M-51Parkaに関する2,3の事柄

タグ:フィールドジャケット ( 9 ) タグの人気記事

M-50フィールドジャケットについて私が知っている二、三の事柄(その2)

(前回からのつづき)
 M-43ジャケットにライナーシステムを組み込んだジャケットは、「M-43 MQ-1」とか「M-1950」とか「M50」とか表示(呼称)されているというお話でした。
 で、わたくし川村は、「それってみんなおんなじダヨね。」と迂闊にも思い違いをしていたわけでした。今回、(春なのに)たまたまM-43/MQ-1にライナーを取付けようとして「アレっ?」と気がついたわけなのでした。
 では、写真を見ていきたいと思います。

M-50にライナーを取付けるときにいつも不思議だった「謎ひも」の用途は?
a0164296_2345929.jpg


なんと、M-1950の背側に取付けのボタンが無く、ジャケットのハンガーループに結びつける用途という事が判明!
a0164296_2344241.jpg


ということで、それぞれのジャケット内側を確認します。
まず
M-50の内装
向かって右にライナーボタン4個
向かって左にライナーボタン5個
背首にライナーボタン2個
a0164296_2343269.jpg


M-1950の内装
右にライナーボタン4個
左もライナーボタン4個
背首にはボタンがみあたらない。
a0164296_2342238.jpg


M-43/MQ-1
右にライナーボタン4個
左もライナーボタン4個
背首にはボタンがみあたらない。
ということで、M-1950と同じ仕様
a0164296_2341226.jpg


その3へつづく
[PR]
by poemaquince | 2017-04-22 23:09 | フィールドジャケット | Comments(0)

M-50フィールドジャケットに関する2、3の事柄(その1)

 M-50フィールドジャケットという名前で知られる「M-43ジャケットにライナー用ボタンを付けた」ジャケットは、表示が「M50」とか「M-1950」とか「M-1943 MQ1」とかあったりします。基本はまあ、おんなじものだよね。とタカをくくっていたわけですが、ところが今回、あらためて観察してみるとまたまた謎が深まったりするのでした。

 それぞれの個体を観ていきます。
 『M50』の全景 サイズ38L(38ロング)
a0164296_18465116.jpg

 
 ボタンの下方に「M50」のスタンプがかろうじて観察される。従ってこの個体は、M-43として生産されたストックに、あとからライナーボタンを追加してM-50にモディファイされたものと推測される。のこされたミシン糸から判るようにインスト?ラベルは失われている。
a0164296_18464139.jpg


 残念ながら右ポケットのなかのコントラクトラベルは失われている。ポケットの内袋が、グリーンのヘリンボン生地であることに留意
a0164296_18463126.jpg


 『M-1950』の全景 サイズR-S(スモールレギュラー)
a0164296_18462282.jpg


 サイズラベルとインストラクションラベル
a0164296_18461415.jpg


 右ポケットのなかにコントラクトラベルは見当たらない。
a0164296_18455981.jpg


 『M-1943 MQ-1』の全景 サイズ34S(34ショート)
a0164296_18454954.jpg


 サイズラベルとインストラクションラベル
a0164296_1845415.jpg


 右ポケットのコントラクトラベル
 1948年10月契約
a0164296_1845323.jpg

 この項、つづく
[PR]
by poemaquince | 2017-04-21 18:53 | 入門編 | Comments(0)

いろいろなライナー M-43/M-50フィールドジャケットの場合(入門編)その1

 さて、先月の記事で、おしゃれ古着業界での静かな「ライナーブーム」の事を書いてみたわけですが、そうなると、じゃあそのライナーって本体はどんななのよ?と知りたくなるのが人情です。そんなわけで「入門編」としていくつかのライナーを比べてみようと思います。第一弾は、フィールドジャケットに於けるレイヤードシステムの草分け(?)となるM-43ジャケットから見ていきたいと思います。
 はじまり、はじまりー

フィールドジャケットライナーの全景
左 M-50
右 M-43
左のM-50は、ウールパイルが剥き出しなのに比べM-43ライナーは薄いコットン生地で覆われている事に注意
a0164296_2326196.jpg


