M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:古着系 ( 60 ) タグの人気記事

タイガーストライプの迷宮15 90年代のレプリカその2(ADSの巻)

 以前、故岡村昭彦氏の回顧展を東京都写真美術館に観に行ったとき、このブーゲンビリアの花を飾っておどける若い兵士の写真をみて(当時の過酷な状況に思い至って)ぐっときたりしたのですが、悲しい性(さが)から、それとともに彼の着ているジャケットにも「ぐっと来て」しまった訳でした。
 「ああっ!!これADSじゃね?」(今の目で冷静に見たらVMSなのは明らかなのですが)大きな写真で鮮明に写る「おばけ腕」の印象からそう思ってしまったのでした(この写真だとちょっと解らないのですが)。
 「あのジャケットにADSパターンがあったことが確認できた!!やっぱりAPAはそこまで作っていたんだ!」「東京ファントムのアレ、スゲー」と(勝手に誤解して)盛り上がっていたことを思い出します。
a0164296_1550517.jpg

岡村昭彦の写真  生きること死ぬことのすべて all about life and death

 今回は、その東京ファントムのアレを中心に、90年代の後半にリリースされた、ジョンソン用語でいうところのADS(アドバイザータイプ・スパース/軍事顧問団型・希薄)系のレプリカ衣料についてみていきましょう。

 一般的に「59年型ジャケット」と呼ばれる、べトナム共和国海兵隊(TQLC)二つポケット型ジャケットを東京ファントムさんがモデル化したもの。(当時の雑誌をみるとサムズさんもTDS柄でモデル化していたようです)
a0164296_15503356.jpg


 真贋不明で入手したのですが、たぶんMASHさんの98年リリースのADS(ゴールドタイガー)モデル
a0164296_15502462.jpg


 両者の全景 
a0164296_15501254.jpg


 両者の背面
 右 東京ファントム
 左 MASH(推定)、実物と見分けるのはちょっと困難です。
a0164296_15495915.jpg


 「おばけの腕(Phantom arm)柄」を中心とした比較
 右 東京ファントム
 左 MASH(推定)
a0164296_15495188.jpg


(おまけ)
ヒューストンADS(左)との比較
ヒューストン、ファントム両者とも左側に続くべき「エの字を中心とした部分」のモチーフを省略しているように思えます。
a0164296_1635225.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-06-26 16:11 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮14 90年代のレプリカその1(中田商店JWDの巻)

 英国国民投票で、EUからの離脱派が勝利してしまいました。このことをきっかけに欧州連合の弱体化が始まらないように祈るばかりです。
 さて、「TSの迷宮」前回、前々々回と「珠玉の80年代レプリカ」と称してSAM'S MIRITARIYAの、「マーティン・シーン」柄と旧東京ファントムの「TO78」系ご紹介した訳ですが、今回は、90年代に登場した中田商店のジョンウェインデンス(JWD)ていうかマーチンシーン柄の紹介です。(やっぱり煩雑で混乱の元なので(笑)とりあえずJWDと表記を戻します。)

 90年代半ば?に中田商店さんがモデル化したNSタイガーストライプ
 この個体はジャングルファティーグの2ndをモデル化したもの。
 中田商店のタイガーストライプはいくつかのバリエーションがみられるがこのロットは、パターンがオリジナルに非常に近い!!
a0164296_22441511.jpg


ファティーグタイプのサイズラベル
a0164296_2244876.jpg

インストラクションラベルを撮り忘れてしまいました(笑)。

60年代のオリジナルJWDとの比較
 右がオリジナル
 左が、中田商店のもの
パターンを正確に再現していることが解る。
a0164296_224405.jpg


前々回のサムズミリタリヤJWDと柄をつないでみました(笑)。
なんとほぼぴったり!!
細部は異なるのでローラーは別だと思うのですが、柄を同じ型からおこしているのでしょうか?
 右が中田商店
 左がサムズミリタリヤ
a0164296_22435221.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-06-25 22:53 | tiger stripe | Comments(0)

