M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイガーパターン 恐るべし日本のドメスブランド!マニアックな魂に脱帽

まずは、このアーリーパターン(ジョン・ウェイン・スパース)のユティリティシャツとパンツ(BUT-5P2)をご覧ください。
これ、実はどちらかがレプリカなのですが、遠目にはわかりません。
a0164296_03615.jpg


パターンの比較です。
右がシャツで、左がパンツです。
「お化けの腕」(http://parkashell.exblog.jp/19701384)や、「泳ぐ生き物」(http://parkashell.exblog.jp/23253734)に挟まれて、「アーリーパターン」(JWS)にみられる「ウロボロス(へび)の開いた口」(くの字)もみられます。
a0164296_0355422.jpg


右がシャツで、左がパンツです。
下方には「ひよこ」(http://parkashell.exblog.jp/21294043)もいます。
件のファティーグボタンは、つやつやです。
どちらがレプリカか、わかりましたでしょうか?
えっ?ユティリティシャツの形(カット)が新しすぎる?そうですね。良い着眼点ですね。
a0164296_0353453.jpg


答えはこちらでした。
a0164296_0371884.jpg


高品質ドメスティックブランドの「MARKA WEAR」さんのアイテムでした。
いやはや、アーリーパターン(JWS)をすばらしくリアルに復元しています。
a0164296_0354524.jpg


背面のパターンもこのとおり
アーリーパターン(JWS)の特徴を実によく再現しております。
そのこだわりに脱帽です。
a0164296_0352455.jpg

ロゴ刻印いりのファティーグボタン、はじめ、平ボタンに替えちゃおうかとも思ったけど、もったいないので止めました。
a0164296_0351252.jpg


企画されたデザイナーさんの解説のページ→(http://parkingmag.jp/work/4346/?nomobile)です。ご参照ください。
レギュラーの展開では、上着は「USアングロカット(C2B-EXP-3P1/カフ袖、胸2ボタン露出、3ポケット腕1ボタン)」とファティーグタイプで、今回のユティリティは、コラボレーションの企画品みたいです。個人的にはこの生地でアジアンタイプ(C1B-COV-2P/カフ袖、胸1ボタンフラップ覆、2ポケット)で、モデル化してほしかったけど、贅沢はいいません。(あと、これも仕方のないことなのですが、価格的にオリジナルとあまり差がないというところは、もう、どうしてもハードルが高くなってしまいます。)
[PR]
by poemaquince | 2016-11-13 00:50 | tiger stripe | Comments(0)

”吉祥寺カジュアルでいこう” 「コートライナー」が流行ってうれしいけど、ちょっとかなしいの巻

秋も深まり、日に日に風が冷たく感じられます。
ここ数年、まちのおしゃれ女子の間で(アウターとして)ライナーを羽織るのが流行っている(笑)ようで、たまにまちで見かけたりしました。
今年もその傾向は続いていて、先日も吉祥寺駅のエスカレーターで、とても程度の良いM-51JKTライナーを上手に着こなした女子を見かけました。おしゃれで似合ってはいたので、それはそれで良いのですが、光沢のある明るいオリーブ系鳶色の表地の状態も、乳白色のパイルの状態もとてもきれいでほぼデッドストックな状態です。「いや、着潰さないで、保存してほしい」と反射的にはおもってしまうのでした。
古着屋さんでもライナーが「動く」商品となったのか、結構店頭にあったりします。先日、店頭で「オーバーコートパーカタイプ(いわゆるM-47)」のレアな大戦型のライナーが女性ものコーナーのハンガーに吊るしてあるのを見かけました。スナップファスナのソケットが一カ所欠けてはいましたが、ニットカフやチントパイル毛の状態も非常に良く、気になります。そのとき「押さえちゃおう」とも思いましたが、あと2週間もすれば、特売日になるし、こんな毛むくじゃらのライナーなんて誰も買わないだろうと思い、特売日まで待とうと考えたのでした。三日後、念のため狙っていたライナーを見に行ったところ、もはや後の祭り、既にどなたかがお買い上げになったあとでした。日本のおしゃれ女子恐るべし!あの、65年も前の毛むくじゃらのライナーをどのように着こなしているのか!是非見てみたい気がします。一方、パイル生地が劣化して植毛がハゲハゲの私の「オーバーコートパーカタイプ(大戦型)」のライナーは、更新計画が見送られ未だハゲハゲのままここにあるのでした。
M-65系とかのナイロンキルティング系とかならまあいいけど、レアなアイテムが消費されちゃうのはちょっと悲しい。

吉祥寺の別の古着屋さん
M-50ジャケット用ライナー 探している人多いんじゃない?
(吉祥寺フラミンゴさん)
a0164296_1421333.jpg


おお、まさにわれらが Liner,parka,M-1951 !!
出典 http://curet.jp/article/7698
a0164296_142771.jpg


