M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:朝鮮戦争 ( 15 ) タグの人気記事

M-50フィールドジャケットについて私が知っている二、三の事柄(その2)

(前回からのつづき)
 M-43ジャケットにライナーシステムを組み込んだジャケットは、「M-43 MQ-1」とか「M-1950」とか「M50」とか表示(呼称)されているというお話でした。
 で、わたくし川村は、「それってみんなおんなじダヨね。」と迂闊にも思い違いをしていたわけでした。今回、(春なのに)たまたまM-43/MQ-1にライナーを取付けようとして「アレっ?」と気がついたわけなのでした。
 では、写真を見ていきたいと思います。

M-50にライナーを取付けるときにいつも不思議だった「謎ひも」の用途は?
a0164296_2345929.jpg


なんと、M-1950の背側に取付けのボタンが無く、ジャケットのハンガーループに結びつける用途という事が判明!
a0164296_2344241.jpg


ということで、それぞれのジャケット内側を確認します。
まず
M-50の内装
向かって右にライナーボタン4個
向かって左にライナーボタン5個
背首にライナーボタン2個
a0164296_2343269.jpg


M-1950の内装
右にライナーボタン4個
左もライナーボタン4個
背首にはボタンがみあたらない。
a0164296_2342238.jpg


M-43/MQ-1
右にライナーボタン4個
左もライナーボタン4個
背首にはボタンがみあたらない。
ということで、M-1950と同じ仕様
a0164296_2341226.jpg


その3へつづく
[PR]
by poemaquince | 2017-04-22 23:09 | フィールドジャケット | Comments(0)

二次大戦期のM-1ヘルメット(シェル編)その1

 記事「デッドコピーのM-1ヘルメット?」http://parkashell.exblog.jp/21029100/ のコメント欄にて、Schutze600さんから投稿があり、シェルの刻印にいついていろいろとご教示をいただきました。そのことを手がかりに、いままでほとんど見当のつかなかったシェルの刻印について、確認をしてみたわけでした。まずべトナム戦期のシェルについて二回にわたり観てきたわけですが、今回は、二次大戦期のM-1ヘルメッットシェルについてみてみましょう。ロットナンバーの刻印(ヒートスタンプ)の場所を付箋にて示しています。

the McCord Radiator and Manufacturing Company (1941年6月〜1945年8月?)
以下、マッコード製のシェルについての考察です。
大戦中のマッコード製シェルの外観については、リムの合わせ目の位置(フロント/リア)の違い、チンストラップループの形状(固定/可動)の違いにて大まかな生産時期が推定できます。

正確な出典は不明ですが、マッコードのヒートスタンプナンバーとその生産時期?の対応表をSchutze600さんからご教示いただきました。今回はそのチャートをもとに大まかな生産年を推定しています。(画像枚数の上限のため、表は次回に)

_19A
フロントシーム スイベルベイル
リペイント
a0164296_21243755.jpg

a0164296_21242623.jpg

最初のケタの刻印がはっきりしないので、二ケタ数字か?とも考えましたが、フロントシームであってかつ、スイベルベイルなので、1943/10〜1944/11の間の生産と思われます。
従ってヒートスタンプのロットナンバーは600〜1000の間になるはずなんだけど、どうなのだろうか??
a0164296_21241967.jpg



837E
フロントシーム スゥイベルベイル
オリジナルペイント
a0164296_21234949.jpg

1944/03頃
レイノーザ(M.A.Reynosa: The M-1 Helmet a history of the U.S.M-1 helmet in W.W2/Schiffer1996)によれば、フロントシームは1944年11月頃まで生産されていたようなので、チャートの時期とも矛盾しません。
a0164296_21233879.jpg

a0164296_21232579.jpg


10_6G
フロントシーム スゥイベルベイル
オリジナルペイント
a0164296_2123777.jpg

a0164296_21225668.jpg

a0164296_21224467.jpg

チャートから生産時期を推定するとロットナンバーは106ではなく2ケタ目が抜けている(10*6)と推測されます。

1195D
リアシーム スゥイベルベイル
オリジナルペイント
a0164296_21222457.jpg

a0164296_21221779.jpg

a0164296_2122951.jpg

1945/03頃
ロットナンバーとシーム、ベイルに矛盾はありません。

1262D
リアシーム スゥイベルベイル
オリジナルペイント
a0164296_21215741.jpg

a0164296_21214587.jpg

a0164296_21213534.jpg

1945/06頃
ロットナンバーとシーム、ベイルに矛盾はありません。


以上は、マッコードラジエーター社製シェルについてでした。
つづく
[PR]
by poemaquince | 2016-12-18 21:33 | M-1 | Comments(0)