ドイツ連邦軍の迷彩ジャケット スプリンター迷彩31(破片柄迷彩)の場合

 前回のズンフムスター迷彩(ウォーターパターン迷彩/沼沢地柄)の記事で川村は、ドイツ連邦軍の装備は「注意深くヴェアマハト色を避けている」などと書いてしまいました。今回のスプリンター迷彩(破片柄)も漠然とBGS(連邦国境警備隊)のアイテムと思っていたからです。eベイなどでもジャーマンボーダーガードのものとして出品されたりしてたので、勘違いしていました。
 今回改めて確認してみると、このジャケットはBGSの装備などではなく、ドイツ連邦軍の装備であるといえそうです。であるならば、「注意深くヴェアマハト色を避けている」どころではなく、しっかり「旧ドイツ国防軍」色を継承していた(笑)ということで、前回の発言を訂正させていただきます。
 そんな訳で今回は、ドイツ連邦軍(Bundeswehr)において、1956年から60年頃まで採用された、大戦中のブントファルベンアンシュトリッヒ31(スプリンター迷彩/破片柄迷彩)によく似た迷彩柄について見ていきましょう。

ああっ!!
この人も着てたんだ!!!
a0164296_1021124.jpg


ジャケットの全景
a0164296_10223796.jpg


身頃を開いたところ
ファスナーとスナップボタンの二重留め
a0164296_10222462.jpg


袖のクローズアップ
ベークライト製?のボタン
a0164296_10223177.jpg


フォロントファスナーはなんと樹脂製!!
残念ながらスライダーは欠けてしまっている。
50年代に樹脂製ファスナーを実用化?しているとは!!(でもこのジャケット、ここが完全なオリジナル見たことない)
a0164296_10221743.jpg


右胸ポケットの様子
a0164296_1022595.jpg


右内ポケットの中 アイデンティファイラベルは既に読めない。
a0164296_10215891.jpg


襟のフラップの状況
a0164296_10215071.jpg


背面全景
a0164296_10214231.jpg


大戦中の陸軍パルカとの比較
a0164296_10213045.jpg


破片柄迷彩のパターンはほぼ同一!!
a0164296_10211951.jpg

関係ないけどキューブリックの映画「時計仕掛けのオレンジ」でもデヴォーチカを襲うワルモノが着てるよね。

連邦陸軍の写真(1960年)戦車はM-47!
a0164296_1015636.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-06-05 10:17 | 番外編 | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮 珠玉の80年代レプリカその2(東京ファントムおたまじゃくしデンスの巻)

 前回、前々回と「珠玉の80年代レプリカ」と称してSAM'S MIRITARIYAの、「マーティン・シーン」柄をご紹介した訳ですが、今回は、80年代初頭?に登場した旧東京ファントムさんの「TO78」系のレプリカの紹介です。

 右がオリジナルTO78
 左が、東京ファントム(旧)のもの
a0164296_14195736.jpg


 おなじく背面
a0164296_14195055.jpg


 スタンプ部のクローズアップ
 TP-M (TOKYO PHANTOMのMサイズ?)
a0164296_14194287.jpg


 KYAONAM.COMさんのページで紹介されているファントムのスタンプ
 TO78とスタンプが・・・
a0164296_14193290.jpg

 http://kyaonams.sakura.ne.jp/%8B%8Ckyaonam/uniforms-2.html 

 タッドポール部分の比較
 そっくりです。ただしTO78がツイル生地なのに対し、旧ファントムの製品は平織りです。惜しい。
a0164296_1419166.jpg


 ボタンの比較
 材質も含め、ほぼ同じです。 
a0164296_14185321.jpg


 パターンの比較
 並べて比べると異なることが判ります。惜しい。
a0164296_14184495.jpg


 突然ですが、カジュアルドメスブランド「クライミー」のシャツ
 タッドポール部分がみられませんが、生地もツイルで、パターンもオリジナルTO78にかなり似ています(笑)。ここ、数年の製品とは思うのですが。
a0164296_14182887.jpg

 写真の著作権はオークション出品者様にあります。
a0164296_141822100.jpg


 オリジナルのTO78と、東京ファントム(旧)のトラウザーズのコンビネーション 裾にコードは入らないタイプです。
 小ポケットの2つボタンに留意
a0164296_14175338.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-24 14:26 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮 珠玉の80年代レプリカその1(の2)

 前回、地獄の黙示録をタネにして、珠玉の(笑)80年代レプリカと称してSAM'S MIRITARIYAの、ジョン・ウェイン柄をご紹介した訳ですが、まあ、タイガーストライプを分類するにあたってもハリウッドのアレ映画「グリンベレー」よりはカンヌ「パルムドール」受賞の「アポカリプス・ナウ」をメルクマールとしたいのが人情です(笑)。
 ということで、以降、当稿では、ジョンソン用語でいうところのJWDをマーティン・シーン・デンス(Martin Sheen Dense)と勝手に読み替えることにします(きっと混乱するよね(笑))。