同じく身頃をひらいたところ
a0164296_23261191.jpg


M-43「ライナー」のインストラクションラベル
「ジャケット, フィールド, パイル, O.D」という表記に「ライナー」の文字が無い事に留意
インストラクション表記では、M-43ジャケット以外にも、ODのプルオーバーパーカやホワイトパーカの下に着る事を意図している。また、アウターとしては想定していないが、屋内では単独着用を可としている事がわかる。(実際、当時の写真ではアウターとしての着用の写真がたまに見られる。)
a0164296_2326016.jpg


ジャケットに重ねた写真
ご承知のとおり、M-43とM-50の外観は全く同じである。
左 M-50
右 M-43
a0164296_23255273.jpg


身頃を開いたところ
M-43ジャケットにライナー用のボタンを取付けたものが、M-50(あるいはM-43MQ-1)と呼ばれる。実際の生産では、M-50やMQ-1として作成されたものと、既存のM-43をM-50にモディファイしたものの両者が観察される、
左 M-50
右 M-43(何らかの形でジャケットに固定されているわけではなく、あくまで重ね着(笑))
a0164296_23254341.jpg


「いろいろなライナー」その2につづく
[PR]
by poemaquince | 2016-12-12 23:36 | 入門編 | Comments(0)

空軍型フィールドジャケット USAF COAT MAN'S FIELD(入門編)

 ラウンドカラー(丸襟)とラグランスリーブ(丸肩切替袖)が独特のUSAFフィールドジャケットです。(・・・マイナーなファッションアイテムとしてもすこし面白いかもしれませんが、ドットボタン付き貼付け4つポケットを含め、この形を着こなす難易度はかなり高そうです)
  採用年度が何年度かははっきりしませんでしたが、1950年代に MIL-J-4883 JACKET,MAN'S,SINGLE BREASTED SAGE GR.,CTN.,STN.,USAF SH.509,HOOD W/DRAWCORD CLOSURE, WRT として採用されました。
   参考:http://realcompany11.main.jp/newpage375.html
 50年代のモデルは上述の表記のごとく、空軍シェード509のセージグリーンの生地でしたが、1960年前後にOG107の生地に移行しています。

 60年代のオリーブグリーン生地のAFフィールドジャケット(フィールドコート)のMIL規格のナンバー表示は、MIL-J-4883表示のものとMIL-C-4883表示(65年以降?)のものと両方が観察されます。
 ということで、64会計年度の個体についてみていきましょう。

USAF COAT MAN'S FIELDの全景
同時代のM-51系のフィールドジャケットと異なり、正面は普通のボタンのみにて留める。
a0164296_2213335.jpg


同コントラクトラベル。
DCISC DIR. OF MFG. はDSA傘下の製造部門?
a0164296_2211758.jpg


シェルにライナーを装着したところ
正面のフロントボタンやライナー取付けボタンの状況が良くわかる。
a0164296_2211837.jpg


丸襟のなかからフードを取り出したところ
第一ボタンのみ隠れていない点に留意
袖の切れ込みからライナーのカフが見えていることに留意
M-43〜65のフィールドジャケット等と異なり袖のマチがないことが分かります。
a0164296_2204151.jpg


同じく拡大したところ
a0164296_221355.jpg


ウールパイルライナーの全景
パイルの種類は「もこもこ」タイプ
M-1947パーカのようにカフがニットになっている。
ボタンホールの位置など全く異なるため、他のジャケットとは互換性がない。
a0164296_220618.jpg


ライナーのコントラクトラベル
a0164296_2203346.jpg


同時代のM-51と並べてみました。
両者の流れを汲んで、M-65に発展していった?とも受け取れる写真ではあります。
右がM-51JKT
a0164296_21594452.jpg


M-65の後ろ姿と並べてみました。M-65の襟のフードは、USAFフィールドコートの流れを汲んでいるのではと思われます。
a0164296_21593750.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-05-20 22:02 | 入門編 | Comments(4)

M-51とM-65の違い(フィールドジャケットの場合) ・・入門編・・

M-51・M-65違いシリーズ(!)第二弾はフィールドジャケット篇です。
(以前にも何度か言及しているのですが、一般に「M-65はフィールドジャケットのことで、M-51とはパーカのこと」というような誤解がなされやすいこともあって、もうエバンジェリスト(笑)状態でやってます。)
このブログへ初めてこられた方は、ほかに「フィールドジャケットの系譜」(2011年11月)や「M-1951フィールドジャケット(パーカとの比較)」(2010年5月)など併せてご参照いただくと分かりやすいかもしれません。
注:以下、M-51とM-65の個体を比較していきますが、同じモデルであっても、生産の年度により仕様の変遷が見られます。(例えば、裏地の裾側の開放は60年代のM-51にも観察されます。)入門編ということで、煩雑さを避けるため変遷やバリエーションについては割愛し、代表的な差異のみ取り扱っていますのでご注意願います。

