M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

UNDER THE SUN ドキュメンタリー映画「太陽の下で」観てきました。(泣き)

 ロシア人監督のドキュメンタリー映画「太陽の下で ー真実の北朝鮮ー」を、シネマート新宿でみてきました。この映画をみると、かの国に生きる人々が切なくて泣けてきます。
 ロシア人の監督が、ピョンヤンの市民生活のドキュメンタリーを撮るという名目で北朝鮮当局の許可のもとカメラを廻し、そのドキュメンタリー撮影の「シーン」の背景も含めて撮影するという手法で「北朝鮮当局」のドキュメンタリー演出を描く「メタ・ドキュメンタリー」になっています。
 カメラに写る街並みは整然としています。たぶん、「革命首都」のピョンヤンであるからなのでしょう。また、思いのほか皆さん華やかな装いをしています(国内産の衣料が、あまり入手できず中国から輸入されたものがカラフルだからという説もあるようです)。みたところ街中ではトロリーバスも結構稼働していますし、日本製の自動車も沢山走っています。その一方で、小学生のこどもには「倭奴(ウエノム/帝国主義の日本人)や地主を金日成将軍が追い払ってくださった」みたいな授業をしています。ちらとですが三菱鉛筆ぽいものを使ってるこどもも写ります。彼らの中で「倭奴」や「米帝、南朝鮮と同盟する日本」と、街で見かけるクルマや日用製品をつくる「日本」がどのようにつながっているのかを聞いてみたい気がします(案外、日本製とは気づいていないかもしれませんが)。
 まあ、今回の映画で描がかなくとも、かの国の「ドキュメンタリー」フィルムには、「演出感」がありありと「にじみ出て」いるので、それを真(ま)に受けるひとは少ないと思うのだけれど、それでもこのような形であらためて克明にその「メタ」な状況がかいま見られるのは、興味深くはあります。
 ネタバレになるので詳細は省きますが、川村もラストのシーンでは涙が止まりませんでした。そして、「我々は彼らを笑えない。笑ってはならない。」と自らを省みて強く感じ、戒(いまし)めとしました。
 かの国のかれらは命を賭けて否応無く「ウソの世界」を生きています。振り返って我々はどうでしょう。テレビの「バラエティー」や自称「報道機関」のアレをマに受けるとか、耳触りのいい「ネットDE真実」でホントのことを分かったつもりになっていたりとか、自ら検証するという努力も無く、安逸に「情報」を求め、都合のいい解釈を「真実」として信じていたりします。かの国の彼らは選択の余地なく情報を強制されているわけですが、ひるがえって我が国に暮らす人々はまさに自分で選択できる立場にあるわけです。そして、自由な社会に生きるけっして少なくない人々が「アレな情報」をマに受け信じちゃってる状況がたち現れています。市民的自由が確保されているにもかかわらずそのような「ポスト・トゥルース」や「オルタナティブ・ファクト(笑)」が一定の力を持つ時代がほんとうに到来してしまいました。まったく醜悪かつ危機的です。
 ヴィタリー・マンスキー監督も、「朝鮮民主主義人民共和国」という「全体主義体制」を描きつつ、じつはロシア人に向けては「あんたらしっかりしろや。チェチェンやシリア、あるいはウクライナについてもっと良く考えたら」といいたかったのも知れません。

https://youtu.be/zzkoIExzfts
https://youtu.be/yAPf_77qBGc
[PR]
by poemaquince | 2017-01-30 23:39 | 映画 | Comments(2)

