M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

べトナム戦争期のM-1ヘルメット(シェル編)

 昨年5月に「べトナム戦争期のM-1ヘルメット」入門編として、まずライナーの解説から始めてみたわけですが、シェルについては不明な点が多く、入門編として解説するには至っておりませんでした。そんな中、先日、記事「デッドコピーのM-1ヘルメット?」http://parkashell.exblog.jp/21029100/ のコメント欄に、Schutze600さまから投稿があり、その中でシェルの刻印にいついていろいろとご教示をいただきました。そのことを手がかりに、いままでほとんど見当のつかなかったシェルの刻印について、さっそく確認をしてみました。この場をお借りして改めてSchutze600さんに感謝の意を表したいと思います。
 では、具体的に見ていきましょう。刻印(ヒートスタンプ)の場所を付箋にて示しています。

McCord(マッコード)製
1965年4月のコントラクトと思われるもの。
刻印は「M 333 B」
明るいオリーブグリーン色に留意
a0164296_001499.jpg


同じく刻印部のクローズアップ
a0164296_00726.jpg


Ingersoll製(推定)
刻印は、「 I - 9071」
マッコードが”M”のプレフィックスをもっているのならば、" I "はIngersollと推定される。
Ingersollのコントラクト、65年4月、6月、12月、66年3月、7月、67年4月のいずれかと思われる。
a0164296_00087.jpg


同じく刻印部のクローズアップ
a0164296_23594765.jpg


Parish(1968-69)もしくはR.J.Stampings(70-76)
刻印は「8924」
プレフィックスの無い4桁の刻印、字体や大きさも異なる。
刻印の場所にも留意
a0164296_23593816.jpg


刻印部のクローズアップ
a0164296_23593126.jpg


同じく、「8924」の刻印であるが、こちらは2カ所に刻印
a0164296_23592582.jpg


刻印部
うちひとつは「上下反転」していることに留意。
a0164296_23591785.jpg


シェルの外観
60年代より、シェルの色が「明るいオリーブグリーン」に変更された。
手前左より「マッコード」「インガーソル」
後ろは、それぞれ「8924」「8924」(「パリッシュ」または「R.J.スタンピングス」と思われる)
a0164296_23585496.jpg


大戦型のシェルとの色調の比較
手前左よりべトナム戦「マッコード」「インガーソル」「8924」
うしろ奥左から「マッコード」「マッコード」「シュルター」
a0164296_23581193.jpg

大戦型シェルの刻印についても近々ご紹介したいと思ってます。
[PR]
by poemaquince | 2016-10-31 00:03 | M-1 | Comments(4)

映画「アルジェの戦い」観てきました。(番外編)

