M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:MIL-P-11013 ( 26 ) タグの人気記事

PARKA SHELL M-1951 / TYPE 1956 Experimental?

もう、ほんと久々にM-51Parkaの記事になります(祝)。
今回は、M-51パーカ1956年バージョンとされる背面が上下2分割のパーツ割のタイプのものについての記事です。
M-51に関してネットウォッチされている人々の中には、「あの2、3の事柄ブログ、なんであれを取り上げないんだ?」と不審に思われていた方もいらっしゃるかもしれません(笑)。
川村も、書こう書こうとは思っていたのですが、もうすこし何か判ってからと、ずるずる引き延ばしていたわけでした。今回この記事を書くにあたって、結局、なにか確かなことがわかったわけではないのですが、現時点で不明な点の多い謎のモデルとしての記事ということになります。(いっぽう先日、大阪チャーリーの野本さまが、「USMCモデル」ということで当モデルをネットオークションに出品されておりました。新たに何らかの情報を確認されているのかもしれません。)
というわけで、この特異な56年タイプの詳細を見ていきたいと思います。

ぱっと見は、どこにでもあるM-51パーカです。
以下、順次観察していきますが、全体としてパーツの少点数化、工程の簡略化を意図したエクスペリメンタルなデザインなのではないかという気がします。
a0164296_10284837.jpg


背面の全景 
見づらいが、背中のシームが縦の左右分割でなく、上下分割であることに留意
a0164296_10284234.jpg


フロントを開いてみたところ
a0164296_10283644.jpg


腰のドローコードトンネルの比較
通常モデル(上段)は、別パーツにてトンネルを貼付けているが、56タイプ(以下T56)は背面下部パーツ端を折り返し、トンネルを作成している。トンネル両端にボタンホール状の孔をもうけてコードを取り出していることに留意
a0164296_10283014.jpg


腰のドローコードアイレット(はとめ)取り出し口(裏面)の比較
左/通常型、右/T56
補強ウェビングテープの織り、アイレットの留め方(左/菊割り、右/ワッシャー留)、ライナーボタン裏の芯生地(バックラム)の色(左/白色、右/オリーブグリーン)に留意
a0164296_10282040.jpg


裾のドローコードトンネルの比較
左/通常型、右/T56
裾のトンネルについても、通常型は別パーツにて貼り合わせているが、T56は、70年代以降のM-65のように端を折り返してトンネルにしていることがわかる。
a0164296_10281155.jpg


同じく裾のドローコード取り出し口比較
左上段/通常型 右下段/T56
a0164296_10275995.jpg


フィッシュテールの比較
上段/通常型 下段/T56
a0164296_10274880.jpg


袖の比較
左/T56 右/通常型
袖ボタンの形状違い、袖口のパーツ割りの差異に留意
a0164296_10273594.jpg


T56の袖のクローズアップ
通常型と異なり、袖のエラスティックテープ用トンネルも折り返しの袋状であり、また、袖スリングの取り出し口がボタンホール状の切り込みであることがわかる。
a0164296_10272386.jpg


フード部(背面)の比較
上段/通常型 下段/T56
フード背面は、通常型は4分割であるのに対し、T56は3分割パーツであることに留意(見づらいけど)
a0164296_10271034.jpg


T-56フード内側サイズスタンプ部のクローズアップ
「1956」という表示が見て取れる。
パーカ本体へのフードの取付け方法や、ハンガーループなど通常型との違いに留意
a0164296_102718.jpg


T-56フロントファスナーのクローズアップ
a0164296_10265153.jpg

この個体を入手した当初、1956年というスタンプから、初期に多く観察されることの多いTALON(アルミ)ファスナーは、後付けではないかと推測していました(縫付けも雑だったし)。しかしながら、いままで確認できたこのタイプの全例(5例)が、このタロンアルミファスナーを使用していたため、ほぼ、オリジナルの仕様であるということと判断しました。また、同一のファスナであることによって、このモデルが同一の生産ロットであったということが推測されます。今回の記事において、このタイプのパーカについては、スタンプが不鮮明(53か58かわからない)な個体であっても56年プロダクトの蓋然性が高いと考え、TYPE56と呼称することとしてみました(P56でもいいけど)。