わたしの「東京オリンピックお・こ・と・わ・り」宣言 あるいは2兆数千億円のスペクタクル

a0164296_1402011.jpg

 みなさんは、国際オリンピック委員会(IOC)の「オリンピック憲章」を読んだことがありますか?わたくし川村はいまさらながらそれを読んででみて、びっくりしたわけでした。いやはやここまで露骨で上から目線なアレとは思いませんでした。
 ざっくりまとめてみると「オリンピックに関してIOCは絶対であり、放映料、ライセンスなどすべての売り上げの権利と決定権はIOC(規則24、50、58ほか)にあるが、その費用は都市(規則33〜)と組織委員会が責任をもってしっかりヤレ(規則36)」というものです。また、IOCの定款としてメンバー選出(16〜)や組織についてもいろいろ書いてありますが、いやこれもう21世紀にもなってこんな世界でやってるんだあ!という感じの利権集団ですよ。
 ついでに笑止なのはオリンピックやその他のエリアでデモするな(規則50)てなことまで書いてあります。おいおい。
 規則6では「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない。」ともしっかり書いてはあるのですが、実情はご承知の通りです。規則6の理念を尊重するならJOCなり組織委員会なりが「にっぽんちゃちゃちゃ」とかいう「コール」に注意喚起するくらいはしても良いと思うのですが、そもそも問題の所在さえ認識されてはいないのでしょう。
 オリンピック憲章の詳細は日本組織委員会のサイトで、アレな具合を是非その目でご確認ください。↓
http://www.joc.or.jp/olympism/charter/pdf/olympiccharter2015.pdf
 てゆうか、クーベルタンも次のように吐露しています。曰く「スポーツはもっとも気高い情熱のみならず、もっとも卑しい熱情をも目覚めさせる。‥平和を促進するためにも、戦争を引き起こすためにも使いうるのである‥」(「IOC会報二号」/孫引きだけど)
 いわゆる近代オリンピックの理念は、スポーツに内在するその性格から、たえず「国威の発揚」との葛藤に引きずられています。それに加えてロサンジェルス大会以降はその露骨な商業主義による利権ビジネスの悪名が追加されます。
 オリンピックがいかに「平和の祭典」などと糊塗しようとも、現実には「国策プロパガンダ」や「ブラックビジネス」の舞台として機能してきた歴史は覆い隠せるものではありません。
 東京という都市が今回そこに2兆3千億円(概算)をつっこむ意義はどう考えても見いだせないのです。東京都にそれだけの政策リソース(お金と知恵)があるのであれば他に優先してやるべき事はたくさんあるはずです。起こりうる震災に対する医療拠点の追加とか、少子対策としての若者世代や子育て世代への生活支援、こどもの貧困への手厚い保護とか、高校生・大学生への就学支援とか。
 オリンピック憲章を読む限り、既にIOCの歴史的使命は終わったと感じます。誤解なきよう付言しますが、なにも「スポーツの祭典」そのものを否定しているのではありません。ただ、もう「国家的スペクタクル」としては、それを開催する必要はないでしょうし、業界の内輪団体を税金で儲けさせる必要もありません。アートに関するビエンナーレ、トリエンナーレとか、映画に関しての国際映画祭、あるいはスポーツのなんとか国際リーグ大会みたいにそれぞれ思い思いに楽しめばそれでよいではないですか。
 なので、わたくし川村も、「東京オリンピックおことわリンク」に連帯してつぎのとおり宣言します。
 孤立を恐れず、多くの未だ見ぬ「おことわり宣言者」との出会いを求めて、私は本日自らの「おことわり」を高らかに宣言する!
 「東京オリンピックなんていらない」と。

[PR]
by poemaquince | 2017-01-23 01:44 | 安倍辞めろ! | Comments(0)