SAM'S MIRITARIYAの、ジョン・ウェインじゃなかったマーティン・シーン・デンス(MSD)柄のトラウザーズ
前回紹介したジャケットとは別ロットらしく、赤い「ミリタリ屋」のタグは付いていないタイプ。
APA発注のこのタイプにT.T.S.X.Q.T(需品生産センターTRUNG TÂM SẢN XUẤT QUÂN TRANG)のスタンプが押されるものなのかは不明
Q5はサイズ表記、07/62はコントラクト?年月
追記:あれっ?よく見たらT.T.S.K.Q.Tですね(笑)。何だろう?
a0164296_21334622.jpg


全景の写真を撮り忘れたので、うえ半分の写真
ボタンのタイプが前回紹介したジャケットと異なる。
ファスナはブラス製YKK
a0164296_2133374.jpg


実物マーティン・シーン・デンス(MSD)柄上着とのコンビネーション
あれ?裾にコードは入ってたっけな?忘れてしまいました。
a0164296_21332685.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-23 21:35 | tiger stripe | Comments(0)

「地獄の黙示録」リバイバル!!珠玉の80年代タイガーストライプレプリカその1の巻

 フランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」(1979)が、新宿シネマートを皮切りに国内でリバイバル上映されています。
それも、79年の旧バージョンで!!(個人的にはREDUX版よりも好みです)
 現在ではソフトもだいぶ安くなり手軽におうちで観ることもできるのですが、映画はやはり劇場で観ることで、だいぶ印象が違ったりもします。(でもシネマート新宿そんなに画面おおきくない気がするけど)
 日本全国で順次公開とのことですので、近くで公開されたらぜひ観に行きましょう。


 「地獄の黙示録」の公開によりベトナム装備やタイガーストライプの人気が高まり、80年代には多くの?タイガーストライプレプリカが作成された様子です。
 2016年から振り返ってみれば、オリジナルタイガーストライプの生産年(60〜70年代)とレプリカの生産時期である80年代は、そう変わらないようにも感じます。人によってはビンテージレプリカと呼ぶかもしれません。
 という訳で「珠玉の80年代レプリカ」(笑)と称して2回にわたり当時モノ(レプリカの)をご紹介していきます。
 まずはウイラード大尉に敬意を表して、Sgt.R.D.Johnson氏の「TIGER PATTERNS」にも記載のあるサムズミリタリヤさんのJWD(当時はこんな用語はなかったはずだけど)です。
※追記:「カンプマガジンOct/2002 通巻4号」の記事「虎縞模様型迷彩考」によりますとジョンソン氏の「タイガーパターン」の出版されるよりだいぶ以前の80年後半より、すでにこの柄のタイプを「ジョンウェイン」と呼称していたとのこと。興味深いです。(2016/4/24)

オリジナル(右)とサムズ製(左)の比較
デザインはR.ジョンソン軍曹のいう、アングロタイプ
サムズの赤いレーベルタグに留意
a0164296_2015447.jpg


サムズミリタリ屋(「TIGER PATTERNS」のようにmilitariaではない)のタグ
a0164296_20153674.jpg


背面の比較
左がサムズ製
a0164296_20152722.jpg


ジョンウェイン濃厚系のパターンの比較
オリジナルに比べ、エッジが細かい
(ただし、当時こういうオリジナルがあったのかもしれません)
a0164296_20151634.jpg


ポケットの比較
オリジナルは中央へ、サムズ製は外側に向け襠が開いている。
(ただし、当時こういうオリジナルがあったのかもしれません)
a0164296_2015161.jpg


袖のクローズアップ
両者とも、ツイル生地であることが判る。
a0164296_20144979.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-22 20:20 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮(その10) TO-74の謎(その2)

 前回の「タイガーストライプの迷宮その9」で、「P−Tタイガーの謎」http://parkashell.exblog.jp/21732955
と称してJWDパターンの個体の考察をした訳ですが、その胸ポケットからコントラクトの記された紙片が偶然出て来て、いわゆるP−Tタイガーは、『TO-74』であった可能性が明らかになったのでした。
 今回は、そのポケットから出て来た紙片の黒塗りをしている部分を解明しようという試みです。
 全くの偶然なのですが、つい最近、御厚意により譲っていただいたタイガーストライプを特集した古ミリタリー雑誌の記事に驚くべき記述があることに気づきました。「アームズマガジン1989年7月号」での本島治氏(たぶん)の記事です。
 順次写真にて説明していきたいと思います。