今回比較した「通常型」との全景比較
a0164296_10263891.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-10-23 10:36 | parka | Comments(0)

Mー51パーカ(モッズパーカ)初期とか後期とかのこと

 このブログのひとつのテーマとして、M-51初期型の「謎」をずっと考察していたわけですが、まあ、謎はなぞのまま残されている訳です。
 整理してみると
1)MIL規格MIL-P-11013(QMC)の初版からコットンナイロンオックスフォード(5オンス)を指定しているにもかかわらず、51年5月コントラクトではコットンの厚生地が観察されること
2)MIL規格初版から、厚い「大型袖ボタン」を指定しているにもかかわらず、薄い袖ボタンが観察されること
3)MIL規格初版の添付図や寸法表などで指定する裾のドローコードの取り出し(左側)が通常のよく観察される製品と異なり短い仕様であること(参照http://parkashell.exblog.jp/10921248/
 などが挙げられます。
 また、同年度の7月コントラクトでは、すでにコットンナイロンの薄生地仕様の製品も確認できるため、厚生地であることをもってのみ「初期型」とするのは誤解が生じてしまうと考えます。厚生地の全例が(現時点では)51年5月コントラクトのため、暫定的に当記事においては”5月モデル”というような呼び方にしてはどうかと考えています。
 また、MIL-P-11013(QMC)で図示される、裾のドローコードの取出し位置が短いタイプについては(現物は一例しか確認できていませんが)”極初期タイプ”と呼称したいと考えます。
 60年代に入り、明らかな特徴を持った一連の製品が観察されます。生産時期から概ねコントラクトが、DSA(ディフェンスサプライエージェンシー)経由となっているため、これらを最後期型として”DSAモデル”と呼びたいと考えています。

 今回、片付けの最中にたまたま出て来た、いわゆる「厚生地タイプ」(51年5月モデル)と、最後期型の60年代型(DSAモデル)を比較して写真を撮ってみました。(以前にも似たようなことしている気もします(笑))。
 60年代型M-51パーカ http://parkashell.exblog.jp/10555798/


 両者の全景
 右:51年5月モデル
 左:60年代型DSAモデル
 細部を除き、大幅な変更は観られない。
 ただし、サイズ(肩幅、身幅)が見直され、DSAモデルはひと回り細くなっている点に留意。
a0164296_23294590.jpg


 袖の大型ボタンの比較
 右:51年5月モデル(薄型汎用)
 左:60年代型DSAモデル(成形色がグリーン)
 下(真ん中):標準の厚型ボタン
  薄型の大型ボタンは比較的「初期」生産の個体によく観察されます。
a0164296_2329357.jpg


 同じく標準の厚型ボタンを裏返したところ
a0164296_23292831.jpg


 同じく標準の厚型ボタンを横から見たところ
a0164296_23291526.jpg


 エポレットやライナー取付に使う19mmボタン
 右:51年5月モデル(DSAモデルを除く全ての型で使用)
 左:60年代型DSAモデル(いわゆるファティーグボタンでつやつや)
   このボタンを使用している個体はほぼ60年代「DSAモデル」であると考える。
 ボタンだけでなく、コットンサテン(右)、コットンナイロンオックスフォード(左)の織りにも留意
a0164296_2329889.jpg


 この今回のDSAモデルの個体にはサブデュードのU.S.ARMYディスティングイッシングインシグニアが付いていました。60年代後半に使用されていたということでしょうか。
 上段:60年代中盤から観察されるサブデュードのARMYインシグニア
 下段:50年代〜60年代を通じて観察されるARMYインシグニア
 旧タイプの識別インシグニアは、調べてみたら53年7月〜70年のサブデュードに置き換わるまで着用が認められていたようです(結構、期間が長いので一寸びっくりです)。
a0164296_2329031.jpg


