M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

我が国の気骨ある保守政治家はどこへいったのか?(悲報)

 大嘘が前提とされ、議論が成立しない国会審議の悲惨
 「テロ対策のために必要」「法改正が無ければ五輪が開けないといっても過言ではない」などと大嘘を平然と言い放つ安倍に対して、「いや、関係ないでしょソレ、総理、嘘はだめだよ」とたしなめる気骨ある自民党政治家はいないのでしょうか?
 ネット界隈では、野党が「だらしない」などと訳知り顔で批評するアレ系な自称「評論家」などもたくさんいたりしますが、国会論議をちょっとでもみてみれば、野党議員はかなりまともに根源的な問い立てをしていることがわかります。むしろ政府答弁のはぐらかし、論点のすり替えが本当にみっともない。野党が「だらしない」といった批判はそれこそ「フェイク」な「印象操作」でしかありません。野党が非力なのは、ただただ議席数が少ないことが原因です。(それは、選挙制度といわゆる「有権者」の問題でしょう。)
 もし「だらしがない」政党があるとすれば「安倍一強」に引きずられ、法や慣例、慣行を踏みにじることに苦言を呈すことができない与党「自民党」「公明党」でしょう。(維新や日こはそもそも論外)
 そして今回、改正組織犯罪処罰法(いわゆる共謀罪)が成立しました。一昨年の一連の安全保障関連法とともに、この共謀罪法の成立が日本社会のあり方を大きく転換させることになるであろうことは、何度でも想起されなくてはなりません。

 この法「改正」の本質は、我が国の刑法体系の質的転換にあり、今までは「おこなった犯罪」に対して処罰されたことが、今後は「行おうと思った」ことについても処罰されることになります。しかし、「行おうと思った」ことは、どうやって事前に察知され、処罰されるのでしょう? そのために、捜査機関は公共の安全という名目で、いわゆる疑わしい人々(≒なんとなく怪しいヒト、たとえば「高級官僚なのに歌舞伎町の出会い系バーにいくヒト(笑)」など理屈はなんとでもつけられる)のあらゆる情報の収集をさまざまな手段で行うことになります。もちろん現在でも公安関係の監視対象者は夥(おびただ)しくあるわけですが、この法「改正」ではずみがつくことは明らかです。すなわち監視・密告・盗聴が蔓延する社会の到来です。そして曖昧に伸び縮みする犯罪構成要件は、その運用次第ではときの政治権力にとって都合の悪い人物を排除をする直接の道具となりはてます。そして、この暴走する政権を見ていると、その心配が杞憂で終わるとはどうしても思えないのです。我が国の「気骨ある保守政治家」はいったいどこへいってしまったのでしょう?(えっ?だれのことかって?)
a0164296_232275.jpg

 われわれは、監視・密告・盗聴が蔓延する社会、権力を批判する人々が簡単に嵌められる社会を現出させる可能性のある法「改正」を許してしまいました。未来の日本社会の人びとに対し申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 そして、この法案に安易に賛成した「政治家」「評論家」「ジャーナリスト」「お笑い芸人」etcが誰であったのかをはっきりと胸に刻んでおきたいと思います。
 2012年12月16日、導火線に火がともった日、本当に悔やまれます。http://parkashell.exblog.jp/16992837/
[PR]
by poemaquince | 2017-06-17 23:11 | 安倍辞めろ! | Comments(0)

詩織さん断固支持!あまりに薄汚い安倍一派の「共謀」

 21世紀のこの日本で、こんな薄汚い権力の共謀があって許されるのか!
 最高権力者にとって都合の悪い証言をする元事務次官に対しては、フェイクニュースの印象操作で人格を陥れようとし、その一方でお仲間の「政権ヨイショ幇間ジャーナリスト」の犯した刑事事件については、裁判所の発した逮捕状まで握りつぶす。これは卑怯すぎる。こんな卑怯なことをして人間として恥ずかしくないのだろうか??開いた口がふさがらない。
 それに引き換え、前川前次官や詩織さんの、時代を「引き受ける」覚悟に敬意を表します。
a0164296_23364462.jpg


