M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:古着系 ( 60 ) タグの人気記事

空軍型フィールドジャケット USAF COAT MAN'S FIELD(入門編)

 ラウンドカラー(丸襟)とラグランスリーブ(丸肩切替袖)が独特のUSAFフィールドジャケットです。(・・・マイナーなファッションアイテムとしてもすこし面白いかもしれませんが、ドットボタン付き貼付け4つポケットを含め、この形を着こなす難易度はかなり高そうです)
  採用年度が何年度かははっきりしませんでしたが、1950年代に MIL-J-4883 JACKET,MAN'S,SINGLE BREASTED SAGE GR.,CTN.,STN.,USAF SH.509,HOOD W/DRAWCORD CLOSURE, WRT として採用されました。
   参考:http://realcompany11.main.jp/newpage375.html
 50年代のモデルは上述の表記のごとく、空軍シェード509のセージグリーンの生地でしたが、1960年前後にOG107の生地に移行しています。

 60年代のオリーブグリーン生地のAFフィールドジャケット(フィールドコート)のMIL規格のナンバー表示は、MIL-J-4883表示のものとMIL-C-4883表示(65年以降?)のものと両方が観察されます。
 ということで、64会計年度の個体についてみていきましょう。

USAF COAT MAN'S FIELDの全景
同時代のM-51系のフィールドジャケットと異なり、正面は普通のボタンのみにて留める。
a0164296_2213335.jpg


同コントラクトラベル。
DCISC DIR. OF MFG. はDSA傘下の製造部門?
a0164296_2211758.jpg


シェルにライナーを装着したところ
正面のフロントボタンやライナー取付けボタンの状況が良くわかる。
a0164296_2211837.jpg


丸襟のなかからフードを取り出したところ
第一ボタンのみ隠れていない点に留意
袖の切れ込みからライナーのカフが見えていることに留意
M-43〜65のフィールドジャケット等と異なり袖のマチがないことが分かります。
a0164296_2204151.jpg


同じく拡大したところ
a0164296_221355.jpg


ウールパイルライナーの全景
パイルの種類は「もこもこ」タイプ
M-1947パーカのようにカフがニットになっている。
ボタンホールの位置など全く異なるため、他のジャケットとは互換性がない。
a0164296_220618.jpg


ライナーのコントラクトラベル
a0164296_2203346.jpg


同時代のM-51と並べてみました。
両者の流れを汲んで、M-65に発展していった?とも受け取れる写真ではあります。
右がM-51JKT
a0164296_21594452.jpg


M-65の後ろ姿と並べてみました。M-65の襟のフードは、USAFフィールドコートの流れを汲んでいるのではと思われます。
a0164296_21593750.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-05-20 22:02 | フィールドジャケット | Comments(4)

やっぱり高円寺は古着のメッカだった!(今更ながら) エリアマップ

JR中央線「高円寺」を甘く見ていました!
雑誌を立ち読むと、「高円寺と言えば古着」みたいな記事があったりします。
「ふーん・・・でも、森ガールとかおしゃれ系女子御用達のおみせとかだよね。」
高円寺といえば、南口パル商店街からルック商店街へ抜ける通りと、下り方面ガード下から中通り商店街一帯の飲屋街しか知らなかった記述者川村は、上記の発言のとおりタカをくくっていた訳でした。あるいは、高円寺といえば、ロックな人からヲタクまで各種飲み屋系やエスニック雑貨屋さんとかサブカル系の店みたいなディープ総本山のイメージ(そーゆーのもどれも好きですが)と思い込んでいたのです。
ところが、パル商店街→ルック商店街ルート以外をまわってみたら、おしゃれ女子御用達古着のみならず、「ごめん!高円寺!誤解していた!やはりあなたはUS古着においてもディープな街でした!」と、今回、認識をあらたにした訳でした。

そんな訳で、比較的軍ものを扱っている(というかUSカジュアル系古着)お店が多そうなエリアをさっそく辿ってみます。(もちろんこれ以外にもほんとたくさんお店があるのです!)
まずは、南口東方向、氷川神社方面の坂を下ります。氷川神社を左手に見つつ既にぽつりぽつり古着屋さんが目に入ります。
a0164296_228179.jpg


小さな十字路にも古着屋さんが!そこを右に入ると左右にお店が並んでいます。
a0164296_227378.jpg


まず、お勧めは「Re'all」 なんとM-51parka(それもX-Small表示のあるやつ!)などをこの季節(4月下旬)までお店に出していただいてる心意気!
a0164296_2272779.jpg