 ほんとは、新宿で、午前中にクロサワの「七人の侍」観て、午後にこの「アルジェの戦い」をみようと勝手に予定してたんだけど、なんと「七人の侍」の上映時間が200分を超えていて、午後一時の「アルジェの戦い」の上映時間に間に合わないことがわかりました。仕方なしクロサワは見送りです(とほほ)。
 というわけで、新宿「K'sシネマ」で「アルジェの戦い」観てきました。川村はアルジェリアの独立戦争のイメージとして、組織されたゲリラ部隊とフランス空挺部隊との「武力衝突・戦闘」を勝手に思い描いていました。例えば「地下水道」(1956)とか「ネレトバの戦い」(1969)とかのような「パルチザンの戦争映画」のようなイメージをもっていたのです。ところが映画「アルジェの戦い」にて描かれる「闘い」にそのようなシーンはほとんど出てきません。
 映画の冒頭から、フランス空挺部隊が登場します。空挺部隊はカスバの住民のじいさんを拷問して活動家のリーダー(主人公)の居場所を吐かせ、彼の隠れるカスバ(旧市街地)の集合住宅を襲撃するシーンから始まります。アジトを包囲する空挺隊はリザードパターンのジャケットを着てます。モノクロなので、見た目ほとんど「タイガーストライプ」(笑)です。
 住宅に踏み込まれ、隠し小部屋に立て籠る主人公たちのシーンから、時間は数年さかのぼり、FLN(民族解放戦線)の闘争のお話につながっていきます。当初は、武器の強奪などのため?警察署の襲撃や、警察官の襲撃、あるいはストライキなどの闘争を展開するのですが、フランス空挺部隊の治安投入と並行して、戦術はエスカレートしていきます。びっくりしたのがソフトターゲットへの爆弾闘争です。FLNはコロン(在アルジェリアフランス人)の集うディスコティークや、カフェなど吹き飛ばします。50年代の民族解放闘争でまさか無差別の爆弾闘争戦術を取っていたとは知りませんでした(もちろんその伏線にフランス軍がカスバの集合住宅をこっそり非合法に爆弾で吹き飛ばしてしまうエピソードがあるのですが)。
 最終的にフランス空挺部隊は軍事的にアルジェの制圧に成功します。しかしながら数年後、自然発生的なアラブ人達の街頭抗議行動が生まれ、1962年、結局アルジェリアは独立することになります。映画に描かれはしないのですが、史実としてはフランス本国の独立容認派(なんとゴリゴリの保守派ドゴールも!)と在アルジェリア(海外領土)フランス人の極右独立反対派との政治紛争、フランス軍の軍事クーデター(!)など非常に興味深い展開もあるのでした。

フランス第10空挺師団 F.マチュー中佐の着任(このスチルでは、ちゃんとリザードに見えますねえ)
a0164296_2333512.jpg


アルジェ、カスバでの弾圧
a0164296_23334869.jpg


アルジェ制圧後の60年?街頭行動 このSU-100(?)は、独立後に実際にアルジェリア政府に供与されたものなのかな? 
a0164296_23333960.jpg

 いずれも映画「アルジェの闘い」のスチル写真です。

(閑話休題)
 そういえば、少し前にパトリシオ・グスマン監督のドキュメンタリー映画「チリの闘い(三部作)」(1975/78)をユーロスペースで観たんだけど、こちらも想像していた内容とだいぶ違いました。特に第二部でクーデタにより大統領府が攻撃されるシーンがあるのだけど、なんか「孤立無援」という印象です。あれほど「アジェンデ!アジェンデ!」と叫んでいた民衆は写っていません。別の場所で戦っていたのかな?なんだか「ジーザスクライスト・スーパースター」(1973)を思い出してしまいました。群衆が熱狂的に「たたえていた」イエスを、その同じ群衆が「磔刑にせよ」とピラトに要求します。そのイエスの姿のがアジェンデ大統領に重なって見えたのでした(泣)。
 同じ時期に、同じチリの同じ時代を描いた「コロニア」(2015)も観たのですが、これまた想像していた内容とだいぶ違いました。アジェンデの失脚とピノチェットのクーデターを背景にしたサスペンス映画と思っていましたが、なんと「ピノチェット軍事政権と結託するナチ残党「カルト」」のお話でした。
 全然関係ないけど、タミルイーラム解放の虎(だっけ)の元兵士がフランスで難民として生きる「ディーパンの闘い」(2015)のオープニングも「タイガーストライプ」(笑)だったなあ。いや、この映画「ディーパンの闘い」泣けます。お勧めです(観たときはぜんぜん気にしてなかったのだけど調べたらカンヌ”パルムドール”でした!!すげー)。
[PR]
by poemaquince | 2016-10-24 23:39 | 映画 | Comments(0)

PARKA SHELL M-1951 / TYPE 1956 Experimental?

