M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:古着系 ( 62 ) タグの人気記事

RAFの航空整備服??と思ったらJNR被服だった!

古着屋さんの店頭で、見慣れないジャケットを見かけました。
珍しいので手にとって観察します。
ブルーグレーの短ジャケットで、左胸に片ポケットでフラップは斜めです。腰にスラッシュポケット、ウエストタブつき、おまけに楕円のウォッチポケットまで!!なんじゃこれ?ウオッチポケットまで付いてるなんて航空機関係?この色なら英軍?ちょっとブルーが強い?イタリアあたりかな?などとユーロサープラス系を思い浮かべてました。
ところが、襟裏のステッチや袖の形状、プラボタンもラウンドバックで60年代のタイガーストライプみたいなディテールです。ボタンの裏には謎の刻印も!

謎ジャケット全景
a0164296_0305620.jpg


背面全景、ウエストにはアジャストタブが!
a0164296_03020100.jpg


胸の斜めフラップポケット
腰のスラッシュポケットは、ボタン留め
a0164296_030113.jpg


右ポケットにはウォッチポケットまで!
a0164296_030117.jpg


ハンガーループつき、襟の裏には補強ステッチ
a0164296_0294278.jpg


ラウンドバックのプラボタンには「T.E.C」の刻印!
a0164296_0292114.jpg


ジャケットを開くと、コントラクトラベルが!!
謎が解けました(笑)。
a0164296_028535.jpg


1966会計年度の日本国有鉄道の技術服(?)らしいです。
でも、短ジャケット型は、ネットで検索してもでてきません。
このタイプ、たまかずがすくないのかな?
a0164296_0283910.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-03-20 00:38 | 番外編 | Comments(0)

M-65ジャケットの洗濯(インシデントレポート(笑))

 わたしは、古いパーカやジャケットについては基本的に洗わないことにしています。ですが、取得した時点でだいぶ汚れていたり、実用で着る場合には洗わざるを得ない場合もあります。そんなわけで今回は、M-65フィールドジャケットのお洗濯(含インシデントレポート)についてです。
 パーカやフィールドジャケットは、基本的にコットンまたはナイロンコットンなので普通に洗濯機でごろごろ洗ってしまえば良いと思われますが、洗濯機は結構リスキーです。洗濯機では、いくつか失敗を経験しています。
 ひとつはM-65パーカ(初期)のスライドファスナ破損事故、もうひとつはM-43ジャケットの生地裂け事件です。
 パーカのほうは、ファスナーを閉じずに(家人が)洗濯機にかけて、脱水工程でスライダーの引手(鋳造タイプ)が折れてしまった事例、M-43ジャケットのほうは、(自分で)フロントボタンを閉じて洗濯機にかけたところ、水流でボタンに力がかかって生地ごと裂けてしまった事例です。それ以来、洗濯が恐くてたまりません。
 しかしながら、今年の冬はM-65JKTで過ごそうと考え、洗濯を実施する事にしました。しかも手洗いなら安全かなと思っていたわけでした。

 まずは、ジャケットのインストラクションラベルの確認です。
今回の洗濯物は、67会計年度、アレン オーバーオール カンパニー製
a0164296_22301431.jpg

インストラクションの一番下の行に
Launder with mild soap or synthetic detergents.
「マイルドな石けんもしくは合成洗剤で洗濯しなさい。」と書いてあります。
いやまあ、そーなんですけどね。
a0164296_2230636.jpg


洗う箇所の点検です。
入手時よりなぜか、内側肩の生地が茶色く変色(木製ハンガーのニスが移った?)しているのでそこを重点的に洗う予定です。
a0164296_22295545.jpg


あと、腰ポケット。 
生成りコットン生地のタイプですが、ポッケの中はごみがたまりやすいところでもあります。
a0164296_22294083.jpg


結んである腰のドローコードはほどいておきます。
a0164296_22293027.jpg

a0164296_22291574.jpg


本体生地の汚れもチェックです。
右上腕および右胸ポケットフラップに原因不明の黒い汚れ
汚れ部分に液体洗剤原液をつけておきました。
a0164296_22285993.jpg


