M-51Parkaに関する2,3の事柄

M-1948Parkaとの比較

M-51パーカの「初期ディテール」を特徴づけるものとして、M-1948パーカとの共通性を挙げることができます。(ただし、クラウンのジンクファスナを持ったM-48もあるようなので、あくまで相対的な「初期」ということなのですが。)
追記:以下で比較するM-1948パーカーとM-1951パーカーの類似については、生産時期が近接していることが推測できることのほか、同一の受注メーカーのプロダクトということでディテールが共通しているとも推測できます。したがって、「「初期ディテール」を特徴づけるものとして、M-1948パーカとの共通性云々」という表現は(自分で書いておいてなんですが)すこし説明不足な書き方でした。



M-1948パーカと共通するディテールを持つM-51パーカの一例(事例はサテン織の厚生地のタイプです。)
a0164296_18253954.jpg


襟にサイズタグ(この個体については残念ながらこれ以外にインストラクション/コントラクトラベル等は見当たりません。ラベル縫付の跡なども見当たりません。)
a0164296_1827633.jpg


TALONの真鍮製ファスナと、M-48と共通する大型スナップドットボタン(通常のM-51のスナップボタンと比較してひとまわり大きい。)
a0164296_18283444.jpg


フィッシュテール部の比較 上がM-48
大型スナップボタン、太めのコードなどが全く共通している。
a0164296_18313963.jpg


スライドファスナの比較
右がM-51 引手の「短さ」も共通している点に注意
a0164296_1833467.jpg


袖の比較
右がM-51
M-48の袖は1枚布を筒状に縫い合わせたもののため、M-51(以降)のような腕のカーブシルエットが見られない。 
a0164296_18402417.jpg


比較に使用したM-48
フードのファーは、ヌートリア?
M-51(以降)と比べ、前あわせのセンターの位置が右手(向かって左側)に寄っていることに注意
a0164296_18442234.jpg


M-48の袖のボタンは2カ所
a0164296_18452445.jpg


M-48内側(ライナー付き)
a0164296_18463014.jpg


M-48 背面
アームホールがかなり太いことに注意
a0164296_18471927.jpg

[PR]
# by poemaquince | 2010-04-04 18:48 | parka | Comments(0)