べトナム戦争期のM-1ヘルメット その2(ライナー篇のつづき)

 今年5月にべトナム戦争期のM-1ヘルメット入門(ライナー篇)を始めてはみたものの、自分自身が、ライナーの変遷をよく理解していなかったため、中途半端な紹介記事となってしまいました。今回、不十分ながら再度整理して、大戦後のM-1ヘルメットライナーの変遷をとりまとめてみようとおもいます。
 特に注意されたいのが、60年代の一時期、「M-1ヘルメットライナー」の二つの仕様が同時に並行して採用されていたことです。
 ひとつは、二次大戦期からの仕様(ボディーが、コットンダック・レジン製)によるMIL-L-1910、もうひとつが、抗破片性能の向上した(ボディーが、ナイロン・レジン製)新型のMIL-L-41800です。新型は1963〜64年ころに登場しますが、その時点で先行していたコットンダック製のMIL-L-1910を廃止とせず、新型と同型のクレードル型サスペンションを装備して並行して生産されました。
 では、具体的に見ていきましょう。

MIL-L-1910
左 大戦型ライナー(〜1954)
右 55年型(1955〜1963)
右は、ヘッドバンドを外した状態(実は付け忘れて撮影(笑))
a0164296_1738648.jpg


MIL-L-1910
左 大戦型ライナー(〜1954)
右 55年型(1955〜1963)
正面から見たところ
大戦型のライナー正面に、徽章用アイレットがあることに留意
55年型ではアイレットは廃止された。
a0164296_17375896.jpg


MIL-L-1910の三形態
左 大戦型(〜1954)
中 55年型(1955〜1963)
右 64年型(1964〜1969)
64年型ライナーのボディーは、コットンダックレジンのまま、サスペンションが新型(クレードル型)となっていることに留意、また、革のチンストラップが省略されている。
a0164296_17374491.jpg


MIL-L-1910
左 55年型(1955〜1963)
右 64年型(1964〜1969)
両者を側面からみたとこと
革製チンストラップの有無、ネックバンドの形状などが変更となったため、サスペンションを留めるリベットの位置などが異なることに留意
a0164296_17372653.jpg



MIL-L-41800
左 64年型(1964〜1974)67年5月コントラクト
右 64年型(1964〜1974)68年7月コントラクト
左のものは、ヘッドバンドを外した状態(実は付け忘れて撮影(笑))
a0164296_17371398.jpg


MIL-L-41800
左 64年型(1964〜1974)68年7月
右 最終型(1972〜1984)84年
最終型の特徴は、それまでAワッシャーとリベットでライナー本体に固定されていたクレードル型サスペンションが取り外し式となった。
a0164296_1735776.jpg

最終型の取り外し式留め具
a0164296_17345366.jpg

左 64年型(1964〜1974)68年7月
右 最終型(1972〜1984)84年
両者を側面からみたとこと
サスペンションを留めるリベットの位置などが微妙に異なる。
a0164296_17344331.jpg



MIL-L-1910(64年型)とMIL-L-41800(64年型)の比較
左 MIL-L-1910
右 MIL-L-41800
ボディーの材質が異なるのみで、外観にほとんど差は無い。
a0164296_17315765.jpg

MIL-L-1910のコントラクト(69年3月)
a0164296_17314234.jpg

MIL-L-41800のコントラクト(67年5月)
新型だけどこっちのほうが古い
a0164296_17313350.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-09-03 17:56 | M-1 | Comments(2)