お向かいの「SO」も夜遅くまでやっています。
a0164296_2271486.jpg

その他にもたくさんありますが書ききれません。とりあえず、エトワール商店街へ向かいます。

メジャーなパル商店街を横切るかたちで、エトワール商店街にはいります。そこここに古着屋さんが並んでいます。(古着屋さん以外にも良さげなお店も)
a0164296_227171.jpg


ほんの少し進むとSEIYUが現れます。北に向かって長仙寺の参道?が延びています。その一帯も古着屋さんエリアです。写真正面の突き当たりが長仙寺になります。
a0164296_2265232.jpg


M-65のディスプレイに誘われて、とりあえず有名な「ペーパームーン」へ!
三階のお店まで階段でのぼりますが、二階にも別の古着屋さんが入ってます。
a0164296_2264382.jpg


さらに長仙寺に近づくと、ややっ!!!かなりヴィンテージ度の高い軍ものをそろえてるお店が!いやあレアっすね。
a0164296_2263268.jpg


帰りはガード下で一杯やりたいところですが、この日はまっすぐかえりました。
a0164296_2261121.jpg


エリア的にはこんな感じです。
a0164296_2255843.jpg


おまけのおすすめ!「すごろくや」
a0164296_2254665.jpg

JR線高円寺駅のホームからよく見えるお店なのですが、ディープなボードゲーム屋さんです。特に欧州などの輸入ゲームが充実していて、ちいさい子がいるおうちの方はお子さんを連れていくと楽しいかも!ボードゲームやカードゲームなど年齢に見合ったゲームを体験させてもらえます(昨今、街のおもちゃ屋さんへいってもゲームと言えば電子ゲームばかりとなってしまいました。幼少時にはアナログなあそびがとても大切とも思うのですが‥)。
個人的には、シンプルなルールの「ガイスター」や「マラケシュ」とかが好きです。
[PR]
by poemaquince | 2013-04-29 02:45 | 入門編 | Comments(0)

M-65とは何か?アパレルファッションにおける「M-65」(入門編)

 M-65とは何か?
 日本国内で、一般には「アメリカ地上軍の65年型被服をデザインモチーフとしたファッション衣料または、65年型被服そのもの」と定義できそうです。
 アパレル業界などで「M-65」と呼ぶときは、もともとは「フィールドジャケット」タイプのものを指すことが多かったと思います。しかしながら、ミリタリーデザインをソースとした「カーゴパンツ」や「モッズコート」などの流行で、ファッションアイテムとしての「M-65」の名称が拡散し、(軍ものに関して)事情の飲み込めない消費者にとっては「で、M-65って一体何?」の状況が現れて来たのではないかと推測したりしてます。
 3年くらい前に、「M-51」についても同じテーマで似たようなことを書いているので、そちらもぜひご参照いただけたらと思います。(M-51フィールドジャケット、パーカとの比較
 そんな訳で、実際にフィールドジャケット、パーカ、カーゴパンツの65年型(M-65)を比較して見ていきましょう。

 70年代のM-65フィールドジャケット(左)とM-65パーカ(右)の比較
 極寒の気候の場合、フィールドジャケットのうえにパーカを重ね着することとなっている。
a0164296_12511984.jpg


 同じく前ファスナを開けたところ。フィールドジャケットの襟にはフードが収納されている。パーカには後述のファー付きフードが装着される。(M-65フードの取付参照
a0164296_12511174.jpg

 
 M-65フィールドジャケットの収納フードを出したところ
a0164296_12505874.jpg


 M-65JKTに、別付けの極寒用フードを取り付けたところ。このフードは一般にM-65フードと呼ばれる。
a0164296_12504295.jpg


 M-65フードの前を閉じたところ。この別付けのフードはパーカにも着用することができる。
 小ループをフィールドジャケットの「露出する中央ボタン」に引っ掛けていることに留意
a0164296_12503284.jpg


 一般的に「M-65カーゴパンツ」と呼ばれる「コールドウエザー トラウザーズ」
 下腿両脇に付く大型のカーゴポケットに留意
a0164296_14224630.jpg


 M-65「カーゴパンツ」の内側はこんな感じです。
a0164296_1250199.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-03-16 12:58 | フィールドジャケット | Comments(7)