件の紙片
右下に黒塗り
a0164296_11381164.jpg


太陽光下で斜めから見るとうっすらと読めるかも。
ということで
目視観察では PU MI LONG BINII?かなとも思ってましたが、
撮影画像でみるとFU MI LONG BINH??
フミ ロンビン?
これべトナムのロンビン??
てっきり日本で縫製していたと思っていたこのタイガーストライプ、
ロンビンで縫製していたということでしょうか!! 
a0164296_1138115.jpg


また、偶然のタイミングで譲っていただいたアームズマガジンにも驚きの記事が!!
同じコントラクトの紙片の写真が載っているのでした!!
しかもTO-78(いわゆるタッドポールデンス)の!!
a0164296_11375338.jpg

月刊アームズマガジン1989年7月/通巻13号P79((株)ホビージャパン)

いやー、これってサイゴン近郊のロンビン(ビエンホア省)に日本企業の縫製工場があったのか??
それとも日本製生地を輸出して、現地企業が受託縫製していたのでしょうか?
70年代にもなると縫製も日本国内から海外に移転したということでしょうか?
また、TO-74とTO-78のコントラクト年月(71年1月)も一緒ということは、いわゆるTDDとJWDが同時期に発注、生産されたということになりそうです。
いやはや、なぞは深まるばかりです。

追記:当時ロンビンには米軍の補給基地があったようなので、調達元あるいは集積元などの記載なのかもしれません。謎です。
[PR]
by poemaquince | 2016-04-16 11:48 | tiger stripe | Comments(7)

タイガーストライプの迷宮(その9) 「P-Tタイガー」の謎 あるいはTO-74?!

 60年代JWDの実物と、80年代初頭に市中に出廻ったとされるいわゆる「P-Tタイガー」の比較をやろうと思い立ち、撮影した後の片付けの最中のできごとです。
 胸の箱ポケットの形状が判るようにポケットの中に入れていたキッチンペーパーをごそごそ取り出したところ、一緒にポケットに隠れていた小さな紙片も出て来ました。
 「えーっ!!!、何コレ?」
 以前「TO-78」タッドポール柄 http://parkashell.exblog.jp/19452316
の考察で、言及したAPAのコントラクト伝票と同じようなものが、P-Tタイガーの胸ポケットから出て来たのです。
 P-Tタイガーといば、よくできた「レプリカ」とばかり思っていた川村ですが、この紙片をみる限り、APA(US Army Procurement Agency Japan)が調達していた実物ということになります!いやはや、そうだったんだ!!
 コントラクト記号?も DAJB09-70-C-TO74    
  S- 1/71
・・・TO-74!!
 70会計年度予算、71年1月契約?ものということでしょうか。
 実用で着るときはポケットの中はチェックするけど。デッドで保管していたのでノーチェックでした。いやまさかこんな紙片がはいっていたとは。
70年代にもジョンウェイン(濃密系)柄が生産されていたということでしょうか。ただ、裁断が、C2B-EXP-3P1(袖がカフタイプ/胸ポケ2つボタン/ポケットボタン露出/全体3つポケット/腕ポケ1つボタン)というUSサイズによく見られるタイプなのにASIANという表記になっていたりします。謎です。まあ、TO-78も裁断はN2B-EXP-2P(ノンカフ/胸ポケ2つボタン/ポケットボタン露出/全体2つポケット)だしね。アジアンであってもそうおかしくはない?
 では、さっそく見ていきましょう。

ジョンソン氏「タイガーパターンズ」において、「ジョンウエイン(濃密系)」に
分類される柄
 右:60年代もの、左:いわゆる「P-T」タイガー
a0164296_20372784.jpg


 背面全景
a0164296_2037011.jpg


 エの字(と勝手に呼んでいます)
a0164296_20362387.jpg


 パターンもほぼ踏襲
a0164296_20324877.jpg


 サイズスタンプ類の比較
 左:RVN(?)
   P-T
   15(サイズ)
 右:US-S(サイズ)
a0164296_20323645.jpg

 
 胸の「箱ポケット」の比較
 「P-T」は外側に襠(マチ)が広がり、60年代ものは中央に向かって広がっている。ポケット開口部、「P-T」は縫付けてあることに留意(付箋にて示す)
a0164296_20322494.jpg


 60年代型JWDのボタン裏側、段差のないラウンドバックタイプであることに留意
a0164296_2032965.jpg


 襟の裏の比較
 60年代型JWDの補強ステッチに留意
a0164296_20315927.jpg


 そして、問題の紙片!!P-Tタイガーの胸ポケットにこんなものが入っていたとは!
a0164296_20315056.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-10-12 20:39 | tiger stripe | Comments(2)

どひゃー!こんなジャングルファティーグ1stが!!