 いっぽう、安倍は、「僕ちゃんは知らないよ。廻りが忖度したんでしょ。」と嘯くであろう。しかし、戦略特区(なにソレ?笑)のおともだち学園誘致決定も、それに絡んだ文科官僚への恫喝も、あるいは走狗ジャーナリストのケミカルレイプ事件もみ消しも、まぎれも無く安倍政権の行政権力行使にまつわる「安倍一派」の共謀によるものではないのか。
 安倍政権が強行しようとする「改正組織的犯罪処罰法(いわゆる共謀罪法)」によれば「3人以上の者からなる組織された集団」で「一定の期間存在」し「金銭的利益その他の物質的利益を直接または間接的に得るため」「一体として行動」って、コレ安倍一派そのものじゃん!!(法案では対象犯罪には含まれてないけどね)
 「違法」性については忖度という名前にカモフラージュされてはいるが、明らかに安倍一派による間接的利益を得るための「悪だくみ」、権力の濫用である。法的にも道義的にも許されるものではない。
 それにしても、こんな卑怯なことを行いながら、総理大臣という地位に平然としがみついていられるというその精神が判らない。
 いやほんと、日本政府の名がすたっちゃうよ。自称「愛国者」さんたちにもご意見をうかがってみたいです。
a0164296_2336383.jpg

 安倍は、岩盤規制に穴をあける改革とかコドモみたいな言い訳しているが、どうみても抜け穴的にオトモダチに特権を与えてるだけでしょ。
 (っていうか、卑怯を恥じない、この善悪の彼岸(笑)感覚、これってもしや安倍は「サイコパス」? で、「安倍サイコパス」でグーグルしてみたら、あーっ。みなさんかなり早い時期にもう気がついていたんだ!結構ご指摘されてます。)
注:いままで当ブログにおいては、アレ総理、アレ政権、安倍首相等の表記を使っておりました。今回、あまりに卑怯なこの政権への最大の嫌悪を込めて安倍一派と表記させていただきました。ただし、内閣という意味ではなく、ガース長官を含む官邸と走狗、その取巻き、お友達を含むといったところです。
[PR]
by poemaquince | 2017-06-10 00:28 | 安倍辞めろ! | Comments(2)

虎紋迷彩の迷宮 ADSとADDの場合 デンスとかスパースとか(その2)

 R.D.ジョンソン氏のパターンブックにて定義されるタイガーストライプの柄は、同じ系列の柄ごとのヴァリエーションモデルをデンス(Dense:濃厚)とかスパース(Sparse:希薄)とか名付けてサブカテゴリーとして分類しています。

 ある特定のエリアに「特定の柄」が現れたら「スパース」で、同じ系列でもその「特定の柄」が省略されていれば「デンス」というようなことのようなのです。

 前回の「デンスとかスパースとか」では、おたまじゃくし柄のスパースとデンスについてみてみました。(http://parkashell.exblog.jp/23253734/
 今回は、軍事顧問(アドバイザーズ)柄のスパース(ADS)とかデンス(ADD)について見てみたいと思います。
なお、スパース、デンスについてのR.D.ジョンソンの定義を再掲しておきます。
Richard Denis Johnson
Tiger Patterns: A Guide to the Vietnam War's Tigerstripe Combat Fatigue Patterns and Uniforms (Schiffer/1999 )
pp66-67

(要旨の仮訳(再掲))
スパース
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ある」とき、そのパターンはその領域の内容(柄?)によって見た目が拡張され、著者によりスパース(希薄系)フォームと名付けられ、以来、幾ばくかの批判(中傷)はあるにせよその内容(ターム?)は広まって来た。
デンス
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ない」とき、そのパターンはその領域内の柄を通じて見た目が縮小、濃縮され、あるいは省略により脱落しているゆえ、著者によりデンス(濃厚系)フォームと名付けらた。


右、ADS(ゴールドタイガーとも呼ばれる)のアングロカット(7つポケットにフロントファスナ)
左、ADD(ARVNクラッシック)のアジアンカット(5つポケットにフロントボタン、裾にドローコード)
a0164296_1371668.jpg