肩の茶色い汚れは液体洗剤をつけたブラシでこすります。
が、茶色の落ちはよくありません。
a0164296_2228464.jpg


落ちが悪いので調子に乗ってもみ洗いしたら
「ああっ!」取り返しのつかない事がっ!!
もともと弱っていた生地なのか、水にぬれただけで非常に脆くなり弱い力にも耐えきれずに破れてしまいました!!
肩の色落としは中止です(涙目)。
a0164296_22282938.jpg


ポケットの中は、普通の石けんでごしごし洗いました。
生地は健全ですが、黄ばみはとれません。そこはやむなし。
a0164296_22281838.jpg


最後は「おしゃれ着クリーニング用」液体洗剤で押し洗いして、洗濯機で脱水でした。
a0164296_22281013.jpg


洗濯後の内側肩部分の状態
洗剤でこすったところは茶色が落ちるというより生地の色そのものが落ちてしまっている状態 穴もあいてしまい、またひとつインシデントの「警鐘事例」となってしまいました。
a0164296_2228371.jpg


その後
ちなみに、71会計年度 アルファ インダストリーズ インク製のインストも確認してみると
a0164296_22274130.jpg

a0164296_22273223.jpg

9. For cleaning and restoring of water repellency, return to laundry for machine washing in accordance with established procedures for quarpel treated garments.
「9. 洗浄と撥水性の回復のため、クアペル(米軍の撥水加工生地)衣料処理手順に従って洗濯機にて裏返して洗濯する。」
えーっ、クアペルの洗濯手順?と思ったら「こちら」に記事がありました。
https://www43.atwiki.jp/newrose/pages/69.html
[PR]
by poemaquince | 2016-12-28 22:37 | 番外編 | Comments(0)

いろいろなライナーコートその5 その他古着屋さんで見かけるライナー図鑑

 さて、いろいろなライナーシリーズ最終回は、その他、古着屋さんなどでよく見かける(かもしれない)ライナーについて、ざっくりご紹介したいと思います。(別稿の使い回し写真もあるけど許して)

 ファー付きフードとプルオーバー型デザインで、「ベアーパーカ」などとして人気のあるライナー(左)裏地のつかないもこもこのウールパイルです。
 先日も吉祥寺の古着屋さんでおしゃれ女子が試着していました。お買い上げになられたのでしょうか?
 それに対応するシェルは、右のコットンO.D.パーカ、通称M-43プルオーバーパーカです。
a0164296_0134913.jpg


 今年は、この型のライナーも古着屋さんの店頭で多く見かけます。アメリカ空軍のフィールドコートライナー
 こちらも、もこもこのウールパイル地になります。袖がニットカフになっています。
a0164296_013274.jpg

 上記ライナーを本体に取付けた写真
 USAFフィールドコート
a0164296_013221.jpg


 おなじみM-51パーカのウールパイルライナー
 フィールドジャケットと比較して丈が長い。ボタンホールの数に留意
a0164296_013641.jpg


 なかなかお目にかかれないM-48パーカのウールパイルライナー(右)とEX-48-1パーカのグラスウールライナー(左)
a0164296_0131529.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-12-17 08:11 | 入門編 | Comments(0)

いろいろなライナーその4 オーバーコートパーカタイプM-45とM-47を比べてみる

 さて、いろいろなライナーシリーズ(笑)その4は、1940年代の後半に採用され主に朝鮮戦争で活躍した、オーバーコートパーカタイプ、いわゆるM-47パーカコートのライナーをくらべてみましょう。
 一般にM-47という通称で有名ではあるのですが、その前身モデル(パターンデータが1945年のもの)があることはあまり知られていませんでした。
 11月12日付の「ライナーコートが流行って・・」http://parkashell.exblog.jp/23358081の記事にて言及した「大戦型オーバーコートパーカタイプ」がこれに該当します。当稿では、大戦型のオーバーコートパーカタイプを「M-45」、戦後型を「M-47」と便宜的に仮称しますが、品名は両者ともあくまで「オーバーコート・パーカタイプ」で特に区別されていないことにご留意ください。(っていうか「入門編」の割にだんだん細かい話になってしまってすみません)