まずは、M-65(左)、M-51(右)の全景
57年型(59会計年度)のM-51と、いわゆる2nd型(67会計年度)のM-65
襟、袖のデザインの違いに留意
a0164296_12593337.jpg


フロントファスナを開いたところ
M65(左)、M51(右)
ライナーが付いた状態であることに留意
a0164296_12592282.jpg


背面
M-65(左)、M-51(右)
M-65の肩甲骨のあたりのプリーツ(ひだ)に留意
a0164296_125984.jpg


背面部分の拡大
M-65(左)、M-51(右)
a0164296_12585511.jpg


襟周りの拡大(襟を立てた状態)
M-65(左)、M-51(右)
M-65の襟のファスナに留意 襟ファスナの中に簡易フードを収納している。
a0164296_12584082.jpg


袖口の比較
右側から、M-51(59年)、M-51(60年代型)、M-65(67年)、M-65(72年)
a0164296_12582828.jpg


ライナーを外したところ
サイズラベル、インストラクションラベルの位置に注意
a0164296_12581588.jpg


裾部分の拡大
M-51が裏地を縫い込んでいるのに対し、M-65は開放されていることに留意
また、パーカとは異なり、裾のドローコードが両者ともエラスティック(ゴム)であることに注意
a0164296_1258371.jpg


前身頃うらの比較
M-65(左)、M-51(右)
ライナー用取り付けボタンに注意
また、スナップファスナ」(ドットボタン)の数も異なることに留意
a0164296_12574573.jpg


ライナーの比較
M-65(左)、M-51(右)
ライナー用ボタンの位置が全く異なるため基本的にフィールドジャケットでのM-51/65ライナーの互換性は無い。
a0164296_12573266.jpg


(参考)
今回比較した個体のサイズ・コントラクト・インストラクションの各ラベル
M-51のもの
a0164296_12571746.jpg

a0164296_1257269.jpg


M-65のもの
a0164296_12564315.jpg

a0164296_12562054.jpg

[PR]
by poemaquince | 2012-10-28 13:10 | 入門編 | Comments(5)

HOOD for Jacket, Field M-1943 M-1951 (M-1950もあるよ)

前回は、古着業界における「チンスト」とフィールドジャケットの関係についてみてみました(笑)。今回はもう一つの定番アイテム、ジャケット用オプションHOODについて見ていきましょう。

M-43フィールドジャケット用フードのインストラクションラベル
a0164296_055329.jpg

中高生は勉強のため読んでみよう!(※Unbutton:ボタンをはずす  rebutton:再びボタンをはめる throat tab:のど元のタブ、例の「チンスト」のこと  exposed:晒された、露出した  ・・・いえ読んでみるのは任意ですから・・・) 

で、M-43(MQ-1)に付けてみました。
a0164296_054013.jpg


お次はM-1951のインストラクションスタンプ
図はM-43なんだけど(笑)
a0164296_053043.jpg


HOOD, JACKET FIELD AND OVERCOATの全景
(M-1950と表示されるものもありますが中身は変わりません  ←追記:見た気がするのですが改めて探したけど現物が見当たりませんせした。本件l記載については未確認のため保留とさせてください。←追記の追記:やはりM1950hoodありました。写真なのですが、一例として一寸重いけどタイランドのHP http://www.pubangkapi.com/index.php?topic=1984.0;prev_next=next#newにリンクします。5分〜くらいで画像が出ると思います。)
a0164296_051430.jpg


で、OG色のM-51フードを60年代型M-51ジャケットに付けてみました。
a0164296_045920.jpg


M-43に比べドローストリングの引き出し口が皮革補強からアイレット(ハト目)に変更になってます。生地色はODとOG両方が観察されます。(どっちなのか分からない色もあるし(笑))
a0164296_09135.jpg


インストラクション表記の図のおじさんは上のボタンを指し示しているように見えるが、実際に取り付けるときには図の下側のジャケットボタンにフードの右フラップのボタン穴を通す。これインストラクションのほうが(M-51のみならず、M-43も!)間違ってるのじゃなかろうか?下線してまで強調している「middle」は、一体何を意味しているのだろう? (写真再掲)
a0164296_055329.jpg