 フロントファスナーの比較
 初期から後期まで観察される、一番ポピュラーな「コンマー」アルミの写真がありませんが(笑)
 右:5月モデルについている「タロン」のアルミ
 中:初期に生産されたと思われる薄生地個体の「コンマー」ブラス
 左:60年代型DSAモデルに付いている「クラウン」ジンク
a0164296_23285336.jpg


 「タロン」(アルミ)、「コンマー」(ブラス)などは、比較的「初期」のタイプによく観察されます。ただし、「クラウン」も少なくとも52年コントラクトには使用が確認されています。また、EX-48-1パーカなどにも観察されるようなので「クラウン」だからといって時代が下るようでもなさそうです。
a0164296_23284835.jpg


 後期モデルは肩のプリーツが省略されている。
右:60年代型
左:51年5月モデル
a0164296_23284125.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-12-07 23:46 | parka | Comments(0)

M-51parka USMCモデルについての考察

 2014年4月20日付「MIL規格P-11013(QMC)における初期コントラクト年月日と生地の関係について」http://parkashell.exblog.jp/19697897 の記事コメント欄にて、パーカー狂さんから、USMCモデルについての考察をいただいております。
 また、2010年11月14日付「M-51 PARKA SHELL 薄手コットンポプリン/平織りの生地?」http://parkashell.exblog.jp/11563062 のコメント欄にて、misaruさんからUSMCモデルの袖の特徴についてご指摘をいただいておりました。

 さて今回のパーカー狂さんからのご指摘は、袖や裾パーツの生地の違いは「意図された仕様」なのではないか?というものです。パーカー狂さんが所持されている複数の個体のほか、e-bayにも出品されているなど、一定数のUSMCモデルが該当するようです。
 記述者川村はそれまで、そでの色調の違いは、それぞれ作成された「パーツ」を寄せ集めて縫製する時の、パーツ生地ロットの違いくらいにしか認識しておりませんでした(ERDLファティーグなどにも色違いパターンなどがよく観察されます)。
 ただし、袖口のストラップの仕様(通常版とは反対方向に付いている)の件でも明らかになったように、USMCモデル仕様には独自のこだわり?があるようにも思えます。したがって、今回の件も慎重な考察が必要と思われます。皆さんはどう考えますでしょうか? 

 e-bay(US)出品中のUSMCモデル
 袖口、裾パーツの色調が異なる。
(考察のため、e-Bay出品中の写真を引用させていただきました)
a0164296_12393713.jpg

 袖口のストラップの取出し方向にも留意
a0164296_12393027.jpg

a0164296_12392772.jpg


 標準的なM-51
MIL-P-11013A
MILLVILLE SPORTSWEAR.INC.
1953年6月16日 A.S.T.A.P.A.
袖の色違いは、いくつかの個体に観察される。
a0164296_12392331.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-05-04 12:45 | parka | Comments(0)

MIL規格P-11013(QMC)における初期コントラクト年月日と生地の関係について

前回、「MIL規格P-11013における初期胸囲サイズ表記の変遷について」http://parkashell.exblog.jp/19596733/にてM-51パーカのコントラクト日付があまり残っていない件について記述したところですが、当該コメント欄にてくまがやさんとsketchさんからそれぞれ非常に重要な情報の提供がありました。(詳細は当該記事のコメント欄参照)

くまがやさんからは、いわゆる厚手生地のスタンプ実例の提供、sketchさんからは同一メーカーによる厚手生地と薄手生地のスタンプ実例の情報です。
実例を集めてみると、(数例ではあるのですが)生地の分類とコントラクト月日がすべて一致、対応していることが分かります。
特にsketchさんからの情報で、同一メーカーであっても、コントラクト月日によって生地が異なることが実証されました。
つまり厚生地、薄生地の違いはコントラクターの違いというよりも時間差(1951年5月21日契約と7月31日契約)によるものであることを強く示唆しています。