アドバイザーズ(軍事顧問)パターンでのデンス(左)と、スパース(右)の例
アドバイザーズスパース(右)の場合、付箋と付箋の間の柄をジョンソン氏は「任意の特定柄」としています。
アドバイザーズデンス(左)の柄は、右(ADS)に比べ付箋の間の柄が省略されてしまっていることが判ります。
a0164296_137268.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-06-04 01:46 | tiger stripe | Comments(0)

陰湿な政権に唖然 大丈夫か日本??安倍ヤンキー内閣にうんざりの巻

 いやはや、やることが陰湿過ぎ!
 昨年末(今年1月でした)だったか、文部科学省の天下り問題が報道されたとき、文部科学省の役人て利害関係先の大学に天下ったりしてひどいな程度に単純に思ってたわけでした。ところが蓋を開けてみればその程度の「天下り」なんてどの官庁でもごろごろしていた(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50932)わけで、あの時期に文部科学省だけが「狙い撃ち」されていたことが判りました。総理の「腹心の友(笑)」加計学園問題からみでです。(カゴイケ言霊の巻
 狙い撃ちのメカニズムは文科省の役人がおともだち大学の開設について首を縦に振らず抵抗して「総理の不興を買った」から!まあ、おとなりの首領さまの国みたいに、タマまではとられませんが、はなはだ酷い話です。おまけに日本最大の発行部数を誇る大手新聞社(ヨミウリね)が、元次官を牽制して「出会い系がーっ」みたいな「印象操作」記事まで報道して、ほんと安倍政権サイテーだね。と思っていたら今日は在韓領事が更迭されたニュースがっ!!やっぱり、川村のあのブログ当たってたね(笑)。(ボクちゃん総理のコドモ外交
 それにしても、なりふり構わぬこの政権の陰湿さ!!きっとみなさんもそう(ブログなどに)書いていると思って「陰湿な政権」ってグーグルしてみたら、ありゃりゃ!?これ「安倍用語」が上位表示されましたっ(笑)。
 ご自身が野党だったとき民主党政権に対して「史上稀に見る陰湿な左翼政権」云々と仰ったとか。(てゆうか、国会議員なのにネトウヨレベルのレッテル)
 総理をはじめ漢字も読めないひとたち※(若い頃にあまり書籍や新聞を読んだことが無かったのでしょう)が、天下国家の舵を取っているこの日本、本当に心配です。そんでお友達に数百億の税金を使って「大学」をプレゼントしようとする三代目首領さま、それを取り巻く仲良し政治家、幇間ジャーナリストや自称「評論」家、自称「愛国」者たち、大丈夫か日本??
 ※いや、多少のいい間違えや勘違いは誰にでもあるけど、ちょっとひどすぎないか?
  云々(でんでん)、腹心(ばくしん)、便宜(びんせん)←ヤンキー先生
 政権初期のころは菅(スガ)官房長官も、なかなかシブい役どころで、政策の是非は措くとしても個人的には、人材だなーとか思ったりはしていたわけでした。ところが籠池学校に引き続いて加計学園に及んでもあのスガ対応は、この政権が倒れれば、もう「政治家としてあとの目は無くなった」と、本人も自覚しているのでしょう。なのでスガ長官もなりふり構わず必死に政権の延命を図ろうとしています。しかし歴史はこのヤンキー政権を決して見逃しません。残念ですがヤンキー政権の番頭としてアレ首相と一緒に沈んでいただくことになりそうです(合掌)。
 っていうか、こうまでいろいろ醜聞が噴出しても、安倍ヤンキー政権が延命してしまうのなら「日本社会の劣化」は、取り返しのつかないところまできているのかもしれない。

a0164296_2339891.jpg

「広域的に」っていったい?京都じゃダメだったわけ??
(出典)
http://hunter-investigate.jp/news/2017/05/post-1054.html
[PR]
by poemaquince | 2017-06-01 23:48 | 安倍辞めろ! | Comments(0)