追記・・・よく見るとM43のおじさんは「下側」のボタンを指し示してるようにも見えなくない。
フードの右フラップは、露出する中央ボタンに留めること。(図を参照)」であながち理解できないわけではない。「middle」は上下の真ん中ではなく、左右の中央ということか・・・

「露出する中央ボタン」に留めているの図(緑色の「いわゆるファティーグボタン」がジャケット側にもともと付いているもので、茶色の平型ボタンがフードに付いているもの)
a0164296_044773.jpg

ショルダーループを外して挟み込むように取付します。
a0164296_043231.jpg


M-65内蔵フードとの比較
M-65からはフードは襟に内蔵されるようになりました。オプションフードの外付けが不要になったので、初期M-65にショルダーループ(エポレット)が省略されるようになった要因のひとつかもしれません。(右:M-65、・・・「露出する中央ボタン」が残っていることに留意)
a0164296_041779.jpg


参考に、M-51ファーフードと並べてみました。
a0164296_04269.jpg

a0164296_034941.jpg


ちなみにM-51フィールドジャケットにファーフードを付けてみるとこんな感じです。
a0164296_033647.jpg

「露出する中央ボタン」(笑)にファーフードの小ループを留めていることに留意
a0164296_032477.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-11-20 00:27 | parka | Comments(0)

チンストってどうよ? フィールドジャケット「チンスト」比べ

古着業界においては、ジャケットの襟についている襟タブ(防風用フラップ)を「チンストラップ」(略称「チンスト」)と呼称していたりします。
そんなわけで、フィールドジャケットにおける二大チンストアイテムM-43(M-50)とM-51(後期型)の「チンスト」を並べてみました。

M-43(のかわりのM-50)全景
襟に隠れ、「チンスト」は見えない。
a0164296_20295288.jpg


襟を閉じボタンをはずすと見えてきます。
a0164296_20293635.jpg


襟を立てて「チンスト」を閉じたところ。(M-43MQ1)
a0164296_20291312.jpg


M-51(60年代型)襟を閉じ、チンストの固定用ボタンを外したところ。
a0164296_20285731.jpg


襟を立てて「チンスト」を閉じたところ。
a0164296_20283614.jpg


フィールドジャケット3種
上からM-65,M-51(60年代型),M-43(MQ1)
M-41を忘れてました。またの機会に・・・
a0164296_20281994.jpg



・・・で、実際の「チンストラップ」
a0164296_2028448.jpg

空挺用ヘルメットライナーにおけるネックバンド(上)とチンストラップ(下)の図
a0164296_2027516.jpg

ジャケットの防風フラップ(襟タブ)を「チンストラップ」(チンスト)と呼ぶのは日本の業界独特の用語で、米軍では通常ヘルメットなどのあご紐のことを意味します。
a0164296_20273540.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-11-18 20:35 | parka | Comments(0)

フィールドジャケットの系譜 M-41,M-43,M-50,M-51,M-65

このところマニアックな記事が続いていましたが、今回はひさびさの入門編としてフィールドジャケットの変遷について、基本的な点をわかりやすく概観していきたいと思います。
というわけで、代表的な野戦用ジャケット(時期によりコートとも呼ばれる)M41からM65まで写真で比較していきます(M-**は、それぞれ**年型、**年式というような意味であり、この稿では数が小さいほど古い型であることが分かります)。

M-41とM-43(実はM-50)
第二次大戦中に採用された代表的なジャケット二種です。両者ともボディはコットン製で、M-41(左)は、フロントはスライドファスナとボタンの二重合わせになっています。また、裏地にウールでライニングされています(寒いけど)
M-43(右)は見ての通り有名なM-65ジャケットの原型となるデザインです。デフォルトで、開襟になっています(このM-43は実はM-50・・・というかM-1943MQ1なのですが・・)。
a0164296_2292744.jpg


M-50(左・・ていうかM-1943MQ1)とM-43(右)
というわけで、M-50とM-43の比較です。といっても両者の外観は同一です。違いはジャケットの内側にライナー取付用のボタンの有無のみです。
右のM-43と比較すると左のM-50のボタンホール側にライナー取付用ボタンが付いているのが分かります。
a0164296_2291785.jpg