契約月日でまとめてみると

1951年5月21日契約
SPORTCASTER COMPANY コットンサテン厚生地 Q.M.18188-OI-2063-- MEDIUM 37"UP TO40.9"
QUALITY CLOTHING CO..INC. コットンサテン厚生地 QM 18(6?)196-OI-20638 LARGE 40"UP TO43.9"
FOX-KNAPP MFG.CO コットンサテン(ツイル?)厚生地(コントラクトNo.記載なし)MEDIUM 36"UP TO39.9"
追記:実用で使っていてすでに「失われた表示」だったのですが、その昔メモっておいた紙(笑)が見つかりました!(このブログのアイコンで使ってる個体です)
FOX-KNAPP MFG.CO コットンサテン厚生地 OM(QM?)16190 SMALL 32"TO35.9"

追記:下のコメント欄よりNAOさんより情報の提供がありあした。
厚生地のコントラクトは1951年5月21日付のみと考えていましたが、ドンチェスターの製品では5月24日付のものがあるようです。
DONCHESTER.MFG.CO.
Q.M.15184-O.I.-20626
MAY 24.1951


1951年7月31日契約
SPORTCASTER COMPANY オックスフォード薄生地 Q.M.18942-OI-821-- MEDIUM 36"UP TO39.9"
SIGMUND EISNER CO. オックスフォード薄生地 Q.M.18941-OI ? LARGE 41" TO45"

ただし、上記について、サイズ表記(胸囲のインチ数表記)のばらつきに留意

くまがやさんから提供された
QUALITY CLOTHING CO..INC. コットンサテン厚生地 QM 18(6?)196-OI-20638 LARGE 40"UP TO43.9" 
 の例
a0164296_0441015.jpg


フロントファスナはタロンの大型アルミファスナ
a0164296_0451057.jpg

[PR]
by poemaquince | 2014-04-20 00:47 | parka | Comments(17)

MIL規格P-11013における初期胸囲サイズ表記の変遷について

 M-51パーカの調達仕様、規格MIL-P-11013においては、1951年3月の当初から1952年の12月にかけて、胸囲のインチサイズの表記が2回変更されています。したがってその点に着目すれば、たとえコントラクト年月日が消えてしまっていて分からなくても、概ねのコントラクトの時期を特定する手がかりになるのではと考えていたのでした。ところが前稿、前前稿にてご紹介したとおり仕様書に規定されるサイズ表示とコントラクトの時期は必ずしも一致しない事例が多発(ていうか、そもそもコントラクト日付が残っているものが少ないので母数自体がほとんどないのですが(笑))しているのでした。

まずは仕様書の確認です。
MIL-P-11013(QMC) /初版QMC(1951年3月14日〜)
MIL-P-11013(QMC) AMENDMENT-1 /修正1(1951年6月11日〜)前仕様から約3ヶ月で修正
MIL-P-11013 A /改版A(1952年12月24日〜)前の修正から約18ヶ月で全改版 その後、60年代まで基本的に変更はない模様

初版MIL-P-11013(QMC) (1951年3月14日)
この版のインチ表示を採用している個体は寡聞にして見たことがありません。
現認された方がいらっしゃいましたら是非情報のご提供をよろしくお願いいたします。
a0164296_925198.jpg


MIL-P-11013(QMC)AMENDMENT-1(1951年6月11日)
 約3ヶ月後の6月11日付で修正-1が入ります。初版の4ページ目の3.3.13.1の項目を差し替えるように要求しています。初版に比べそれぞれ1インチずつインチ数を落としています。
a0164296_9245455.jpg


MIL-P-11013A (1952年12月24日)
 修正1が入ってから、約18ヶ月後に全面改訂になります。インチ数は初版に戻りますが、36.9"→37inchesというように端数を丸めて、インチの単位表記を変更しています。
a0164296_9243676.jpg