 「ドローン オブ ウォー」(ちょっと変な邦題だけど)を六本木に観に行った帰り道、たまたま寄った吉祥寺の「フラミンゴ」さんで、こんなトロピカルコンバットコートをみつけました。
 最初にちらと見えたときは、非常に状態の良いニアミントの1stと思っただけで、そのまま通り過ぎたのだけど。うーん、何か印象が違う、と感じてもう一度通路を戻ってお店の天井近くの壁面にかけてあるコートをあらためて観察してみました。そう、よく見ると生地の質感が異なり、若干テカるのです。
 あれれ、コットンポプリンじゃない?!と思い、お店のおねえさんにお願いしてよく見えるよう、展示からおろしてもらいました。
 で、手にとってみるとやはり感触がコットンポプリンと異なります。これナイロンの混紡では! 念のためお店のおねえさんにもご意見を聞いてみましたが、生地の感じもかたく「コットン・ナイロン」ではないかとのことでした。
 いやはや、ジャングルファティーグにもコットンナイロンの個体が在ったとは!
 これは記録せねばと思い、お店の許可をいただき、撮影させていただきました!  

非常に程度の良いジャングルファティーグ1st cotton-nylon
オリジナルにコットンナイロン製が存在したとなれば、中田ファティーグの解釈もアリだった訳ですね。
a0164296_19587100.jpg


サイズは、S−R 60年代中期独特の英連邦サイズ併記バージョン
a0164296_1958583.jpg


インストラクションとIDラベル
63会計年度品にくらべインストラクション8.の文言が追記されている。
"携行装備がポケットを覆うことが無いようにこの上着は通常より長めに作られている。"
a0164296_19575221.jpg


64会計年度品
a0164296_1957368.jpg

しまった!フロントボタンの数をかぞえるの忘れた!

記述者川村にはとても手が出ませんが、ご興味ある方は「フラミンゴ」吉祥寺店へいそげ!たしか5万数千円でした。
a0164296_19584544.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-10-03 20:04 | 番外編 | Comments(2)

タイガーストライプの迷宮(その7) SAM'S「カンプ マガジン」を入手!

 先日、池袋にある「サムズミリタリ屋」さんに行ってきました。お目当てはミリタリ屋さんが発行していた同人誌「カンプ マガジン(Kampf magazine)」です。
 2001年に第1号が発行され、現在2007年1月(第5号)まで発行されております。残念ながら第1号は売り切れておりましたが、2号から5号までは若干の在庫があり現時点で4冊とも入手可能でした。また、特別価格ということで1冊600円でした。
 今回、そのカンプマガジンを入手したところ、タイガーストライプに関する特筆すべき記事がありました。2002年1月号(第2号)にて、MASHの福岡伸介氏が「考察・NAM戦タイガー その調達ルートと系譜」という記事を書かれていいます。以前(2013年11月)当ブログ(タイガーストライプの迷宮「U.S. Army Procurement Agency,Japan(アメリカ陸軍調達庁) の巻」http://parkashell.exblog.jp/19064571や、「MADE IN RYUKYU?」http://parkashell.exblog.jp/19070189/)にて推測した様々な課題が10年前にしっかりと調査され記述されているのでした。
 そのほかにも、カラーページもふんだんにチャーリー野本氏のべトナム人民軍・解放戦線の被服装備やリエナクメントのレポート、伝説の同人誌「カンプ イン アクション」の記事を彷彿とさせる読み物「戦争映画のぱぴぷぺぽ(かきくけこさむ氏)」や「バカモデリング講座(KG同人十川氏)」などなど、貴重な情報がてんこ盛りです。興味の有る方にはおすすめです。
a0164296_22513193.jpg


「考察・NAM戦タイガー その調達ルートと系譜」
ローラープリントの図解なども非常に参考になる。
a0164296_22512263.jpg


「考察・NAM戦タイガー その調達ルートと系譜」
各モデルの生産時期(推定)
a0164296_2251974.jpg


虎縞模様型迷彩考(part2)
第4号に掲載されているジョンウェインパターンの考察です。
残念ながらpart1は、品切れの1号に掲載されていた模様です。
a0164296_22505853.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-08-24 23:05 | tiger stripe | Comments(0)