M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイガーストライプの迷宮(その18) デンスとかスパースとか

 R.D.ジョンソン氏のパターンブックにて定義されるタイガーストライプの柄は、同じ柄の系列ごとのヴァリエーションモデルをデンス(Dense:濃厚)とかスパース(Sparse:希薄)とか名付けてサブカテゴリーとして分類しています。
 このデンスとかスパースとかの区分について、ネット上のありがちな情報(とか、日本の"ウォーキッズ"雑誌)では、プリントのロール径とか柄(特に黒い部分)の分布の密度などによる分類のように説明しようとしたりしていますが、すこし違うようなのです。
 ジョンソン氏はこの概念について「定義」を説明はしているのですが、かなり独特の概念のためか、英文を読んでも実のところはっきりとは良く解りません(笑)。が、あえて忖度すると、新しいエリアに「特定の柄」が現れたら「スパース」で、同じ系列でもその「特定の柄」が省略されていれば「デンス」というようなことのようなのです。もちろん「特定の柄」が挟まっているほうが、柄の大きさが「同じ場合」には垂直方向の距離は「長く」なるのですが、必ずしも距離(ローラーの径)で区分しているわけではないようです。(いっぽう、実際のところ同一の基本カテゴリー内でスパースとデンスを比較すれば、やはりスパースのほうが距離は長いといえそうです。)

で、書籍より「定義」の部分を引用すると、

Sparse:(希薄/疎)
When the unique, additional pattern modification area "is found" to have been included upon any particular pattern, then that pattern has been visibly expanded somewhat through that area's inclusion and is termed by myself to be in its sparse form, since the pattern has now been somewhat aspersed, or amplified through its inclusion.
Dense:(濃厚/密)  
When the unique, additional pattern modification area "is not found" to have been included upon any particular pattern, then that pattern has been visibly reduced somewhat through that area's omission and is termed by myself to be in its dense form, since the pattern itself has been somewhat condensed, or diminished through its omission.
 Sgt.R.D.Johnson, 「Tiger Patterns」pp.66-67 (Schiffer Pub Ltd.1999)


(要旨の仮訳)
スパース
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ある」とき、そのパターンはその領域の内容(柄?)によって見た目が拡張され、著者によりスパース(希薄系)フォームと名付けられ、以来、幾ばくかの批判(中傷)はあるにせよその内容(ターム?)は広まって来た。
デンス
パターンの変更された独特の領域に、任意の特定柄が含まれて「ない」とき、そのパターンはその領域内の柄を通じて見た目が縮小、濃縮され、あるいは省略により脱落しているゆえ、著者によりデンス(濃厚系)フォームと名付けらた。

「特定の柄」はかなり任意に選んでいる様子なので、いろいろな批判があることはジョンソン氏自身も書いています。(批判というよりはご本人は中傷と受け取っているようですが)
いずれにせよ、素人が訳しているだけなので和訳が見当違いの可能性もあります。あくまで仮のものとしてご参考ください。(川村のちから不足もありますが、ジョンソン氏の英文もけっこう悪文(笑)のように素人的には感じます。)

タッドポール(おたまじゃくし)パターンでのデンス(左)と、スパース(右)の例
タッドポールスパース(右)の場合、おたま柄の上にいる「泳ぐ生き物みたいな柄」(囲んで示す)をジョンソン氏は「任意の特定柄」としています。
a0164296_2375331.jpg


タッドポールデンス(右)には、この「泳ぐ生き物みたいな柄」が省略されているので「デンス」であると説明しています。
(例が判りにくくてすみません。大事な部分がポケットに隠れてしまって確認できない(笑)のですが)
a0164296_238811.jpg

なんてゆうか、基本カテゴリーの「おたまじゃくし」の命名は秀逸と思うけど、サブカテゴリーは、タッドポール(TO-78)とかタッドポール(シルバー)とかにしたほうが判りやすい気がするんだけど。
[PR]
by poemaquince | 2016-09-30 23:12 | tiger stripe | Comments(2)

どひゃーっっ!ジョンウエイン(デンス)って、ベーカーGS-13なの? TSの迷宮その17

CISO(Counter Insurgency Support Office /叛乱対抗支援事務所)について調べものをしていて、とんでもない写真を見てしまいました!
Jason Hardy氏によるUSミリタリアフォーラムのこの投稿です。
1965 Prototype Tiger Stripe Camouflage Uniform Set
http://www.usmilitariaforum.com/forums/index.php?/topic/266796-1965-prototype-tiger-stripe-camouflage-uniform-set/