CONMAR・SCOVILL・IDEAL(CROWNも!) ・・・ZIPPERの(商標の)話

 前回、ニューヨーク需品調達庁の訴訟案件つながりで、本邦の興味深い事例について思い出しました。
 アルミジッパーといえば「コンマー」というくらい一世を風靡したConmar Products Incですが、残念ながら1965年に廃業し、ファスナー事業についてはScovill Fasteners Incに継承されました。M-65にコンマーファスナが見当たらないのはこのためです。(追記:フィールドジャケットの方にはいくつか事例が確認できますが・・・)そのスコービルも、1996年にはファスナー事業を米国アイディアル社に売却しています。

 今回ご紹介するのは、コンマーファスナの商標について争った判例です。
 原告は、トイズマッコイ、被告は米国アイディアルファスナーコーポレーションです。
 判決自体は一見、原告(トイズマッコイ/リアルマッコイ)の訴えが認められた形ではあるのですが、CONMARの代わりにCONMERを国内において商標登録したりとかという原告の違法性そのものを否定するものではありませんでした。
 すこし分かりにくいのですが、判決要旨をひとことでいってしまえば、原告の違法性を認定するのに特許庁の審決した商標法の「適用条文」が違っているぞ、と特許庁審決を叱っている判決です。したがって、原告(トイズマッコイ/リアルマッコイ)がCONMARの商標を「剽窃」しようとしたこと自体はつぎのとおり認定されています。

 ‥‥原告は 、「CONMAR」との表示がコンマー社及びそのファスナーに関する事業を引き継いだ被告のファスナーの表示として需要者の間で広く認識されていることを知りながら、その表示と類似する本件商標の登録を得てこれを使用するものであり、本件商標は、原告が,不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的をもって使用をするものであると認められる。
  
 一般には非常に分かりにくいマニアックな判決ですが、その筋では有名な判例のようです。
この判決が概ね妥当だとしても素朴な疑問としては、そもそも審判庁が商標法条文(4条1項7号)の適用を誤ったことに対し、今回の訴訟費用をなぜ「被告」のアイディアル社が負担しなければならないか?という疑問が涌いてきます。もちろん外形的には「原告」が勝訴したからですけども、なにか釈然としない感じがするのでした。
 40ページからなる判決文ですが、マッコイの言い分(書き間違えた、コンマーはそれまで知られておらずマッコイが市場を作った)、アイディアルの言い分(トイズと旧リアルは実質的に同じ、間違えるのはあり得ない)、裁判所の判断(ネット情報採用)などそれぞれ面白いので、ぜひ参照してください。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080626153626.pdf

追記
裁判所の判例検索システムで検索してみたら、こんな判例も出てきました!
東洋エンタープライズ(株)の「クラウン」がらみの判例です。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080107163936.pdf
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080804100101.pdf

コンマーのポピュラーなアルミファスナ(M-51 parka)
写真、暈けててすみません。
a0164296_21542457.jpg


スコービルのアルミファスナ(M-65 parka 70年)
a0164296_21543614.jpg


スコービルの真鍮ファスナ黒染め(M-65 parka 72年)
a0164296_21544027.jpg


写真追加(2014/11)
コンマーアルミ(M-65フィールドJKT 1st 66年?)
a0164296_9501565.jpg


コンマー襟裏 (M-65フィールドJKT 1st 66年?)
a0164296_9503369.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-01-31 22:01 | 入門編 | Comments(2)

ニューヨーク需品調達庁 New York Quartermaster Procurement Agency

40〜50年代の製品のコントラクトラベルを見ていると、よく「N.Y.Q.M.P.A」という文字が出てきます。先の「47年型パーカタイプオーバーコート」のコントラクトラベルにもNew York Quartermaster Procurement Agencyとフルスペルで表記されてます。
フィラデルフィア需品補給厰(PQMD)の記事(http://parkashell.exblog.jp/11527135/)のときに、いずれはこちらもとは思っていたのですが結局詳細が分からずそのままになっていてしまいました。一体どういう役所だったのかグーグルで検索してみてもずばりの回答はなく、詳細は不明なのですが、どうやら陸軍の官庁のようです。
ちなみにmilcloeさんのページではこんな感じでした→http://milcloe.info/database/NYQMPA.html