右のひと、M-47??それともBWのパルカ??
(出典 同上)
a0164296_142117.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-11-12 01:45 | 番外編 | Comments(0)

米中二大帝国が太平洋を分割支配する日(泣)

2016年11月9日、お昼過ぎ、あれれ?喫茶店のテレビでは選挙人の獲得数でトランプが先行していました。TVのアナリストは西海岸まで東西4時間差があるので共和党の先行は通常のことなどと解説しています。ランチを食べながら、川村もそのアナリストの解説になるほどそうなんだと納得していました。ところが、その後、ちょくちょくTVの速報をみてもヒラリーの選挙人の数は追いつきません。そして夕方つけたテレビではトランプ氏が勝利宣言をしています。逆転の奇跡は起こりません。間もなくして米国大統領は共和党候補のトランプ氏に確定と報道されてしまいました。あわわ、動揺のあまり机の上のお茶のマグカップを落として割ってしまいました。
英国に引き続きアメリカ格差社会のルサンチマンの噴出を目の当たりにした気がします。

この選挙結果が暗示するところを考えると憂鬱です。米国政権の交代により、今後日本を取り巻く安全保障の環境が変化し、それに引きずられるように日本の世論が硬直化し、国家主義的に勇ましい排外的で反グローバルな勢力が日本でも勢いづきそうです。すでに「ネット言論」では、「いまこそ対米従属からの”自立”だー」みたいなコメントが散見されます。そのことは、いま、今日、この時点で繰り返ししつこく指摘しておきたいとおもいます。
「パックス=チノ=アメリカーナ」の時代で安定するのならばそれはそれでよいのですが、台湾などを巡る問題を考えるとそれも困難に思えます。
それどころか、トランプの新ホワイトハウスは、中南海と取引し、太平洋でのプレゼンス(ショバ)を二分するということでナシを通す可能性もありそうです。そのことに動揺(あるいは「オレらニッポンがアジアの盟主だーっ」と我慢ならない)日本のアレ政治家が、稚拙な世界観と”ぬるい”強硬策を振り回し、世論は、自称「保守派」の煽動に引き回されて硬直化・非寛容化して日本の社会が「ディズマー社会」に変質してしまいそうです。今回のこの投票結果は「円高とか円安とか」どころでない深刻な影響を未来にもたらすことになるかもしれません。川村の一連の予測が杞憂であるように祈るばかりです。はあぁ(ため息)

a0164296_1263915.jpg

(c)20TH CENTURY FOX / BBC NEWS
「ザ シンプソンズ」がホントになっちゃった?!
The Simpsons has raised the idea of a Trump presidency several times
[PR]
by poemaquince | 2016-11-11 00:59 | 番外編 | Comments(2)

べトナム戦争期のM-1ヘルメット(シェル編その2)

「べトナム戦争期のM-1ヘルメット」シェル編その2として、通常兵用と空挺兵用について見ていきたいと思います。
といっても、シェル本体の造りに違いは無く、シェルにつくチン・ストラップのみ仕様が異なります。
通常のチンストラップと比較して、シェルとの固定用ドットボタン(スナップファスナ)のスタッド(凸)がついたものが空挺兵用になります。詳細は写真をご覧ください。

右が空挺タイプ
左が通常タイプ
空挺タイプのスナップファスナ(ドットボタン)に留意
a0164296_206767.jpg


チンストラップの比較
右が空挺タイプ
a0164296_2045746.jpg


空挺タイプのチンストラップ
スナップファスナのスタッドが良く解る。
a0164296_2043541.jpg


通常タイプのもの
a0164296_2042361.jpg


チンストラップのバックル
刻印の状況に留意
a0164296_20434.jpg


バックルのうちボールリリースフックの無いものとの比較
a0164296_2034587.jpg


バックルにフックを掛けたところ
ボールリリースシステムありとなし、それぞれの違いに留意
a0164296_2033539.jpg


今回のシェル
McCord(マッコード)製
1965年4月のコントラクトと思われるもの。
刻印は「M 326 C」
明るいカーキドラブ色にリペイント?
a0164296_2032512.jpg


同じく刻印部のクローズアップ
a0164296_2031637.jpg


空挺用チンストラップのついたシェル
推定でParish(1968-69)もしくはR.J.Stampings(70-76)
刻印は「7371」
a0164296_203375.jpg


プレフィックスの無い4桁の刻印、字体や大きさも前回の「8924」と異なる。
刻印の場所にも留意(付箋側がシェルの下側になります)
a0164296_2005071.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-11-05 20:11 | M-1 | Comments(2)