これって、CISO調達の納品見本みたいなものではないかと思うんだけど、そこの紙タグに書かれた文字にびっくり!!(スレッドの皆さんもびっくりしている様子です(笑)。)
「PREPRODUCTION SAMPLE IDENTIFICATION TAG 」(製造用見本証明タグ)と書かれた用紙にいろいろ書かれています。半分はかすれて読めないのですが、何となく読める部分を拾い読みすると
「NOMENCLATURE」(品名)の項目には「US シングル "M" カモフラージュ コート」の記載(すみません面倒なのでカタカナ表記)
裏面は、「R**UESTING AGENCY」(一部読めない)その記載の下に
「TYPE NAME, GRADE & TITTLE」の項目がありその欄の記載は「C.B.ベーカー 
-GS-13, CISO」との記載が有ります。どひゃー、コレ(JWDのUSカット)って、「ベーカー GS-13」って呼ぶの???と大発見に色めき立ちます。ところが文字は続きます。
[CONTRACTING OFFICER, OPC](契約担当官,OPC)の記載の下に引き続いて同じ表記が!
「TYPE NAME, GRADE & TITTLE」の欄には「ラルフ J.ストーム -GS-12」の記載です。あれ、ベーカーGS-13ではない??この「タイプ,ネーム」って「形式名称」という意味ではなく、どうやら担当者名(のタイプ打ち)くらいの意味のようです。「GS-13,CISO」も一般的な「グレード」をさすものなのかこの型この柄のモデルをさすものなのかはっきりしません。(とほほ)
しかしながら、この業界そういった俗称もありかな(例えば海軍フライトJKTをWEPって呼んでるとか)とも思えますので、あの柄のアングロカット(US裁断)はジョンウエインでなく、GS-13CISOと呼ぶのもカッコイイかも(笑)。
 上記リンク先に紙タグの写真もあります。ぜひご参照ください。

Jason Hardy(c) / US militaria fourum / May 2016
a0164296_0565563.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-09-28 01:00 | tiger stripe | Comments(2)

サイゴン1955 あるいはタイガーストライプの始まり?

 たまたま、サイゴンの古い写真をなにげに見ていたら「あれれ、このひとたち、タイガーストライプ着てんじゃね?」と目にとまりました。ところが写真のキャプションは「サイゴンの戦い1955」です。タイガーストライプの始まりは、「一番槍ブログ」のタイガ氏が1960年頃と考察、特定されています(http://ichiban.militaryblog.jp/e502218.html)。そこから5年も遡るとは「こりゃ大発見かも!」とびっくりして一瞬喜んだわけですが、落ち着いてよくよく考えてみると、これはフランス軍の使用した「インドチナ・リザード」スモックではないかと考えるのが正解でしょう。キャプションにも「空挺部隊が」とかいてありますし。
 50年代からフランス軍のリザードパターンはすでにいくつかのバリエーションがあり、フランス本国では古くからリザードのエンスージアストによってパターンがきちんと分類されている様子です(良く判らないけど(笑))。
 ちなみにジョンソン氏の「タイガーパターンズ」を確認すると、VNX(ベトナミーズエクスペリメンタル)パターンは、57年8月と58年12月のスタンプが現存し、最初の制式海兵隊パターンは、59年8月に導入されたと記載されていました。このこともタイガ氏の考察とほぼ一致します。

(注)59年8月と60年では一致しないのではというツッコミもありそうですが、そもそもジョンソン氏も、さらっと"officially adopted"としか書いてありません(もしかしたら別の場所で詳述してるかもしれませんが(笑))。この手の「アイテム」がいつ「導入」されたかという問題は「何をもって導入」とみなすかで、いくらでも動くものと考えます。仕様が確定された段階か、調達の意思決定をした段階なのか、(被服の)コントラクトした段階なのか、あるいは納品され部隊に配備された段階なのかetc. そのようなことから、数ヶ月の時間差は、当時の当事者である「TQLC師団P3チーフ(作戦参謀長)チャン・バン・ヒェン元中佐」の証言と全く矛盾しないばかりか、その情報を補強するものと考えます。またこの記事を発掘し、和文で紹介したタイガ氏の功績は高く評価されるべきと川村は感じております。


a0164296_0225521.jpg

 銃撃戦の中、ビン・シュエン派の部隊が強固に立て籠るペトュス キ(読み方判りません)高校?へ進出する空挺部隊
出典:http://rvnhs.blogspot.jp/2015/05/the-battle-of-saigon-sixty-years-ago.html
 追記:インドチナリザードを着ているのは、フランス軍ではなく、ゴ・ジン・ジェム大統領派(ていうか国軍)です。誤解なきよう。
 追記の追記:見逃していたのですが、上記写真のリザードパターンは、タイガ氏の所有されているTAP47/53降下服に非常に似ていることに気づきました。http://ichiban.militaryblog.jp/e591404.html
おまけに、おなじページにビンシュエン派との戦闘の写真もありました。大変失礼いたしました。
下↓の写真のものより似ている気がします(笑)。確証はないけど。