で、フルスペルが一致する検索結果で行き当たったのは・・・なぜか訴訟関係?(追記:あるいは役所の会計検査?)の文書でした。
https://bulk.resource.org/courts.gov/c/F2/262/262.F2d.631.288.289.24732.24733.html
とか
https://bulk.resource.org/courts.gov/c/F2/354/354.F2d.318.532-58.html
とか
例によって英文はよくわからないのですが、前者は、アイクジャケット用のウールサージ生地が支給材(発注者負担で請負者に材料を渡すこと)だったようなのですが(M-51とかもそうでしたが仕様書には支給した生地の端切れとかもガバメントプロパティと書いてあります)どうやら、その支給材の生地をごまかして横流しした案件?のようです。
後者は、Contract No. DA 30-280-QM-23627で契約した寝袋の納品に関して、請負者と発注者で輸送費をどっちが持つか?みたいな感じなのですが良くわかりませんでした。
(もし詳しい方で奇特な方いらっしゃいましたら、ぜひ解説お願いいたします)

N.Y.Q.M.P.Aの例 M-48パーカの場合
a0164296_2342859.jpg


New York Quartermaster Procurement Agencyの例(あまり見かけないけど) オーバーコートパーカタイプの場合
a0164296_2341935.jpg


さて、訴訟といえば本邦においても興味深い事例があります。
次回は、コンマーファスナの商標についての判例です。
[PR]
by poemaquince | 2013-01-30 23:06 | parka | Comments(0)

M-1947あるいはOVERCOAT PARKA TYPE その2

 2010年10月に45年型のOVERCOAT PARKA TYPEに言及し、47年型についてもいずれやろうとは思っていたのですが、かれこれ2年以上が過ぎてしまいました。というわけで、今回はいわゆる「M-1947」OVERCOAT PARKA TYPEについてご紹介いたします。なお、45年型の「その1」についてはこちらhttp://parkashell.exblog.jp/11389738/もご参照ください。

OVERCOAT PARKA TYPE(47年型、以下M-47)の全景
a0164296_13174517.jpg


M-47の前を開いたところ ウールパイルのライナーに留意
a0164296_13173058.jpg


M-47の背面
a0164296_1317335.jpg


フード廻り
a0164296_13172614.jpg


この個体は大型のコンマージッパーを使用
a0164296_13171936.jpg


ハンドポケットはボタン留め
a0164296_13171188.jpg


ハンドポケットを裏からみたところ
ウール生地の張合わせのみ、後のパーカのような補強がない。
a0164296_13165055.jpg


腰の大型ポケット
a0164296_13165183.jpg


その内側に縫い付けのコントラクトラベル NYQMPAの発注、M-48パーカなどでもよく見かけるKRAVIN PARK CLOTHES製1950年12月のプロダクト
a0164296_13164259.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-01-27 13:21 | parka | Comments(0)

吉祥寺カジュアルでいこう その2 古着屋さんめぐりの巻(番外編)マップ

US古着などを入手する場合、みなさんはどうされていますか?
目を見張るようなネットインフラの社会への定着で、ネットオークションや通販なども非常にポピュラーになりました。が、やはり実物を手にとって触ったり、現品を確認して購入できる実店舗のありがたさを忘れてはなりません。そんなわけで、番外編「吉祥寺カジュアルでいこう」その2として、今回は、吉祥寺近辺の古着屋さん巡りをしてみました。(前回、吉カジについて書いたのが二年前!「吉祥寺カジュアルでいこう(その1)」 時の過ぎるのは早いものです。)
(初稿 2012年10月)

吉祥寺駅南口から、丸井脇の井の頭公園へ向かう小路(七井橋通り)周辺から廻ります。
まずは、古着屋さんの集まるオギウエビル
二階あがって右は「AMBER LION」さん、左は「Crimie」さん
a0164296_0544098.jpg

「AMBER LION」さんは、リペアの相談も気軽に受けていただけます。
a0164296_0541327.jpg

「Crimie」さんの店舗は、ユーロサープラスを含め古着屋さんの中でも軍モノ濃度が高い。
a0164296_0535393.jpg

1階北側にある老舗「Santa Monica」さん
状態の良いベトナムERDLとNLABS-1(ブラウンリーフ)がありました!
a0164296_0532923.jpg

七井橋通りを右に入ると、すこしわかりづらいのですが、オリエントマンション2Fに「MINT」さんがあります。
a0164296_0525169.jpg

「MINT」さんの店内の様子、右手は70年代物のM-65パーカでした。もう出始めています。
たまに状態の良いレアアイテムがあったりします。チェックを外せません。
a0164296_0522710.jpg

