M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

虎縞迷彩服の迷宮 MASHレプリカの驚異!オリジナルと比べてみよう TDSの巻

 90年代末から00年代初頭にかけて、大阪MASHさんが企画した「タイガーストライプ」レプリカは、その再現性の高さからそれ自体がコレクターズアイテムとして世界中のコレクターから絶賛されたりしています。
 (残念ながら90年代当時の川村は、タイガーストライプには全く興味がなく、腐敗した軍事政権とそれを支援する新植民地主義尖兵の「トラ柄のキモいアレ」くらいの認識でした(笑)。それが、数年まえにリップストップの「当時もの」を見かけたこと(TSの迷宮その1参照)をきっかけにいろいろ気になりはじめ、いまでは、パーカのことも等閑(なおざり)にして、今更ながらこんなブログを書いていたりします(いや、人生どう転ぶか判んないもんです)。)
 というわけで、さっそくMASHさんのレプリカがどんなに凄いか見てみましょう!
 今回比較するのは、ジョンソン分類でいうところの『おたまじゃくし柄希薄系/タッドポールスパース/TDS』MASH分類では『シルバーパターン』、それのいわゆるアジアンカット(5個ポケット、フロントボタン)モデルです。

 両者の全景
 左:MASH
 右:オリジナル
追記:色味はそのときどきの生地/捺染具合により印象が大きく変わることがあるため、色の印象のみをもって似ている似ていないを論ずることはあまり意味の無いことと考える。
a0164296_21442751.jpg


 フロントボタンを開いたところ
 ボタンは、ポケットも含め全て同径同型であることに留意
a0164296_21441694.jpg


 フロントボタンの配置状況
 ボタンの台布は長方形でなく緩いテーパーがかかっていることに留意
 (上の写真も参照)
a0164296_2144466.jpg


 背面から見たところ
 写真では判りづらいが臀部ポケットはいずれも外側に襠がひらいている。
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21435079.jpg


 サイズタグの比較
 上段:MASH
 下段:オリジナル
 字体や、生地の布織は異なるが、MASHで再現されたような字体や生地もあったと思われる。
a0164296_21434240.jpg


 MASHのサイズタグのクローズアップ
 織りが荒く、洗濯をするとすぐにほつれてしまいそうなタイプ?
a0164296_21433195.jpg


 オリジナルのサイズタグのクローズアップ
a0164296_21431895.jpg


 大腿ポケットの比較
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_214358.jpg


 バンテージポケット(シガーポケット)?のクローズアップ
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21424241.jpg


 ポケットの襠の状況
 両ポケットとも前方に開いている。
 MASHについては小ポケットの襠を膨らませ忘れたため写っていないがちゃんと箱ポケットになってます。
a0164296_21422886.jpg


 裾のドローコード
 コードは、手芸でよく見かける太いものを使用している。
 トラウザーズのシームに沿って取り出し口をつくっていることに留意
 上段:MASH
 下段:オリジナル
a0164296_21421415.jpg


 ボタンのクローズアップ
 上段:MASH
 下段:オリジナル
a0164296_21415545.jpg


 ボタンの裏面の状況
 へそ(段差)が付かないラウンドバックであることに留意
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21412612.jpg


 タイガーパターン「おたまじゃくし」部分の比較
 パターンのみで真贋を見分けるのはちょっと困難
 左:MASH
 右:オリジナル
a0164296_21405537.jpg


 というわけで、生地、カット、その他部材等非常にリアルに再現されていることがご理解いただけたと思います。 なので、程よくフェードしてしまえばオリジナルと鑑別するのは(サイズ感を除いては)困難です。
 左:MASHのアジアン-スモールサイズ
 右:オリジナルのアジアン-ミディアムサイズ
 アジアンサイズの場合、MASHのほうが、ふた廻りほど大きくつくられている。
a0164296_21402812.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-05-23 21:50 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮 60年代HAMAジッパーについてのあれこれ(YKKもね)

HAMAファスナーについては、MASHさんウェブページ http://www.mash-japan.co.jp/cgi-bin/prd.cgi?itemno=95-05-6701 にある「東大阪にあった新日本ファスナーという会社のブランドである」という記述を嚆矢(こうし)として、それ以上の情報はネット界隈にはあまりみられません。
 わたくし川村も、それ以上何も判りはしないのですが、とりあえず二つのタイプのHAMAファスナーについて比べてみたいと思います。
 
JWD(ジョンウウェイン濃厚系)アングロカットパンツのHAMAファスナー
a0164296_14505161.jpg


同 引手裏面
このタイプの引手裏面にはHAMA刻印が無い!ことに留意
a0164296_1450415.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_14503048.jpg