M-50(左)とM-43(右)にライナーを装着したもの
M-50のライナーのボタン留めに注意
M-43のライナーはジャケットに固定されているわけではなく、ただの重ね着です。
追記:M-50に関してはこちらの記事(http://parkashell.exblog.jp/23830630/)もご参考ください。22/4/2017
a0164296_229644.jpg



M-50(左)とM-51(右)
M-43、M-50が普通のボタン留めだったことと異なり、M-51はスライドファスナー(ジッパー)とスナップファスナー(ドットボタン)が採用されました。
a0164296_2285541.jpg


M-50(左)とM-51(右)にライナーを装着したもの
フロントが、ボタンからスライドファスナーになった状況が分かります。
a0164296_22844100.jpg


M-51(左60年代型)とM-51(右57年型)
同じM-51であっても、時代の変遷によりいくつかのヴァリエーションが見られます。それまでのM-51に比べ、左の60年代型は、主に襟の形等に特徴があります。またM-43に見られるような「チンストラップ」がこの60年代型のM-51で復活しています。
a0164296_2283444.jpg

(M-51フィールドジャケットのヴァリエーション等詳細について興味のある方は、下記「D.M.Z」月影さんのブログがお勧めです)
http://armyshade.exblog.jp/tags/M-1951/

M-65(左)とM-51(右60年代型)
M-51からM-65への変遷は、襟廻りのデザインが大きく変更になっています。また、肩背中に大きくプリーツが設けられました。そのほかM-43から続いた袖のボタンが廃止され“フックアンドパイルファスナー”(ベルクロテープ)に変更になりました。
a0164296_2282268.jpg


(おまけ)
M-43フィールドジャケットにも使用する汎用パイルライナー
冒頭三枚目の写真で言及した重ね着用のパイルライナーです。単独に着用してアメカジ系アイテムとしてデザイン的にもN-1などと並んで人気があります。内装などにヴァリエーションがいくつか見られます。写真のモデルはよくアルパカのライニングなどと紹介されたりしていますがアルパカなどではなくチントです。
a0164296_2281168.jpg


・・・入門編と銘打って、なるべく分かりやすく書いたつもりなのですが、写真を見返してみると、似たようなジャケットの写真がずらずらと並んでいるばかり!(笑)で、ちっとも分かりやすくなかったですね。
[PR]
by poemaquince | 2011-11-09 22:16 | フィールドジャケット | Comments(0)

M-1951 フィールドジャケットについて(パーカとの比較)

 軍ものに馴染みのない方については、M-51(M-1951)という名称は、パーカ(モッズコート)のみを示すものと誤解される場合があると思います。(たとえばM-51が、「パーカ」で、M-65が「フィールドジャケット」を指すとか・・・)
 もちろんそうではなくて、ざっくりまとめて言ってしまえば、それぞれのアイテム(パーカとか、ジャケットとか、トラウザーズとか、ベルトとか、雑のうとか)のM-51は「51年型モデル」とかM-65は「65年型モデル」とかそのような意味として理解していただければわかりやすいと思います。
 ですので、パーカについて「M-51」や「M-65」がありますし、フィールドジャケットについてもそれぞれ「M-51」や「M-65」などが存在します。
 また、ややこしいのはいわゆる「フィールドジャケット」は、時代によっては「フィールドコート "COAT,FIELD”」などと表記されていたりしますので、これまた「これはフィールドジャケットと違うものなのだろうか?」などと悩んだり、混乱のもととなったりします。
 そのような訳で、M51フィールドジャケットの写真とM51シェルパーカの写真を載せてみましたので、じっくり比較してみてください。


a0164296_124214.jpgM-51「フィールドジャケット(フィールドコート)」(の60年代モデル、ボタンの仕様や襟の形などが50年代型と異なる。)USMC胸章はレプリカ


a0164296_1285788.jpg上記ジャケットのインストラクションラベル、どこにも "JAKET"の表記はみられない。



a0164296_12113080.jpgM-51「シェルパーカ」厚生地コットンサテンにコヨーテ?ファーフードを取り付けたもの。
フィールドジャケットよりひとまわり大きい。ポケットの形、そで、裾のフィッシュテールなどに特徴あり。


並べてみると(両者ともsmallサイズ、60年代型M-51)右がパーカ、左がジャケット
a0164296_23303436.jpg

[PR]
by poemaquince | 2010-05-02 12:29 | parka | Comments(0)