EX-48-1(experimental)PARKAの比較その2「ライナー篇」

 昨年、EX-48-1やったときに写真を一緒に撮ってあったのですが、すっかり忘れていました。M-48ライナーとの比較です。てなわけで新春?第三弾にしてやっと当ブログ「本編」(笑)関係です。
 まずは写真にて早速見てみましょう。

ライナー全景
左:EX-48-1 右:M1948
ライナーフードに付いているボタンに留意
シェル側にボタンホールのタブが付いており留めるようになっている。
a0164296_22541741.jpg


左身ごろを開いたところ
左:EX-48-1 右:M1948
左:難燃性を意図した?グラスファイバーわたのキルティングと、右:ウールのパイル地の違い
ライナーに付いている内ポケットにも留意
a0164296_2254612.jpg



ポケットの比較
蓋は開いた状態です。 
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_22535535.jpg


EX-48-1ポケットラベルのクローズアップ
インストラクションの内容がパーカシェル全体について解説していることに留意
a0164296_22543551.jpg


M1948 ポケットラベルのクローズアップ
インストラクションはあくまでライナーについての記述です。
緩い天候の場合はコットンシェルだけで着なさい
ライナーをアウターとして着てはいけません
などと書いてあります。
21世紀の日本では、ライナーをアウターに着たりもしてますけど(笑)。
a0164296_2254736.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-01-19 23:00 | parka | Comments(2)

EX-48(experimental)の謎 あるいはEX-48とは何か???

 前回のEX-48-1パーカのところでも書いたのですが、「EX-48」は、M-48「パーカ」の前身モデルのみを指すものとばかり思っていました。ところがフランスのUSMCに関するサイトで、EX-48イクスペリメンタル(実験的)モデルを紹介するページ「LES TENUES ET EQUIPEMENTS EX-48」(フランス語なので中身は良くわからないのですが)を見てみるとEX-48と名付けられているアイテムが多数あることが解ります。
そんなアイテムのひとつとしてMask, Cheek Protector, Arctic, EX-48が紹介されています。
a0164296_23435686.jpg

Port du protégé nez / joues. On note le détail de fermeture à glissière qui assemblé la capuche amovible et la veste.
(頬/鼻の保護マスク また、着脱式フード、ジャケットのファスナのディテールに留意/グーグル先生を使っての大意訳)

そんな訳で、似たアイテムが手元にあるのですが、これは、「EX-48」なのかそれともその後の量産?モデルなのか、スタンプでは判断付きません。
a0164296_23431595.jpg

1952年2月3日付のコントラクト?
a0164296_23422355.jpg

a0164296_23421133.jpg

[PR]
by poemaquince | 2014-11-24 00:12 | parka | Comments(3)

1980年5月光州 韓国予備役部隊のファティーグ

 今年は、ダックハント柄( duck-hunter / leopard )が「きてる」ということなので、こちらのアイテムをチェックしてみました。ボタンの形などがレトロだったのでもしや60年代ものかも!と入手してみたのですが、ばっちりスタンプが残っていて80年の製品ということでした。いまから30年以上前の製品です。
 「あー80年製なんだ・・・、80年?韓国!光州!!」
 1980年の韓国といえば、5月光州が思い出されます。韓国現代史において、光州事件ははまさに時代のメルクマールでありました。光州において、全斗煥のクーデタに抗議するデモ隊の学生が戒厳軍に殺され、怒った学生、市民の一部が予備役の武器庫を襲撃し武装して市庁舎などに立てこもります。結局、正規軍に鎮圧されてしまうことになってしまったのではありますが、その後、民主化した韓国において民主化運動の先駆として再評価されます。もしかしたら立てこもった市民のなかにはこのファティーグを着ていた人もいたかもしれないなどと思いを馳せたりします。
 お隣の国、韓国では今日でも兵役があり、成人男性のほとんどは軍事訓練を積んでいます。ネット上の歴史講談や軍事情報を鵜呑みにして息巻いている日本の嫌韓ヲヤヂとはそこが異なってるのかもしれません。(いやどの国にも幼稚なネトウヨはいるんだけどさ)