FOX-KNAPP MFG.CO 1951年5月21日コントラクトの個体
コットン厚生地 (以下は以前の写真の使い回しで、全景写真は省略になっちゃいました。すみません。)
a0164296_9243153.jpg


同じく、同個体のサイズ表示クローズアップ
アメンドメント1の表示を適用していることに留意
a0164296_9241017.jpg


フィラデルフィア需品厰が直営にて生産したと思われる個体
薄手コットンナイロンオックスフォード地
a0164296_9232197.jpg


同じく、同個体のサイズ表示等(ポケット裏)
直営なのでコントラクト日付がないものと推定される。
インチ表示の値が52年12月版のものを先取りしていることに留意
ただしインチが、@@inches でなく@@"であることに留意
a0164296_9231140.jpg


この件に関しては別稿2010年7月の記事「コットンサテンの厚生地は本当に「初期型」か?」も併せてご参照いただけるとすこし分かりやすいかもしれません。
[PR]
by poemaquince | 2014-03-23 09:29 | parka | Comments(12)

ALBATROSS-FRANZ MAYERER CORP. 1952年1月15日 あるいは初期型に関する考察(謎その4つづき)

 前回に引き続き初期の薄型コットンナイロン生地についての考察です。
 少なくとも51年7月には、SIGMUND EISNER Co.のコントラクトがあったことが現認されたわけですが、ただし「サイズ表示のインチ表記」についてはMILスペックの改版A(1952年12月24)のものを先取りしていたものでした。
 一方、今回のALBATROSS-FRANZ MAYERER CORP.(アルバトロス・フランツマイヤー?)の個体は コントラクトが52年1月であるもののサイズインチ表示が、MILスペックのアメンドメント1(修正1)の表示のままになっています。このことはM-51パーカの発注元が、フィラデルフィア需品厰によるものかニューヨーク需品調達庁によるものかによる違いなのではないかと勝手に推測したりしています(この点については改めて別稿で考察できればと思っています)。

仕様策定から10ヶ月後の契約成果品
1952年1月契約の ALBATROSS-FRANZ MAYERER CORP. のM-51
生地はコットンナイロンの薄生地、フロントファスナーはクラウン、袖の大型ボタンは薄型
a0164296_17155575.jpg


フード内側のサイズ/コントラクトスタンプの全景
a0164296_17161864.jpg


コントラクトスタンプのクローズアップ
4行目に1952年1月15日のコントラクト日付が確認できる。
7行目N.Y.Q.M.P.A.のスタンプに留意
a0164296_17152949.jpg


サイズスタンプのクローズアップ
サイズ表示「36”UP TO 39.9"」は仕様MIL-P-11013"アメンドメント1"(1951年6月11日付)を反映している。
a0164296_1714596.jpg

[PR]
by poemaquince | 2014-03-22 17:17 | parka | Comments(0)

SIGMUND EISNER Co. 1951年7月31日 あるいはM-51パーカ初期型の謎その4

 いやホント久々に、M-51パーカの話題です!!
 M-51パーカの「初期型」の謎については、このブログ開始当初から、断続的に考察してきたところです。前回「その3」として言及してから、なんだかんだで一年半が経過してしまいました。
 M-51パーカは半世紀以上昔の製品で、生地に直接プリントされている表示が残っている個体が少ないため、細かい時期を特定することがなかなか困難だなーといつも感じています。そんな訳でこのブログのテーマのひとつであるM-51パーカの厚地コットン生地の謎もなかなか明らかにならないのですが、今回、不鮮明ながら1951年7月コントラクトのコットンナイロン(オックスフォード)の個体を確認することができました。すくなくとも仕様策定から4ヶ月後の契約成果品には薄生地コットンナイロンのものがあったことがわかります。

1951年7月契約のSIGMUND EISNER Co.(ジクムンド・アイスナー?)のM-51
生地はコットンナイロンの薄生地、フロントファスナーは大型TALONのアルミ、袖の大型ボタンは厚型
a0164296_1275720.jpg