 オーバーコート・パーカタイプ用ライナーの全景
左 M-47
右 M-45
 M-47のライナー生地はクリーム色(あるいはグレー色)のもこもこウールパイル生地に、袖は鳶色のフェルト生地の切り返し、カフはウールニットで構成される。また、M-45のライナーと異なりフードが縫い付けとなっている。
 M-45のライナーは、茶のチント植毛パイル生地で腕もどうようの生地、カフはM-47と同じ仕様でウールのニット
 両者ともスナップファスナ(ドットボタン)にて本体に取付ける。袖にボタン取付用タブがついていることに留意
a0164296_23101414.jpg


 ライナーを本体に取付けたところ
左 M-47
右 M-45
 M-45のチントファーは、ライナーではなく本体側についている。
a0164296_2310140.jpg


 オーバーコート・パーカタイプの全景
a0164296_2391321.jpg


 フード部分の拡大
 両者のフードの造りの違いにご留意ください。
a0164296_239570.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-12-16 08:06 | 入門編 | Comments(0)

いろいろなライナーその3 M-50とM-51を比べてみる

 さて、いろいろなライナーシリーズ(笑)その3は、50年代を代表するフィールドジャケットのM-50とM-51ライナーをくらべてみました。
 古着屋さんの店頭で見分けるときに参考にしてください。(と書いてから思ったけど、もっとディテール写真と観察項目を挙げないとちょっと判りにくかったかも。)

フィールドジャケット用ライナーの全景
左 M-51
右 M-50
一見似ていますが、M-50ジャケットの開襟に対応する形で、M-50ライナーは襟周りのパイル生地をグリーンの生地で覆っています。
また、袖のボタン留め用タブがM-51は2つであるのに対し、M-50がひとつである事がわかります。
(なお、当M−50ライナーの個体は右襟についているボタンがひとつ欠落しています。)
a0164296_221636.jpg


左 M-51
右 M-50
写真にはあまり写ってませんが(撮り忘れました)、M-51の脇下および腕関節部分にはパイル生地が抜けており、そのかわりグリーン生地で覆われています。
M-50の脇下は、スリットのままです。また、腕関節に切れ込みはありません。
a0164296_22155639.jpg


M-50のコントラクトラベル
1951年4月のコントラクトである事がわかります。
コントラクターは、SKYLINE CLOTHING CORP.
パターンデータは1950年12月27日
MIL-L-10800(QMC)?
a0164296_22154399.jpg


M-51のコントラクトラベル
(この個体はラベル縫付けですが、スタンプ印字のタイプも非常に多く観察されます。)
フィラデルフィア主計補給厰(Phila.QM Depot)直営の製品と思われます。
直営品はコントラクトデータが無いため、生産年度が特定できません。
ただし、品名が「ジャケット」の表示のため比較的初期(遅くとも1953年)のものと推測されます。
パターンデータは、1951年9月13日
a0164296_2215336.jpg


同じくM-51のインストラクションラベル
a0164296_22152514.jpg


追記
以前立川の公園で撮ったM-50ライナーの写真が出て来たので掲示します。
デフォルトで右襟に尿素ボタンがついている事に留意
a0164296_23211461.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-12-15 08:13 | 入門編 | Comments(0)

いろいろなライナー M-51/M-65フィールドジャケットの場合(入門編)その2

 さて、前回のM-43、M-50フィールドジャケットライナーに引き続き、今回はM-51、M-65ジャケットのライナーについて見ていきましょう。
 50年代から60年代初頭にかけて防寒用のライニングとしてパーカやフィールドジャケット、あるいはMA-1などのフライトジャケットに多用されたウールパイル生地ですが「重くてかさ張る」ということは着用を経験された皆さんもご存知の通りと思います。そんな声が当時の米軍衣料調達機関にも寄せられていたのでしょう。そんな事情で次世代の防寒ジャケットにはナイロンわたの軽量なライナーが採用されたのだと思われます。