60年代〜80年代にかけて、主に韓国郷土防衛隊(予備役部隊)が使用したパターン
(予備役とは兵役期間終了後の一定期間、有事に動員されることになる人々のこと。 韓国では、今日でも全成人男子に2年近くの兵役が課せられ、その後数年の予備役期間が設けられている。)
a0164296_1182798.jpg


レトロで見慣れないボタンだったため、もしや60年代もの?と思ったがスタンプには80年12月のスタンプが・・・
生地はコットンのヘリンボンです。
a0164296_118207.jpg


スタンプは左身頃すその内側にありました。年代の他はなんて書いてあるか分かりません(笑)。
a0164296_119458.jpg


右胸にネームタグ キム ムングェンさん? 左の赤いビニルには ミョンギル トンデ?ソウルの町名かな?
襟のサイズタグが共布であることに留意(通常は普通の白布がついてることが多い)
a0164296_1184848.jpg


武装準備する光州市民!
人物のヘルメットカバーに留意
左側の人(ダックハンターパターン)
右手前の人(ヌードルパターン)
a0164296_1172327.jpg


似たようなテーマについて、興味深い記事がありました!!
非常に参考になります。
http://checksix.militaryblog.jp/e460387.html
[PR]
by poemaquince | 2014-07-21 00:08 | 番外編 | Comments(0)

あらかじめ失われた革命(涙) 映画「南部軍」観てきました

 2014年5月4日、昨日にひきつづき映画を観てきました。ふだんは見たい映画があっても時間がなかなかとれなかったりします。ここぞとばかり予定を組んで見ましたが、映画館へ行くとお金もそれなりに使ってしまいます(とほほ)。
 今回の映画はチョン・ジヨン監督「南部軍」です。
 
 1945年、日本帝国がアメリカを中心とする連合国に敗北すると同時に日本の支配下にあった植民地諸国は日帝の軛(くびき)から解放されます。ところがそこで「めでたしめでたし」というハッピーエンドにはならず、朝鮮半島では、また苦難の歴史が始まるのでした。世界大戦後の覇権を巡って、米国とソ連邦の本格的な角逐が始まります。朝鮮半島は両国を後ろ盾にした政治勢力により非和解的・非妥協的な対立が先鋭化し、ついに「熱い戦争」が始まってしまいます。
 映画で描かれるのは「理想」やさまざまな事情によりパルチザンとして山にこもり「国軍」と戦う人々を描きます。(女性兵士がみんな美人で、主人公イ・テ役のアン・ソンギがモテ過ぎなのは気になります(笑))
 原作の本もその昔読んでいたので個人的にはぐっときちゃったんだけど、長い映画だし、歴史背景等の知識と映画的想像力がないと、こんな感想↓ になっちゃう方もいるかもしれません。
 →http://eiga.com/movie/80061/review /
 (まあ「永遠の○」とかなら初見でも分かりやすいよね!)
 
 スーツのジャケット、学生服、セーラー服でも山に入って武装すればパルチザンです。
a0164296_1732048.jpg

 (C)AURA PICTURES

 月昇台(ダルトゥギ)のシーンだったかな?
a0164296_17315749.jpg

 (C)AURA PICTURES

 夜の「渋谷アップリンク」(井の頭線渋谷駅から近道しようとして迷いました(笑)!)
a0164296_17315076.jpg


 渋谷アップリンクは普通のマンション?のなかにあります。
a0164296_17305923.jpg


 原作の本、邦訳が出ています。おすすめです。
a0164296_1731244.jpg

 
 それにしても21世紀になってもあの「共和国」の惨状をみるにつけ、パルチザンとして若い彼らがなんのために戦い死んでいったのか。歴史のIFを言ってもせんの無いことですが「金一派」の権力簒奪が本当に悔やまれます。



[PR]
by poemaquince | 2014-05-05 17:35 | 映画 | Comments(0)

M-51 FISHTAIL PARKA 写真ちがいます・・・

 FOUND-NYCのHP(Original Design 03: M1951 Parka)で有名になったこの写真ですが、
 実は良く見るとM-1947であることが分かります。

a0164296_1293442.jpg

出典 ES148-11-46 (SC394142)
Engineer operates telephone communication along tramway, which tansprorts supplies. 2 Mar 1952