 で、今回、サイゴン1955の写真に近いと思われるパターンはコレかな?
 おなじみ「エ」の字の原型や、「ひよこ」「とびけら」がいるのが判ります。ほかにもおなじみの図形が!
cパターンと呼ばれている様子です。
a0164296_0231949.jpg

 出典:IACMC http://iacmc.forumotion.com/t4678-tta47-toutes-armes-or-modele-general-modele-allege
[PR]
by poemaquince | 2016-09-18 00:27 | tiger stripe | Comments(2)

映画「シン・ゴジラ」観て考えました。(番外編)

 さて、前回はドキュメンタリー映画「日本鬼子」を観てつらつら思った事を書いてみたわけですが、今回は超弩級虚構映画「シン・ゴジラ」を観て感じた事を書いてみようと思ってます。いわゆる「ネタバレ」を含むのでこれから見ようと思っている人はまだ読まないほうがいいかもしれません。

 観終わったあとの感想第一声は「いやこれ福島原発のメタファーってゆうかパロディじゃね?」ってことです。「?」が「確信」に変わったのが、ヤシオリ作戦でゴジラへ「体液凝固剤」を投入する生コンポンプ車?(何て呼ぶ建機車か名称判りませんが)見たときです(笑)。3.11の注水車とおんなじです。まあ、水路を遡上するゴジラ(幼態)とか、ゴジラの通ったあとのがれきの山とか、3.11を彷彿とさせるシーンは至る所に出てくるのだけど。そして、凝固したゴジラはまさにフクシマ原発とそのまま重なります。ネットで検索すると、やはり皆さん似たようなことを感じて書かれている方が結構おられます。
 感想第二は、トロンビンとか血液凝固剤とか言ってたけど、経口投与か!!てゆうところです(そんなんで効くの?)。役所の伝手(つて)で民間プラントを総動員して凝固薬の必要量は確保できたんだけど、どうやって投与するんだろう?とハラハラしてたのに。そしたら上記のとおり。ヤシオリ作戦雑過ぎ(笑)。がれきの中、装輪の「生コンポンプ車」はゴジラにアクセスできないって!まあ、虚構にツッコんでも仕方ないのですが、映画前半の描き方がすばらしかったので、映画後半の展開には期待しすぎていました(笑)。在来線爆弾とかヤシオリ作戦の伊福部マーチで、「パロディーテイスト」満開です。
 そして、やはり傑作なのは、「災害」発生時からの政府対応シーンでしょう。東京湾横断道路の謎の陥没事故からの展開が秀逸!役所の会議の「バタバタ感」がハンパない描写で笑えます!東京都の災対会議のシーンも再現度が高い!東京ロケーションボックスで本物つかった??
 後半で印象的なのは、立川の災対基地で、政権与党の若手政治家二人が出世とかなんかのヨイショ談義をしてて、まあ、それはそれで泥臭くていいんだけど、そのあとヤシオリ作戦に出撃する現場の隊員に訓示なんかする場面なんだけど、さっさと立場変えて「この国の未来が云々」(みたいな??まあ、そんなかんじのいわゆる感動的なことがら)なんかで檄っちゃって、「ああ、隊員達は命かかってるのに、このひとたちは安全なところで指揮命令してんだろうな」とか感じてしまうのでした(まあ実社会でそういった豹変は大事なんだけどね)。この映画は、われわれ日本人は、あの3.11をこのようにやり過ごし、そしてアレは、いまだ宙ぶらりんにあそこに「固まっている」だけなんだよ。ということを見事に示しているのでしょう。
 いやー,庵野監督、上手い!!
 映画みる前は先入観をもたないようにとネット記事とか読まないようにしていたのですが、観おわったあと、他の人はどんな感想なのだろうといろいろ検索してみました。まあ、いろんな見方があっていいとは思うんだけど、あまりにアレなご意見(テーマは安全保障だ!みたいな(笑))も散見されたりします(おやおや)。
 あと、無人ボートに残された「春と修羅」とか、最後のカットの尻尾の「人型?」とか、全く気づかず(いや冊子は気づいたんだけど文字が読めなかった)見落としていました(こういったとき視力が低いのはつくづく不便です)。もいっかい観ようかな。
a0164296_0215728.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-09-02 00:23 | 映画 | Comments(0)