フィールドジャケット用ライナーの全景
左 M-65
右 M-51
M-65は、ナイロンわたの軽量なキルティング生地、M-51はウールパイル地にシルクやナイロン生地などで内張している。
a0164296_22424678.jpg


ジャケットに装着した写真
左 M-65
右 M-51
a0164296_2242455.jpg


身頃を開いたところ
左 M-65
右 M-51
a0164296_22411625.jpg


M-65フィールドジャケット用ライナーのバリエーション
左 70年代のもの
右 60年代のもの
キルティングの密度に留意
a0164296_22405916.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-12-13 22:44 | 入門編 | Comments(0)

いろいろなライナー M-43/M-50フィールドジャケットの場合(入門編)その1

 さて、先月の記事で、おしゃれ古着業界での静かな「ライナーブーム」の事を書いてみたわけですが、そうなると、じゃあそのライナーって本体はどんななのよ?と知りたくなるのが人情です。そんなわけで「入門編」としていくつかのライナーを比べてみようと思います。第一弾は、フィールドジャケットに於けるレイヤードシステムの草分け(?)となるM-43ジャケットから見ていきたいと思います。
 はじまり、はじまりー

フィールドジャケットライナーの全景
左 M-50
右 M-43
左のM-50は、ウールパイルが剥き出しなのに比べM-43ライナーは薄いコットン生地で覆われている事に注意
a0164296_2326196.jpg


同じく身頃をひらいたところ
a0164296_23261191.jpg


M-43「ライナー」のインストラクションラベル
「ジャケット, フィールド, パイル, O.D」という表記に「ライナー」の文字が無い事に留意
インストラクション表記では、M-43ジャケット以外にも、ODのプルオーバーパーカやホワイトパーカの下に着る事を意図している。また、アウターとしては想定していないが、屋内では単独着用を可としている事がわかる。(実際、当時の写真ではアウターとしての着用の写真がたまに見られる。)
a0164296_2326016.jpg


ジャケットに重ねた写真
ご承知のとおり、M-43とM-50の外観は全く同じである。
左 M-50
右 M-43
a0164296_23255273.jpg


身頃を開いたところ
M-43ジャケットにライナー用のボタンを取付けたものが、M-50(あるいはM-43MQ-1)と呼ばれる。実際の生産では、M-50やMQ-1として作成されたものと、既存のM-43をM-50にモディファイしたものの両者が観察される、
左 M-50
右 M-43(何らかの形でジャケットに固定されているわけではなく、あくまで重ね着(笑))
a0164296_23254341.jpg


「いろいろなライナー」その2につづく
[PR]
by poemaquince | 2016-12-12 23:36 | 入門編 | Comments(0)

タイガーパターン 恐るべし日本のドメスブランド!マニアックな魂に脱帽

まずは、このアーリーパターン(ジョン・ウェイン・スパース)のユティリティシャツとパンツ(BUT-5P2)をご覧ください。
これ、実はどちらかがレプリカなのですが、遠目にはわかりません。
a0164296_03615.jpg


パターンの比較です。
右がシャツで、左がパンツです。
「お化けの腕」(http://parkashell.exblog.jp/19701384)や、「泳ぐ生き物」(http://parkashell.exblog.jp/23253734)に挟まれて、「アーリーパターン」(JWS)にみられる「ウロボロス(へび)の開いた口」(くの字)もみられます。
a0164296_0355422.jpg


右がシャツで、左がパンツです。
下方には「ひよこ」(http://parkashell.exblog.jp/21294043)もいます。
件のファティーグボタンは、つやつやです。
どちらがレプリカか、わかりましたでしょうか?
えっ?ユティリティシャツの形(カット)が新しすぎる?そうですね。良い着眼点ですね。
a0164296_0353453.jpg


