが投入されてきたというのが大まかな流れでしょうか。ですので、「朝鮮戦争に投入された」M-51パーカーというよくある記述は、むろん誤りではないのですが、むしろ、その後の「冷戦」においてこそ使用されたということに注意したいと思います。
[PR]
by poemaquince | 2010-07-10 03:04 | parka | Comments(2)
Commented by appleteeth at 2018-08-09 20:56 x
初めまして。台湾人ですが、M51parkaを調べてこのブログにたどり着いた。楽しく拝読して大変勉強になりました!
M51の51年5月型についていくつの疑問がありまして質問させていただきます。
1.
この記事を見て厚ボタンの51年5月型も存在することがわかりました。では、薄生地の5月型はありますでしょうか?それとも5月型は必ずコットンサテンでしょうか?
2.
他の記事による、5月型はDSA型と比べると太いですが、標準型と比べるとどうでしょうか?実はまだコットンサテンの実物を見たことないので…標準型より5月型のほうが細くて体にフィットすると、友達から聞いたんですが、本当なのでしょうか?
日本語まだ未熟なのでもし失礼なところがありましたらすいませんです、よろしくお願い致します!
Commented by poemaquince at 2018-08-11 22:01
appleteethさま

ご質問ありがとうございます。
台湾の人にもご覧になっていただいて光栄です。とても嬉しいです。ありがとうございます。
さて、ご質問の件ですが
1.
 現時点で確認されている5月型は、すべて厚生地のタイプです。ただしそのことを以て薄生地が無いかどうかは不明です。もしかしたら有るかもしれません。現時点で確認できる薄生地のコントラクトは、51年7月が有ります。
2.
 5月モデルと「標準型」を比べると、仕様書の規定では5月モデルのほうが少し太いです。ただし、現物を比べると太さはそれぞれ「バラツキ」があるので、あまり変わりありません(笑)。「細い5月型」は、もしかしたら「リアルマッコイ」や「バズリクソン」のレプリカモデルのことかもしれません。これらはかなり細身になっています。

 以上、回答させていただきます。また、ご不明な点は、ぜひご質問ください。今後とも当記事をお楽しみいただけますようよろしくお願いいたします。
 多謝合作!