フード内側のサイズ/コントラクトスタンプの全景
a0164296_127397.jpg


コントラクトスタンプのクローズアップ
少し見づらいけれど、4行目に1951年7月31日の日付が確認できる。
a0164296_1273636.jpg


サイズスタンプのクローズアップ
なんとサイズ表示「41” TO 45"」は仕様MIL-P-11013"A"(1952年12月24日付改訂)を先取りしている。
(仕様に先行するスタンプ表示の事例はいくつかみられる。この個体のコントラクトナンバーは「Q.M.18941????」フィラデルフィア需品厰発注のものと関係あるのだろうか?)
a0164296_127336.jpg

[PR]
by poemaquince | 2014-03-22 01:30 | parka | Comments(12)

ニューヨーク需品調達庁 New York Quartermaster Procurement Agency

40〜50年代の製品のコントラクトラベルを見ていると、よく「N.Y.Q.M.P.A」という文字が出てきます。先の「47年型パーカタイプオーバーコート」のコントラクトラベルにもNew York Quartermaster Procurement Agencyとフルスペルで表記されてます。
フィラデルフィア需品補給厰(PQMD)の記事(http://parkashell.exblog.jp/11527135/)のときに、いずれはこちらもとは思っていたのですが結局詳細が分からずそのままになっていてしまいました。一体どういう役所だったのかグーグルで検索してみてもずばりの回答はなく、詳細は不明なのですが、どうやら陸軍の官庁のようです。
ちなみにmilcloeさんのページではこんな感じでした→http://milcloe.info/database/NYQMPA.html

で、フルスペルが一致する検索結果で行き当たったのは・・・なぜか訴訟関係?(追記:あるいは役所の会計検査?)の文書でした。
https://bulk.resource.org/courts.gov/c/F2/262/262.F2d.631.288.289.24732.24733.html
とか
https://bulk.resource.org/courts.gov/c/F2/354/354.F2d.318.532-58.html
とか
例によって英文はよくわからないのですが、前者は、アイクジャケット用のウールサージ生地が支給材(発注者負担で請負者に材料を渡すこと)だったようなのですが(M-51とかもそうでしたが仕様書には支給した生地の端切れとかもガバメントプロパティと書いてあります)どうやら、その支給材の生地をごまかして横流しした案件?のようです。
後者は、Contract No. DA 30-280-QM-23627で契約した寝袋の納品に関して、請負者と発注者で輸送費をどっちが持つか?みたいな感じなのですが良くわかりませんでした。
(もし詳しい方で奇特な方いらっしゃいましたら、ぜひ解説お願いいたします)

N.Y.Q.M.P.Aの例 M-48パーカの場合
a0164296_2342859.jpg


New York Quartermaster Procurement Agencyの例(あまり見かけないけど) オーバーコートパーカタイプの場合
a0164296_2341935.jpg


さて、訴訟といえば本邦においても興味深い事例があります。
次回は、コンマーファスナの商標についての判例です。
[PR]
by poemaquince | 2013-01-30 23:06 | parka | Comments(0)

M-51PARKA 初期型の謎 裾の形状など

 以前にも何度か言及し、気にはなっていたテーマなのですが、今回は初期型について再度考察していきたいと考えます。
 以前から、比較的「初期」っぽいと感じられるパーツ、例えばタロンの大型ジッパーや、袖の平型ボタンなどをひとつのメルクマールと考えていた訳ですが、2010年7月に、左身頃すそのドローコードのトンネル端の図に気がついて(「極初期?M-51モッズパーカー」http://parkashell.exblog.jp/10921248)、
もしや極初期の原型モデルではないか?などと推測したりしています。(もう2年も経ってしまいました。)
 この件は、M-51パーカ仕様書のヒストリカル版を入手してみたら、やはり「初版」の仕様図からの引用であることがわかったわけですが、一方、同仕様書では、生地はコットンサテンではなく、当初からコットンナイロンオックスフォードを指定していたり、袖ボタンも、厚型を指定したりしており、現在までいまだ謎が深まるばかりになりました。そんな訳で、そもそも「初期」の定義をどうすればいいのかいまもって混乱をしていたところです。とりあえず、生地の仕様以外の部分でどんな特徴があるか確認するためにもう一度MIL-P-11013QMCを見ていきたいと思います。
 