七井橋通りを公園に向かってさらに進むと右手に「N.Y.JOE」さんがあります。軍モノ濃度は低いのですが、思わぬ掘り出し物がありそうでつい寄ってしまいます。
a0164296_0513944.jpg


通常ならば、ここで「いせや」に寄りたいところですが、公園店は、残念ながら現在工事中です。そこで大き方面く方向を転換し、吉祥寺東口方面(三鷹寄り)へ向かいます。


まずはパルコの交差点を渡って中道通り入って右側、以前はJUILIOさんだったお店「ドンドンダウン・オン・ウェンズデー」さんがあります。毎週水曜日に価格が変わるため目が離せません。
a0164296_0511135.jpg

追記:2014年春現在、ドンドンダウン吉祥寺店、撤収された様子です。
追記:2014年11月、ドンドンダウン吉祥寺店、コピスの向かいに開店しました。

そのまま「東急裏」に向かうと、老舗最大手の「原宿CHICAGO」さんがあります。
質・量ともにエリア最大です。たまにとても良いモノがあったりしますのでチェックは外せません。
a0164296_0504869.jpg

そのほか吉祥寺図書館裏あたり
有名な「オニグンソー」さん、どちらかといえば女子向け?です。(となりにあった古着屋さんにはよく軍モノがあったのですが撤収してしまいました。)
a0164296_0501284.jpg

そのほか、五日市街道沿い「カフェ ハティフナット吉祥寺のお店」の手前にある(余計わからん?)
「FUNNY HIP」さん、女子向きです。
a0164296_0493553.jpg

2012/10/9現在
追記:2013年3月?「FUNNY HIP」さん 撤収されたようです。

追伸:近辺で古着のお店ありましたらぜひお知らせください。
追記:表題に「マップ」と書いておきながらマップありませんでした。
追加いたしました。2012/12/1
a0164296_2020251.jpg


追記
吉祥寺「フラミンゴ」さん、「SAFARI」吉祥寺店さんは、こちらも参照
2014年春
http://parkashell.exblog.jp/19647206/
[PR]
by poemaquince | 2012-10-09 23:33 | 入門編 | Comments(4)

チンストってどうよ? フィールドジャケット「チンスト」比べ

古着業界においては、ジャケットの襟についている襟タブ(防風用フラップ)を「チンストラップ」(略称「チンスト」)と呼称していたりします。
そんなわけで、フィールドジャケットにおける二大チンストアイテムM-43(M-50)とM-51(後期型)の「チンスト」を並べてみました。

M-43(のかわりのM-50)全景
襟に隠れ、「チンスト」は見えない。
a0164296_20295288.jpg


襟を閉じボタンをはずすと見えてきます。
a0164296_20293635.jpg


襟を立てて「チンスト」を閉じたところ。(M-43MQ1)
a0164296_20291312.jpg


M-51(60年代型)襟を閉じ、チンストの固定用ボタンを外したところ。
a0164296_20285731.jpg


襟を立てて「チンスト」を閉じたところ。
a0164296_20283614.jpg


フィールドジャケット3種
上からM-65,M-51(60年代型),M-43(MQ1)
M-41を忘れてました。またの機会に・・・
a0164296_20281994.jpg



・・・で、実際の「チンストラップ」
a0164296_2028448.jpg

空挺用ヘルメットライナーにおけるネックバンド(上)とチンストラップ(下)の図
a0164296_2027516.jpg

ジャケットの防風フラップ(襟タブ)を「チンストラップ」(チンスト)と呼ぶのは日本の業界独特の用語で、米軍では通常ヘルメットなどのあご紐のことを意味します。
a0164296_20273540.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-11-18 20:35 | フィールドジャケット | Comments(0)

フィールドジャケットの系譜 M-41,M-43,M-50,M-51,M-65

このところマニアックな記事が続いていましたが、今回はひさびさの入門編としてフィールドジャケットの変遷について、基本的な点をわかりやすく概観していきたいと思います。
というわけで、代表的な野戦用ジャケット(時期によりコートとも呼ばれる)M41からM65まで写真で比較していきます(M-**は、それぞれ**年型、**年式というような意味であり、この稿では数が小さいほど古い型であることが分かります)。