ADS(アドバイザー希薄系)アングロカットパンツのHAMAファスナー#3
a0164296_14502073.jpg


同 引手裏面
a0164296_1450980.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_1449585.jpg


レプリカのHAMAファスナー#3
(リアルマッコイの製品についていたものであるが、企画はMASHのもの?)
刻印、メッキの輝度、テープ色なども含め非常に精確に再現されている。
a0164296_1449451.jpg


同 引手裏面
(あまりにリアルなため、鑑別のためわざと刻印を省略したのではないだろうか?) 
a0164296_14493187.jpg


同 スライダー裏面 
「3SY」の刻印に留意
a0164296_14491937.jpg


参考に、同時代のものと思われるYKK(吉田工業株式会社)製ファスナーも例示してみます。
コマーシャルタイプダックハンターパンツ
a0164296_1449112.jpg


同 引手裏面
a0164296_14484980.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_14483735.jpg


コマーシャルタイプパンツ(JWD生地)
a0164296_14482795.jpg


同 引手裏面
a0164296_14481562.jpg


同 スライダー裏面
a0164296_1448569.jpg

[PR]
by poemaquince | 2017-05-21 14:57 | tiger stripe | Comments(0)

トランプは案外「スマートクッキー」かも知れない(プリティじゃないけど)。

 最初に「おやっ?」と感じたのは、アサド政権が化学兵器を使用したことに端を発した巡航ミサイルによるシリア政府軍空軍施設への爆撃でした。「軍事的に何の意味も無い」という批判もありましたが政治的メッセージとしては非常にインパクトのある軍事行動でした。なにより民間人に対する「化学兵器使用」のレッドラインが「今度こそ」設定され今日にいたっています。(トランプは政権の軍事担当者の進言に耳を傾けているということでしょうか?ブッシュ(Jr)もパウエルのいう事を良く聞いていればあんな事(イラク戦争とそれに続く大混乱)にならなかったのではないかな)

 今回の「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)危機」に関しても、かなり周到に中国と「ナシを通してから」ゲームを開始しています。北に対する直接的な軍事的恫喝に加え、中国を通じてのプレッシャーを加え続け、かつ先日は「適切な条件が整えば金正恩と会ってもいい」という発信をしています。
 わたくし川村は、4月にゲームが始まった段階では、軍事的圧力をレイズしていく「チキンゲーム」は、「北の非核化」を求めるにはちょっとリスキーな選択ではないかなあとも感じていたわけですが、一方で軍事的プレッシャーで「人民軍のクーデタ」や「金正恩の亡命」が誘発され北の民衆が「解放」されたらいいなあ、などとナイーブな夢想をしていたわけでした。しかしながらゲームのゴールは「北のレジームチェンジはしない」ことが前提だったわけで、であるならば、トランプの「(金正恩は)pretty smart cookie」(けっこう賢い奴)という発言も、シグナルとして一貫性があると言えそうです。
 こんな事を書くと「ナイーブ」と笑われてしまうかもしれませんが、トランプ大統領の「ビッグ・ディール」によって、北に対する「体制の保障」と「朝鮮半島の非核化」がバーターで成立するのならそれはそれで「トランプ、スゲー」と思うのです。(いや、個人的には「北の人民の抑圧体制からの解放」が断固必要とは思いますが、中国の手前、ディールの材料にはならないでしょう。ぐっすん(泣))

 で、我が国(くに)防衛当局のスタンスですが、日米同盟の御旗のもと米艦に形だけ「お付き合い」してお茶を濁して、実はシンガポールの観艦式に向かう護衛艦という、これはこれでなかなか味わい深い行動ではありました。危機感をもっと煽りたいアレ首相に抗して、防衛当局も(アレ首相のカオも立てつつ)抑制的に上手くやったという気がします。
 ですが、私としては「全ての当事国が抑制的に振るまう事を希望する。我が国はあらゆる軍事力の行使に反対する。」といったような声明で、それぞれのプレイヤーから距離を置いて振る舞っておくのが本当の日本らしさと思うのでした。そして当事者同士が煮詰まった段階で日本が調停にハードネゴシエートして、落としどころを導く。アレ政権の歴史認識もアレすぎて今の時代にそんな外交は夢物語なのですが、いつかそういった「道義国家」として立国していけたらなあと夢想するのでした(ふり返ってみると70年代の日本の中東外交にはその「萌芽」はあったよね)。えっ?なに眠たいコト言ってるのかって?すみません。

