M-51Parkaに関する2,3の事柄

レプリカのM-1951(ECW parka"M-65"改の場合)

 M-51Parka shellをデザインソースとしたアパレル製品は星の数ほど在りますが、レプリカと呼べる製品(限界はあるにせよ、きちんとオリジナルを複製しようとしている製品)はそう多くはないと思います。今回はそのなかで、実物M-65(ECW)Parkaにフードを縫い付けたものをピックアップし、実物M-51と比較してみたいと思います。
 このパターンが製品化されたのは、多分90年代に東京ファントムさんが最初だったと思うのですが、(間違っていましたらすみません)その辺のことはよく把握しておりませんので、事情に詳しいかたがいらっしゃいましたら是非ご教示いただけたらと存じます。
 チャン・ドンゴン出演の映画「ブラザーフッド」でも鴨緑江退却のシーンなどでM-65改パターンのM-51が使われておりました。(追記:実際には配備されなかったとおもうけど)
 この手の製品は、まれにオークションでも(知ってか知らずか)M-51「実物」として出品されていますので注意が必要です。

製品の全景、この製品は数年前にネットオークションで入手したものなので、ファントム製のものかどうかは不明です。ガパメントイシューの"実物"なので、生地の質感は文句なし。
後述する「裾のステッチ」が簡略版であることに留意
a0164296_22491481.jpg

当初、エポレットにオレンジ色の大型ボタンがついていたので、とりあえず茶色の平ボタンに付け替えました。(60年代型M-51に近いなら通常のファティーグボタンの方がよかったかもと今更ながら思ったりしてます。)
a0164296_2250049.jpg

M-65シェルに、M-65ファーフードのファーを取り外したフード部分を縫いつけて、M-51を再現しています。
背中のラベルは、M-65オリジナルのインストラクションラベル
あまり写ってはいませんが、この製品のファーフード取り付け用ボタン穴は手で丁寧にかがってありました。この手作り感!
a0164296_22503058.jpg

レプリカのコントラクトスタンプ
ミルスペックは"B"-11013と表示
a0164296_2251098.jpg

コピー元のプリントが不鮮明だったためか、読み進むと英文がだんだん怪しくなってくる。
黒い金属の環は、M-65ファーフードのドローコード用のアイレット(はとめ)
a0164296_22513828.jpg

60年型M-51(実物)との比較、左がオリジナルのM-51
実物と比べ、フード開口部正面のラインが直線的になってしまっている。
ファーフードのドローコードをそのまま残したため?か、異様に長くなってしまっている。
袖ボタンは標準的なM-65の形のまま。M-51との違いに注意
a0164296_22521057.jpg

背面からの比較
オリジナル60年代型のM-51も、肩のプリーツが省略されているため見た目はほぼ一緒
写真では判り難いが、エポレットの縫い付けが、オリジナルは肩のシームに折り込んでいるが、レプリカはシーム上に重ねて縫い付けている。
a0164296_22522890.jpg

M-51との比較写真ではないが、70会計年度のM-65とそれ以降のM-65の裾の比較
70年頃までは、M-51とほぼ同様にシェル裾コードの部分を2枚パーツの縫い合わせで作っていたものが、71、72年ころからは簡略化され、折り返して袋状に縫い付ける仕様になっている。
したがって、裾のステッチが裾のエラスティックコードを挟んで2列だったものが、一列になってしまった。
それだけのことなのに、全体的な印象はかなり変わってしまう気がするのは記述者だけであろうか?
a0164296_22525992.jpg