答えはこちらでした。
a0164296_0371884.jpg


高品質ドメスティックブランドの「MARKA WEAR」さんのアイテムでした。
いやはや、アーリーパターン(JWS)をすばらしくリアルに復元しています。
a0164296_0354524.jpg


背面のパターンもこのとおり
アーリーパターン(JWS)の特徴を実によく再現しております。
そのこだわりに脱帽です。
a0164296_0352455.jpg

ロゴ刻印いりのファティーグボタン、はじめ、平ボタンに替えちゃおうかとも思ったけど、もったいないので止めました。
a0164296_0351252.jpg


企画されたデザイナーさんの解説のページ→(http://parkingmag.jp/work/4346/?nomobile)です。ご参照ください。
レギュラーの展開では、上着は「USアングロカット(C2B-EXP-3P1/カフ袖、胸2ボタン露出、3ポケット腕1ボタン)」とファティーグタイプで、今回のユティリティは、コラボレーションの企画品みたいです。個人的にはこの生地でアジアンタイプ(C1B-COV-2P/カフ袖、胸1ボタンフラップ覆、2ポケット)で、モデル化してほしかったけど、贅沢はいいません。(あと、これも仕方のないことなのですが、価格的にオリジナルとあまり差がないというところは、もう、どうしてもハードルが高くなってしまいます。)
[PR]
by poemaquince | 2016-11-13 00:50 | tiger stripe | Comments(0)

”吉祥寺カジュアルでいこう” 「コートライナー」が流行ってうれしいけど、ちょっとかなしいの巻

秋も深まり、日に日に風が冷たく感じられます。
ここ数年、まちのおしゃれ女子の間で(アウターとして)ライナーを羽織るのが流行っている(笑)ようで、たまにまちで見かけたりしました。
今年もその傾向は続いていて、先日も吉祥寺駅のエスカレーターで、とても程度の良いM-51JKTライナーを上手に着こなした女子を見かけました。おしゃれで似合ってはいたので、それはそれで良いのですが、光沢のある明るいオリーブ系鳶色の表地の状態も、乳白色のパイルの状態もとてもきれいでほぼデッドストックな状態です。「いや、着潰さないで、保存してほしい」と反射的にはおもってしまうのでした。
古着屋さんでもライナーが「動く」商品となったのか、結構店頭にあったりします。先日、店頭で「オーバーコートパーカタイプ(いわゆるM-47)」のレアな大戦型のライナーが女性ものコーナーのハンガーに吊るしてあるのを見かけました。スナップファスナのソケットが一カ所欠けてはいましたが、ニットカフやチントパイル毛の状態も非常に良く、気になります。そのとき「押さえちゃおう」とも思いましたが、あと2週間もすれば、特売日になるし、こんな毛むくじゃらのライナーなんて誰も買わないだろうと思い、特売日まで待とうと考えたのでした。三日後、念のため狙っていたライナーを見に行ったところ、もはや後の祭り、既にどなたかがお買い上げになったあとでした。日本のおしゃれ女子恐るべし!あの、65年も前の毛むくじゃらのライナーをどのように着こなしているのか!是非見てみたい気がします。一方、パイル生地が劣化して植毛がハゲハゲの私の「オーバーコートパーカタイプ(大戦型)」のライナーは、更新計画が見送られ未だハゲハゲのままここにあるのでした。
M-65系とかのナイロンキルティング系とかならまあいいけど、レアなアイテムが消費されちゃうのはちょっと悲しい。

吉祥寺の別の古着屋さん
M-50ジャケット用ライナー 探している人多いんじゃない?
(吉祥寺フラミンゴさん)
a0164296_1421333.jpg


おお、まさにわれらが Liner,parka,M-1951 !!
出典 http://curet.jp/article/7698
a0164296_142771.jpg