追記:「トランプ プリティスマートクッキー」で検索すると、トランプ大統領が金正恩委員長(だっけ?)に対して、「皮肉」とか「茶化した言い方」とか解説するブログが結構あるんだけどぜんぜんマトハズレな説明だよね。もともとトランプはそういったボキャブラリーのしゃべり方をするという事は結構有名な話だし、発言の前後の文脈からも「茶化した言い方」とはいえないのは明らかなのに!
ほんと「訳知り顔でのぬるい情報発信」は止めてもらいたいっすよ。えっ?ヒトの事いえない?すみません。すみません。(2017/5/9)
 

シリア シャイラート空軍基地
爆撃後 2017年4月
a0164296_20414471.jpg


爆撃前 2016年10月
a0164296_20414141.jpg


「ついでに武器等(笑)防護命令」の画を描いた防衛官僚(?)えらいっ!
シンガポール国際観艦式に向かう護衛艦
a0164296_20413411.jpg

出典:http://flyteam.jp/news/article/78643
[PR]
by poemaquince | 2017-05-07 21:00 | 番外編 | Comments(0)

2017年の憲法記念日に思ったこと、あるいは条理を気にしない政権と「カルト会議」のヤバさ

 今日(5月3日)の報道を見てびっくり。アレ首相が具体的スケジュールを提示して憲法を「改正」したいなどとカルト集会のビデオメッセージで宣(のたま)っています。改正のテーマは「自衛隊」と「高等教育の無償化」ってそこかよ!
 ていうか「高等教育無償化」って、ソレの善し悪しはいったん措くとしても憲法をいじらなくてもやる気(と財源)があればいくらでも実現可能だよね。それにJM党は、野党時代に高校教育無償化に反対してたはずなんだけど。「自衛隊」に関しても歴代保守政権が現行憲法の下での専守防衛のための必要最小限の実力組織という位置づけで(昨年の安保法改正までは)整合をとってきてたわけだし。
 この政権は「法制」とか「整合」とか「条理」とか「ことば」とか、政治に必要な論理(ろんり)を本当に軽んじている。もしかしたらアレ首相の「脳内」では整合しているのかもしれない。でなければ「恥ずかしくて」とても人前でドヤ顔で語ったりできないですよ。ソレって一体?ただの無知?それとも無恥人格??
 その辺の「夢見がちなただのオサーン」なら実害はないけども、この国の統治機構の責任者がアレなのでは笑いごとでは済まされない。
 アレなオサーンたちの自称「自由と民主を標榜する政党(笑)」は、今の「日本国憲法」を憎んで5年前に独自の憲法「改正」草案を提出してきたわけなんだけど、その内容たるやカルト「日本会議」イデオロギーをこっそり(あるいは公然と)忍び込ませていたりするろくでもないシロモノだったりしている。彼らのイデオロギーは、「個人の自由」や「多様な価値観」「普遍的な人権」を敵視して、「国民」は国家意志の「手段」でしかないとする、いまの「中国」や「北朝鮮」統治者の価値観とそっくりなんだよね。それが素朴な「ニッポンスゲー」礼賛と結びついたりしていて「気味の悪いポスター」ex(https://togetter.com/li/1105673)まで公然化する雰囲気をアレ政権が社会に現出させたりしています。(例えばきもち悪い「教育勅語」(1948年の決議で失効させている)を否定せずにヨイショ答弁したり、「日本国憲法」を尊重しようとする現天皇を粗略にしたり)

 生まれたときから「今の憲法」で生活してきたから、この憲法が実現してくれた「自由」について当たり前のようにしか感じていなかった。けど、ずっと昔からあるものと漠然と思っていた日本国憲法が、今年は施行70年ときいて、思ったより短いんだなあと改めて気がつきました。裏を返せば、たった70年まえまでは、ドイツナチ政権、イタリアファッショ政権と同盟した枢軸国で、大陸で15年間も戦争しつづけていて、女性には参政権もなかったり、国家の主権者は「現人神(あらひとがみ)」だったり、思想警察があって、政府を批判したら普通に逮捕されて拷問されるそんな時代だったわけです。そして「日本会議」を中心とする宗教右派とその取り巻き(JM党現主流派)はそう言った時代の「日本」を「取り戻す」と嘯(うそぶ)いていたりします。きもっ。(っていうか、こわっ)

1945年12月 鈴木安蔵ほか 憲法研究会「憲法草案要綱」
アレな人たちは総司令部の「押しつけ」とかすぐゆうけど、実際のところはそれほど単純なもんでもないでしょう。
a0164296_1244896.jpg

(国立国会図書館のアーカイブページが面白いよ!)
http://www.ndl.go.jp/constitution/index.html
[PR]
by poemaquince | 2017-05-04 12:16 | 安倍辞めろ! | Comments(0)