 こちらのHPにも引用されてます。http://blog.lyleandscott.com/?p=3762
 ネット情報は、誤ったまま引用されると収拾が困難です。人のことはあまり言えませんが、いつも肝に銘じておきたいと思います。
[PR]
by poemaquince | 2013-04-07 01:37 | parka | Comments(0)

M-1947あるいはOVERCOAT PARKA TYPE その3

ひきつづき47年型OVERCOAT PARKA TYPEについてです。

ウールパイルライナーの全景
a0164296_23114518.jpg


カフニット部 袖の留めボタンはひとつ
a0164296_23112818.jpg


フード部の比較
左47年型、右45年型
フードのボタン数や、ドローコードの位置など配置がかなり異なることに留意
a0164296_23112022.jpg


フードボタンを開いたところ
左47年型、右45年型
両者とも真鍮のコンマーファスナであるが、47年型は大型化していることに留意
なお、45年型はフードに直接パイル生地を貼付けている。
a0164296_23112255.jpg


フード部背面の比較
左47年型、右45年型
47年型の肩にプリーツがある!ことに注意(すこし見づらいけど)
45年型の肩のスナップファスナはライナー留め用
a0164296_23111227.jpg


47年型ライナーのスナップボタン(スタッド背面)のクローズアップ
この個体はユナイテッドカー製を使用
パイルはウールのいわゆる「もこもこタイプ」
a0164296_23105013.jpg


45年型ライナーのスナップボタン(スタッド背面)のクローズアップ
この個体はスコービル製を使用
パイルはアルパカではなくチント(人造ファー)と思われる。
a0164296_23105219.jpg

(ぜんぜん関係ないけど、N-1にもこのファーが使われていたとしたら、YMCLKYのN-1ジャケットはやはり秀逸ということですよね! 1万円そこそこで、M-51やN-1の雰囲気をよく捉え、あそこまで再現するシービーズさんに最敬礼! いや5万6万出せばオリジナルだって買えますから)
◆YMCLKYオリジナル 米軍タイプ N-1 デッキジャケット 新品


 朝鮮戦争当時の写真をみると、冬期衣料についてはこのパーカタイプオーバーコートが多く観察されます。
a0164296_23103145.jpg

細密な写真はこちらから
http://www.flickr.com/photos/imcomkorea/2919491051/in/faves-1391606@N08/lightbox/
Missouri infantrymen with the 19th Inf. Regt. along the Kumsong front wish Happy New Year to the stateside folks. December 14, 1951. Cpl. Mervyn Lew. (Army)

NARA FILE #: 111-SC-387519
WAR & CONFLICT BOOK #: 1399
[PR]
by poemaquince | 2013-01-28 00:05 | parka | Comments(3)

M-1947あるいはOVERCOAT PARKA TYPE その2

 2010年10月に45年型のOVERCOAT PARKA TYPEに言及し、47年型についてもいずれやろうとは思っていたのですが、かれこれ2年以上が過ぎてしまいました。というわけで、今回はいわゆる「M-1947」OVERCOAT PARKA TYPEについてご紹介いたします。なお、45年型の「その1」についてはこちらhttp://parkashell.exblog.jp/11389738/もご参照ください。

OVERCOAT PARKA TYPE(47年型、以下M-47)の全景
a0164296_13174517.jpg


M-47の前を開いたところ ウールパイルのライナーに留意
a0164296_13173058.jpg


M-47の背面
a0164296_1317335.jpg


フード廻り
a0164296_13172614.jpg


この個体は大型のコンマージッパーを使用
a0164296_13171936.jpg


ハンドポケットはボタン留め
a0164296_13171188.jpg


ハンドポケットを裏からみたところ
ウール生地の張合わせのみ、後のパーカのような補強がない。
a0164296_13165055.jpg


腰の大型ポケット
a0164296_13165183.jpg


その内側に縫い付けのコントラクトラベル NYQMPAの発注、M-48パーカなどでもよく見かけるKRAVIN PARK CLOTHES製1950年12月のプロダクト
a0164296_13164259.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-01-27 13:21 | parka | Comments(0)