ボクちゃん総理のコドモ外交、あるいは「帝国の慰安婦」とポスト・トゥルース(事実・後)の時代

 2017年あけましておめでとうございます。
 お正月は朴裕河(パク ユハ)先生の「帝国の慰安婦」を「読書初め」してみました。
 この本が日本で出版され話題になったのは、かれこれ二年くらい前なのですが、お隣の韓国では、パクユハ先生がこの著書に関して検察に「名誉毀損の罪」で起訴されたりしています。この「慰安婦」をめぐる問題に関しては、お隣の国もかなり「硬直化」しちゃっているねとつらつら感じたりしていたところです。
 そんな中、また我らが「ボクちゃん総理」がやらかしてくれました。釜山領事館前の少女像に対する「大人げない」対応です。
 日帝時代の状況を一面的な観点から糾弾する急進的な若者グループが「歴史を反省しない(もと悪の枢軸の)反動日本」に対して行った「パフォーマンス」に対して、ボクちゃん総理がマジで反応しちゃって「ムキーッ、大使を召還させるざんすっ」と激怒したとか。日本の外交セクターは、「おいおいまたコドモ総理が出口戦略なしにパフォーマンスかよ。落としどころは<召還>じゃなく<帰国>で官邸と調整して!」とうんざりしていることでしょう。
 まともな「保守政権」であろうとするなら、相手方急進派のパフォーマンスに対して、黙って泰然と困り顔でいれば良かったのです。そもそも相手の政権はレイムダックで身動きがとれません。こんなときこそ大人の対応で相手に貸しをつくるのが保守政治家というものです(笑)。(てゆーか、もし、人権に対するコミットメントを大事にする別な人物が首相であったなら、そもそも日韓関係はこんなにこじれてなかったでしょうけど。)
 僕ちゃん総理のコドモ外交は、アレな支持者には受けが良いのかもしれませんが、日本の国益に関してはずいぶんな事になっています。ボクちゃん総理のナイーブな国家観や自慰史観のおかげで国際社会に対する我が国の「ソフトパワー」のポテンシャル喪失がじわじわ進行しています。
 ボクちゃん総理は対ロシアの領土交渉でも、「ウラジミール」とかファーストネームではしゃいでいましたが、女性ジャーナリスト(アンナ・ポリトコフスカヤ)暗殺やそのほかの政敵暗殺の噂の絶えないKGB出身の大統領と、いったいどんな「価値観を共有」したというのでしょうか。結局コロリとむしられたりしただけでした。そんな事にも気づいてか気づかないでか、ボクちゃん総理は「新しい時代を切り開いた」とかドヤ顔で語ってたりします。いったいこのアレな「三代目」大将は我が国をどこへ連れて行くつもりなのでしょう。きちんとした外交の判るブレーンとか軍師とかアドバイザーとかこのボクちゃん総理の廻りにはいないのでしょうか???
 そしてもうひとつの深刻な問題は、そんなボクちゃんの「自慰パフォーマンス」をありがたがって太鼓を叩く「アレメディア」や「アレ主権者」たちが思いのほか沢山いる(下司な排外ブログがPV上位になってるさ)ということでしょう。たしかに相手を白黒二分して「仲間」と「ワルモノ」に分けてしまえばアレ有権者の皆さんの胸にもストンと落ちるでしょう。また、「見たいものだけが見える」ネット社会の特性なのでしょうが、こういったアレな支持者の皆さんには、まともな「評論」や「批判」は無い事になっていて届きません。したがってコドモ外交の「自慰パフォーマンス」が「真の愛国的行為」という「トゥルース(真実)」に塗り替わっていってしまいます。まさに「ポスト・トゥルース」です。
 もちろん、それは我が国だけの傾向ではありません。
 たとえば隣国の「従軍慰安婦」問題についても言えそうです。元来、従軍「慰安婦」であった方々もひとりひとりそれぞれに固有の時代経験があったはずです。その体験を丁寧に掬って歴史の教訓とするべきだと書籍「帝国の慰安婦」にてパクユハ先生は語っておられます。それを一律な「挺対協史観」(※)に押し込めて日帝を糾弾しているだけでは本当の意味での「植民地時代の克服」にはならないといったようなことを訴える内容の本でした。なるほどここにもまた別なかたちでの「ポスト・トゥルース」があるといえるのかもと感じるのでした。
 人種としても民族的にも一番近いといえる日本と韓国が、(もちろん一刻も早い民主化・解放を願うの北の人々も含めてだけど)また友誼と信頼の関係が深まるよう願うばかりです。

注(※)挺対協(挺身隊対策協議会)は90年代に設立された韓国の慰安婦問題に関する支援運動団体。歴史的に多様であるはずの従軍慰安婦の姿について、挺対協が一面的に単純化して捉えているステレオタイプな従軍慰安婦像は、逆に問題の理解の妨げとなっているのではないかという問題の提起がなされている。
(追記:2017/1/11)
充分ご承知とは思うのですが「ムキーッ、大使を召還させるざんすっ」という発言は当ブログによる「創作」ですので念のため。
[PR]
by poemaquince | 2017-01-10 01:48 | 安倍辞めろ! | Comments(2)