右のひと、M-47??それともBWのパルカ??
(出典 同上)
a0164296_142117.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-11-12 01:45 | 番外編 | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮(その18) デンスとかスパースとか

 R.D.ジョンソン氏のパターンブックにて定義されるタイガーストライプの柄は、同じ柄の系列ごとのヴァリエーションモデルをデンス(Dense:濃厚)とかスパース(Sparse:希薄)とか名付けてサブカテゴリーとして分類しています。
 このデンスとかスパースとかの区分について、ネット上のありがちな情報(とか、日本の"ウォーキッズ"雑誌)では、プリントのロール径とか柄(特に黒い部分)の分布の密度などによる分類のように説明しようとしたりしていますが、すこし違うようなのです。
 ジョンソン氏はこの概念について「定義」を説明はしているのですが、かなり独特の概念のためか、英文を読んでも実のところはっきりとは良く解りません(笑)。が、あえて忖度すると、新しいエリアに「特定の柄」が現れたら「スパース」で、同じ系列でもその「特定の柄」が省略されていれば「デンス」というようなことのようなのです。もちろん「特定の柄」が挟まっているほうが、柄の大きさが「同じ場合」には垂直方向の距離は「長く」なるのですが、必ずしも距離(ローラーの径)で区分しているわけではないようです。(いっぽう、実際のところ同一の基本カテゴリー内でスパースとデンスを比較すれば、やはりスパースのほうが距離は長いといえそうです。)

で、書籍より「定義」の部分を引用すると、

Sparse:(希薄/疎)
When the unique, additional pattern modification area "is found" to have been included upon any particular pattern, then that pattern has been visibly expanded somewhat through that area's inclusion and is termed by myself to be in its sparse form, since the pattern has now been somewhat aspersed, or amplified through its inclusion.
Dense:(濃厚/密)  
When the unique, additional pattern modification area "is not found" to have been included upon any particular pattern, then that pattern has been visibly reduced somewhat through that area's omission and is termed by myself to be in its dense form, since the pattern itself has been somewhat condensed, or diminished through its omission.
 Sgt.R.D.Johnson, 「Tiger Patterns」pp.66-67 (Schiffer Pub Ltd.1999)


(要旨の仮訳)
スパース
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ある」とき、そのパターンはその領域の内容(柄?)によって見た目が拡張され、著者によりスパース(希薄系)フォームと名付けられ、以来、幾ばくかの批判(中傷)はあるにせよその内容(ターム?)は広まって来た。
デンス
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ない」とき、そのパターンはその領域内の柄を通じて見た目が縮小、濃縮され、あるいは省略により脱落しているゆえ、著者によりデンス(濃厚系)フォームと名付けらた。

「特定の柄」はかなり任意に選んでいる様子なので、いろいろな批判があることはジョンソン氏自身も書いています。(批判というよりはご本人は中傷と受け取っているようですが)
いずれにせよ、素人が訳しているだけなので和訳が見当違いの可能性もあります。あくまで仮のものとしてご参考ください。(川村のちから不足もありますが、ジョンソン氏の英文もけっこう悪文(笑)のように素人的には感じます。)

タッドポール(おたまじゃくし)パターンでのデンス(左)と、スパース(右)の例
タッドポールスパース(右)の場合、おたま柄の上にいる「泳ぐ生き物みたいな柄」(囲んで示す)をジョンソン氏は「任意の特定柄」としています。
a0164296_2375331.jpg


タッドポールデンス(右)には、この「泳ぐ生き物みたいな柄」が省略されているので「デンス」であると説明しています。
(例が判りにくくてすみません。大事な部分がポケットに隠れてしまって確認できない(笑)のですが)
a0164296_238811.jpg

なんてゆうか、基本カテゴリーの「おたまじゃくし」の命名は秀逸と思うけど、サブカテゴリーは、タッドポール(TO-78)とかタッドポール(シルバー)とかにしたほうが判りやすい気がするんだけど。
[PR]
by poemaquince | 2016-09-30 23:12 | tiger stripe | Comments(2)