追記:近年(記述者が確認したのは昨年?だった気もしますが)、M-51のレプリカモデルで、ボディーはM-65の流用の様なのですが、ライナー留めのボタンを茶の平型にしたり、そのボタンのタブもナイロンから布に変えていたり、エポレットの淵も肩に縫いこんでいたり、かなりディテールを追求したモデルを街中で何度か見かけました。ただしスタンプは上記モデルと一緒のもののようです。他人が着ているものをちらちら観察しただけなので詳細不明ですが、ご事情をご存じの方がいらっしゃいましたらご教示いただけたらと存じます。
by poemaquince | 2010-05-08 23:59 | parka | Comments(5)
Commented by tuyo at 2011-09-27 22:10 x
はじめまして、最近モッズコートに興味を持ちいろいろ調べている中でこちらのブログを見つけ大変勉強させていただいています。
先日フードがついているM-51を落札したのですが
フードは直線、裾のステッチは簡略、エポーレットなし、
シェルがSo-sew inc.でフードにこちらに掲載されているのと同じハンコが押してありました。
フード付きの65みたいのでした(笑)51を探すのは難しいですね・・・・
Commented by poemaquince at 2011-09-28 20:50
ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
当欄(2010/05/08)で紹介した改造M51もso-sewです。
でも、エポレットも付いてないのは、逆に珍しいかも・・・
Commented by モッズパーカー at 2018-11-20 10:38 x
私、さらば青春の光にあこがれて、20数年モッズパーカーを愛用してきましたが、ついに買いなおそうかと思っている矢先に、ここに辿り着きました。って言っても、正式にはもともと持っていたM-51が負傷した為、予備としてもっていたM-65パーカに51のフードを移植した改モッズパーカーです。で、当時ライナーも51の無理やりつけていたんですが、あまりの重さと金欠でライナーだけ売ってしまい。今は後悔してる所です…。で、今回の買いなおしをしようと思ったとき、当時、腐るほどあったパーカーも稀少になり、かなり高価になってしまってる現実に、レプリカを買おうと思っています。で、完全なディテールを求めてはいないんですが、雰囲気は求めています。こちらのキャブクロージングを探してはみましたが、なかなかない。で、ヒューストンやアルファーはどうなんでしょうか?あと、YMCLKっていうのは生地が薄いと聞きますが、どうなんでしょうか?一度、どこのブランドか忘れたんですが、オークションでレプリカを購入した事があるんですが、異常に生地が薄いやつで落胆した経験があるんで、ネット情報で見るYMCLKは少し不安ではあるんですが。お手数ですし、レプリカはそんなにチェックしてないかもしれませんが、わかる範囲でお教え下さい。
Commented by poemaquince at 2018-11-21 22:03
モッズパーカーさま
レプリカものも年度により様々ですので一概には言えませんが旧キャブ(記事かいたもの)や旧YMCLKYは、雰囲気は良いとおもいました。いずれも現在では入手困難なようですが。M-51にこだわらなければYMCLKYのM-65は現在も入手できる中ではお手頃価格だしお勧めと思います。ただし、シルエットが現代風にオシャレになっていたりしますのでこだわる場合はお勧めできません。H社やA社は個人的には、?と思いますが好みの問題だと思いますので特にコメントはありません。
YMCLKYが生地薄いというのは、たぶんオリジナルの薄さを知らないヒトの感想ではないか?と思ってます。当時、確かにオリーブの生地は薄かったけどまあ実物と比べても許容範囲かなと感じておりました。あまり参考にならないお返事で恐縮でした。最近はパーカ記事も少ないですが今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by モノ at 2018-12-28 14:33 x
はじめまして。
私はアメリカ軍のフィールドジャケット等が好きで集めています。
ジャケット等を入手した際には、よくこちらを参考にさせていただいております。
先日ここで紹介されていますM65のシェルとフードを合体させたパーカを入手しましたので
少しでも参考になればと、以前の記事ですがこちらにコメントさせていただきます。
まずフードについて、こちらと同じスタンプが押されたフードが使われています。
そしてシェルですが、こちらの別項で紹介されていますDPSC DIRの72年黒ジップでした。
類似点としてエポレットが重ねて縫われていて留めボタンは大型のオレンジ色です。
シェルがDPSCのものだからか?裾コード部分は2枚縫い合わせとなっています。
シェルには入手時からM65パーカ用のキルティングライナーが着けられていて
こちらはGIBRALTAR INDUSTORIES INC 74年のタグがついています。
それに加え私のにはシェル、ライナーとも下の所に東京ファントムさんのタグが追加されています。
今回入手したパーカがM51の実物だったなら自身3着目のM51パーカだったはずなのですが
M65合体パーカもこれはこれでおもしろいパーカなのかもしれませんね。
少しでも参考になりましたら幸いです。