M-51Parkaに関する2,3の事柄

番外編その2 Wehrmacht winter reversible parkaのディテール

前回にひきつづき、沼沢地柄迷彩のドイツ陸軍アノラックの細部写真をお送りします。



前回紹介したスタンプのナンバー部分の拡大写真
a0164296_20275810.jpg

右腕付根付近、アームバンド取付け用の平ボタンに注意
a0164296_20283658.jpg

同じく左腕付根、脇下の張り合わせの布に注意(レプリカだと省略されやすい)
a0164296_2028576.jpg

右側フード付根付近、この個体はフードコードが短くちぎれてしまっている。補強用の縫糸に注意
a0164296_20291727.jpg

背中側から見た左右腕の部分、袖の絞り調節ボタンは2個
a0164296_20294352.jpg

右袖の拡大写真
a0164296_2030769.jpg

リバーシブルなので袖のストラップはスリットを通して白色側と共用
a0164296_20301960.jpg

白色側スリット
a0164296_20304094.jpg

こんなかんじで通す。ストラップはウエストのものと同素材。裏側は白色
a0164296_2030561.jpg

左腰ポケットフラップの裏
a0164296_2031119.jpg

ポケットを裏返すと、なんと色調の異なるプリント生地が!!見えない部分なので端切れの再利用なのだろうが、迷彩生地の明度が低いのは対赤外線用のカーボンブラックのため?
追記:これって44年型沼沢地柄(Sumpfmuster44)かな?
a0164296_20313092.jpg

裾の絞りひもの拡大写真 この個体は平織りタイプのものであるが、丸コードのタイプも見られる。
a0164296_20314523.jpg

裾の絞りひもの出口部分 補強をしていないので、使用により穴がほつれないか心配
a0164296_2032431.jpg

[PR]
by poemaquince | 2010-05-23 19:22 | 番外編 | Comments(0)