M-41とM-43(実はM-50)
第二次大戦中に採用された代表的なジャケット二種です。両者ともボディはコットン製で、M-41(左)は、フロントはスライドファスナとボタンの二重合わせになっています。また、裏地にウールでライニングされています(寒いけど)
M-43(右)は見ての通り有名なM-65ジャケットの原型となるデザインです。デフォルトで、開襟になっています(このM-43は実はM-50・・・というかM-1943MQ1なのですが・・)。
a0164296_2292744.jpg


M-50(左・・ていうかM-1943MQ1)とM-43(右)
というわけで、M-50とM-43の比較です。といっても両者の外観は同一です。違いはジャケットの内側にライナー取付用のボタンの有無のみです。
右のM-43と比較すると左のM-50のボタンホール側にライナー取付用ボタンが付いているのが分かります。
a0164296_2291785.jpg


M-50(左)とM-43(右)にライナーを装着したもの
M-50のライナーのボタン留めに注意
M-43のライナーはジャケットに固定されているわけではなく、ただの重ね着です。
追記:M-50に関してはこちらの記事(http://parkashell.exblog.jp/23830630/)もご参考ください。22/4/2017
a0164296_229644.jpg



M-50(左)とM-51(右)
M-43、M-50が普通のボタン留めだったことと異なり、M-51はスライドファスナー(ジッパー)とスナップファスナー(ドットボタン)が採用されました。
a0164296_2285541.jpg


M-50(左)とM-51(右)にライナーを装着したもの
フロントが、ボタンからスライドファスナーになった状況が分かります。
a0164296_22844100.jpg


M-51(左60年代型)とM-51(右57年型)
同じM-51であっても、時代の変遷によりいくつかのヴァリエーションが見られます。それまでのM-51に比べ、左の60年代型は、主に襟の形等に特徴があります。またM-43に見られるような「チンストラップ」がこの60年代型のM-51で復活しています。
a0164296_2283444.jpg

(M-51フィールドジャケットのヴァリエーション等詳細について興味のある方は、下記「D.M.Z」月影さんのブログがお勧めです)
http://armyshade.exblog.jp/tags/M-1951/

M-65(左)とM-51(右60年代型)
M-51からM-65への変遷は、襟廻りのデザインが大きく変更になっています。また、肩背中に大きくプリーツが設けられました。そのほかM-43から続いた袖のボタンが廃止され“フックアンドパイルファスナー”(ベルクロテープ)に変更になりました。
a0164296_2282268.jpg


(おまけ)
M-43フィールドジャケットにも使用する汎用パイルライナー
冒頭三枚目の写真で言及した重ね着用のパイルライナーです。単独に着用してアメカジ系アイテムとしてデザイン的にもN-1などと並んで人気があります。内装などにヴァリエーションがいくつか見られます。写真のモデルはよくアルパカのライニングなどと紹介されたりしていますがアルパカなどではなくチントです。
a0164296_2281168.jpg


・・・入門編と銘打って、なるべく分かりやすく書いたつもりなのですが、写真を見返してみると、似たようなジャケットの写真がずらずらと並んでいるばかり!(笑)で、ちっとも分かりやすくなかったですね。
[PR]
by poemaquince | 2011-11-09 22:16 | フィールドジャケット | Comments(0)

吉祥寺カジュアルでいこう(番外編)

秋も深まってまいりました。落ち葉舞う季節、吉祥寺某公園にて吉祥寺カジュアル(略して吉カジ)してみました。
(ってゆうか中央線・西荻/高円寺カジュアルと呼んだほうがしっくりくるかも!)

吉祥寺カジュアルのコンセプトは三つ! 
1.リユース古着の「ユーズドアイテム」、2.天然素材を使用した「ナチュラルマテリアル」、3.森と大地を思わせる「グリーン/アースカラー」、そしてそれらに共通するバックボーンは「エコ・コンシャス」と「ラブ アンド ピース!」

てな訳で、M-41フィールドジャケットは、コットンのアウターシェルにウールのライニングというナチュラルマテリアル!吉カジに最適!
a0164296_0322124.jpg



こだわりのコットンサテン100パーセントのM-51フィールドコート(ジャケットのこと)にナチュラルマテリアルのファーフードでどうだ!(え?天然ファーは反エコ?すみません)
a0164296_0445649.jpg




ならば、60年代型のM-51フィールドコート(パーカじゃないよ!)にM-65シンサティックフードをつけてみました。(とりあえずFUR-FREE!)
a0164296_0323121.jpg

[PR]
by poemaquince | 2010-11-24 00:34 | 番外編 | Comments(2)