もう、ほんと久々にM-51Parkaの記事になります(祝)。
今回は、M-51パーカ1956年バージョンとされる背面が上下2分割のパーツ割のタイプのものについての記事です。
M-51に関してネットウォッチされている人々の中には、「あの2、3の事柄ブログ、なんであれを取り上げないんだ?」と不審に思われていた方もいらっしゃるかもしれません(笑)。
川村も、書こう書こうとは思っていたのですが、もうすこし何か判ってからと、ずるずる引き延ばしていたわけでした。今回この記事を書くにあたって、結局、なにか確かなことがわかったわけではないのですが、現時点で不明な点の多い謎のモデルとしての記事ということになります。(いっぽう先日、大阪チャーリーの野本さまが、「USMCモデル」ということで当モデルをネットオークションに出品されておりました。新たに何らかの情報を確認されているのかもしれません。)
というわけで、この特異な56年タイプの詳細を見ていきたいと思います。

ぱっと見は、どこにでもあるM-51パーカです。
以下、順次観察していきますが、全体としてパーツの少点数化、工程の簡略化を意図したエクスペリメンタルなデザインなのではないかという気がします。
a0164296_10284837.jpg


背面の全景 
見づらいが、背中のシームが縦の左右分割でなく、上下分割であることに留意
a0164296_10284234.jpg


フロントを開いてみたところ
a0164296_10283644.jpg


腰のドローコードトンネルの比較
通常モデル(上段)は、別パーツにてトンネルを貼付けているが、56タイプ(以下T56)は背面下部パーツ端を折り返し、トンネルを作成している。トンネル両端にボタンホール状の孔をもうけてコードを取り出していることに留意
a0164296_10283014.jpg


腰のドローコードアイレット(はとめ)取り出し口(裏面)の比較
左/通常型、右/T56
補強ウェビングテープの織り、アイレットの留め方(左/菊割り、右/ワッシャー留)、ライナーボタン裏の芯生地(バックラム)の色(左/白色、右/オリーブグリーン)に留意
a0164296_10282040.jpg


裾のドローコードトンネルの比較
左/通常型、右/T56
裾のトンネルについても、通常型は別パーツにて貼り合わせているが、T56は、70年代以降のM-65のように端を折り返してトンネルにしていることがわかる。
a0164296_10281155.jpg


同じく裾のドローコード取り出し口比較
左上段/通常型 右下段/T56
a0164296_10275995.jpg


フィッシュテールの比較
上段/通常型 下段/T56
a0164296_10274880.jpg


袖の比較
左/T56 右/通常型
袖ボタンの形状違い、袖口のパーツ割りの差異に留意
a0164296_10273594.jpg


T56の袖のクローズアップ
通常型と異なり、袖のエラスティックテープ用トンネルも折り返しの袋状であり、また、袖スリングの取り出し口がボタンホール状の切り込みであることがわかる。
a0164296_10272386.jpg


フード部(背面)の比較
上段/通常型 下段/T56
フード背面は、通常型は4分割であるのに対し、T56は3分割パーツであることに留意(見づらいけど)
a0164296_10271034.jpg


T-56フード内側サイズスタンプ部のクローズアップ
「1956」という表示が見て取れる。
パーカ本体へのフードの取付け方法や、ハンガーループなど通常型との違いに留意
a0164296_102718.jpg


T-56フロントファスナーのクローズアップ
a0164296_10265153.jpg

この個体を入手した当初、1956年というスタンプから、初期に多く観察されることの多いTALON(アルミ)ファスナーは、後付けではないかと推測していました(縫付けも雑だったし)。しかしながら、いままで確認できたこのタイプの全例(5例)が、このタロンアルミファスナーを使用していたため、ほぼ、オリジナルの仕様であるということと判断しました。また、同一のファスナであることによって、このモデルが同一の生産ロットであったということが推測されます。今回の記事において、このタイプのパーカについては、スタンプが不鮮明(53か58かわからない)な個体であっても56年プロダクトの蓋然性が高いと考え、TYPE56と呼称することとしてみました(P56でもいいけど)。

今回比較した「通常型」との全景比較
a0164296_10263891.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-10-23 10:36 | parka | Comments(0)