まずは、1951年3月の初版MIL-P-11013(QMC)の仕様図
a0164296_053588.jpg


左身頃すそのドローコードのトンネル端に注意
a0164296_053986.jpg


ここのことです。
a0164296_05850.jpg


ポケットの裏にドローコードを保持するための縫い付けがある。(M-1948とおなじ)
a0164296_051159.jpg


別の厚生地の個体 腰のトンネルから出たドローコードはそのままアイレット(はとめ)へ向かっている。
a0164296_045826.jpg


サイズラベルと上半身
二年前の記事では、首ラベルタグ以外に表記は見当たらないと書いたけど、フードの内側に薄くプリントがあるようにも見える(ような気がする)。あるかないか確定は保留‥
a0164296_043058.jpg


ドローコードについては、こちらも参照
M-51パーカ MIL規格に於けるドローコードの仕様について
http://parkashell.exblog.jp/14598811/
[PR]
by poemaquince | 2012-11-26 00:11 | parka | Comments(13)

M-51PARKAサイズの謎 その3 Finished Measurementsの巻

 以前にも何度か言及し、気にはなっていたテーマなのですが、「サイズの謎その2」の記載から1年も経ってしまいました。http://parkashell.exblog.jp/13525651/
 M-51パーカの「サイズ表示」と「実際のサイズ」は、個体によりだいぶ異なる感じがあるのです。
 そこで、仕様書(mil-spec)上の表示はどのようになっているのか比較してみました。
 前回にも言及したのですが、仕様書にはサイズごとの出来上がりの寸法(身幅、着丈、そで丈だけですが)が表になっていて、完成品はそのサイズに適合することを求めています。
 以下、年代ごとにその変遷を追ってみたいと思います。

まずは、1951年3月の初版MIL-P-11013(QMC)
かなり大きいことが確認できます。
例えばXSの身幅が56インチ!平置きで半分として28インチ(約71.1cm)
着丈が42インチ(106.7cm)、袖丈が24インチ(61cm)
a0164296_2136288.jpg


さすがに大きすぎると思ったのか3ヶ月後の1951年6月には修正(amendment1)が入ります。
同じくXSで身幅51インチ平置き1/2で換算して(64.8cm)着丈41-1/2インチ(105.4cm)、袖丈23-5/8インチ(60cm)
a0164296_21355782.jpg


改版MIL-P-11013A(1952年12月)
51年6月のアメンドメント1を踏襲しています。
a0164296_21362146.jpg


60年代型MIL-P-11013D(1962年8月)
(すみません。費用の関係でB版C版ありません。しまった!円が強いときに調達しとけばよかった!)
XSで22-1/2インチ(57.2cm)、着丈41-1/2インチ(105.4cm)、袖丈24-1/2インチ(62.2cm)と身幅がだいぶ細身になりました。
a0164296_2136185.jpg


‥‥で、XS表示のある、手元に唯一ある個体を実測してみました。
身幅約62cm、着丈約100cm で、一応D以前の身幅には近いけど、うーん、着丈は許容範囲1インチなので少し短い?(その方がいいけど‥‥)洗濯で縮んだのかな。
 一見、「件のファティーグボタン」を使用したDSA60年代型なのですが・・・
a0164296_21585170.jpg


 よく見ると、肩のプリーツが残っている!D以前の移行型?のタイプ
a0164296_2136385.jpg


 サイズラベルのディテール
a0164296_21354413.jpg


 インストラクションラベルのディテール
a0164296_21345923.jpg

[PR]
by poemaquince | 2012-11-23 21:58 | parka | Comments(0)