M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

映画「オマールの壁」観てきました。(番外編)

 先日(ていうか既に2週間が経ってしまいましたが)、新宿の角川シネマでパレスチナ映画「オマールの壁」を観てきました。
 映画としてはものすごくよくできていて、謎解きエンタテイメントとしても楽しめるし、また、イスラエルのえげつなさや、分離壁によるヨルダン川西岸?自治区の社会状況なども描かれた社会派の視点も見事です。そしてカンヌ映画祭でも「ある視点部門賞」を受賞していたりする佳作映画です。
 にもかかわらず、観終わったあと、後味がざらざらしていたので、その理由がなんなのかをすこし考えたりしておりました。少しばかり迷いましたがやはりそのことを書き留めておこうとおもいます。というのも、そういった見解はイスラームに対する文化的な偏見を助長させたり、あるいは文化的偏見そのものではないのかというご意見もありそうな気がしたからです。(もちろん自分もそういった自覚なき偏見から全く自由ではないかもしれませんが)
 さて、前置きが長くなりましたが、何がこころに引っかかってがざらざらしていたのかと思いあぐねると、どうやら「あー、イスラム社会って両性の合意だけで結婚できないんだ。めんどくさー」ということに思い当たりそうです。それがイスラームの宗教規範によるものなのか、あるいはただ単に社会の発展段階に伴う共同体の規範なのかどうかは判らない(実際、日本社会も今の憲法が明文化するまでそうであった訳だし)のですが、そんな「性」(あるいは女性性)への「非寛容性」を感じたからなのでしょう。
 イスラエルの不当な支配が、若者の暴発(ここではイスラエル兵への狙撃)や共同体のなかでの疑心暗鬼を生んでいる状況については「まあ、そうだよね」と納得できる訳です。ネタバレになるかもしれませんので詳細は省きますが、描かれる主人公(の生きる世界)がもっと「性」に寛容な社会であればそもそもこんなに「もつれる」必要もなかった(映画のドラマ性も成り立たない?)ということなのかなあとも感じたのでした。
 もっとも、あとで、ハニ・アブ・アサド監督のインタビューなど見てみると(参照)http://www.webdice.jp/dice/detail/5043/ ラブストーリーは「喜劇」か「悲劇」にしかなり得ないと仰っているので、やはりイスラーム文化の特質なんかではなく、古今東西どの社会にもみられる「若者の独りよがりの勘違い」の悲劇(喜劇)ということなのかもしれません。
 いずれにせよ一刻もはやくパレスチナの地に平和で世俗的な自治国家が真に樹立されるよう強く願っております。


 当日は満席だったのですが、角川シネマでの上映は5月6日までです。渋谷アップリンクにて上映中!!
a0164296_14405973.jpg


(映画に関係ないけど)
 帰りに高円寺に寄り道して「バインミー」食べてきました。
a0164296_14405723.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-29 14:55 | 映画 | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮 珠玉の80年代レプリカその2(東京ファントムおたまじゃくしデンスの巻)

 前回、前々回と「珠玉の80年代レプリカ」と称してSAM'S MIRITARIYAの、「マーティン・シーン」柄をご紹介した訳ですが、今回は、80年代初頭?に登場した旧東京ファントムさんの「TO78」系のレプリカの紹介です。

 右がオリジナルTO78
 左が、東京ファントム(旧)のもの
a0164296_14195736.jpg


 おなじく背面
a0164296_14195055.jpg


 スタンプ部のクローズアップ
 TP-M (TOKYO PHANTOMのMサイズ?)
a0164296_14194287.jpg


 KYAONAM.COMさんのページで紹介されているファントムのスタンプ
 TO78とスタンプが・・・
a0164296_14193290.jpg

 http://kyaonams.sakura.ne.jp/%8B%8Ckyaonam/uniforms-2.html 

 タッドポール部分の比較
 そっくりです。ただしTO78がツイル生地なのに対し、旧ファントムの製品は平織りです。惜しい。
a0164296_1419166.jpg


 ボタンの比較
 材質も含め、ほぼ同じです。 
a0164296_14185321.jpg


 パターンの比較
 並べて比べると異なることが判ります。惜しい。
a0164296_14184495.jpg


 突然ですが、カジュアルドメスブランド「クライミー」のシャツ
 タッドポール部分がみられませんが、生地もツイルで、パターンもオリジナルTO78にかなり似ています(笑)。ここ、数年の製品とは思うのですが。
a0164296_14182887.jpg

 写真の著作権はオークション出品者様にあります。
a0164296_141822100.jpg


 オリジナルのTO78と、東京ファントム(旧)のトラウザーズのコンビネーション 裾にコードは入らないタイプです。
 小ポケットの2つボタンに留意
a0164296_14175338.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-24 14:26 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮 珠玉の80年代レプリカその1(の2)

 前回、地獄の黙示録をタネにして、珠玉の(笑)80年代レプリカと称してSAM'S MIRITARIYAの、ジョン・ウェイン柄をご紹介した訳ですが、まあ、タイガーストライプを分類するにあたってもハリウッドのアレ映画「グリンベレー」よりはカンヌ「パルムドール」受賞の「アポカリプス・ナウ」をメルクマールとしたいのが人情です(笑)。
 ということで、以降、当稿では、ジョンソン用語でいうところのJWDをマーティン・シーン・デンス(Martin Sheen Dense)と勝手に読み替えることにします(きっと混乱するよね(笑))。

SAM'S MIRITARIYAの、ジョン・ウェインじゃなかったマーティン・シーン・デンス(MSD)柄のトラウザーズ
前回紹介したジャケットとは別ロットらしく、赤い「ミリタリ屋」のタグは付いていないタイプ。
APA発注のこのタイプにT.T.S.X.Q.T(需品生産センターTRUNG TÂM SẢN XUẤT QUÂN TRANG)のスタンプが押されるものなのかは不明
Q5はサイズ表記、07/62はコントラクト?年月
追記:あれっ?よく見たらT.T.S.K.Q.Tですね(笑)。何だろう?
a0164296_21334622.jpg


全景の写真を撮り忘れたので、うえ半分の写真
ボタンのタイプが前回紹介したジャケットと異なる。
ファスナはブラス製YKK
a0164296_2133374.jpg


実物マーティン・シーン・デンス(MSD)柄上着とのコンビネーション
あれ?裾にコードは入ってたっけな?忘れてしまいました。
a0164296_21332685.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-23 21:35 | tiger stripe | Comments(0)

「地獄の黙示録」リバイバル!!珠玉の80年代タイガーストライプレプリカその1の巻

 フランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」(1979)が、新宿シネマートを皮切りに国内でリバイバル上映されています。
それも、79年の旧バージョンで!!(個人的にはREDUX版よりも好みです)
 現在ではソフトもだいぶ安くなり手軽におうちで観ることもできるのですが、映画はやはり劇場で観ることで、だいぶ印象が違ったりもします。(でもシネマート新宿そんなに画面おおきくない気がするけど)
 日本全国で順次公開とのことですので、近くで公開されたらぜひ観に行きましょう。


 「地獄の黙示録」の公開によりベトナム装備やタイガーストライプの人気が高まり、80年代には多くの?タイガーストライプレプリカが作成された様子です。
 2016年から振り返ってみれば、オリジナルタイガーストライプの生産年(60〜70年代)とレプリカの生産時期である80年代は、そう変わらないようにも感じます。人によってはビンテージレプリカと呼ぶかもしれません。
 という訳で「珠玉の80年代レプリカ」(笑)と称して2回にわたり当時モノ(レプリカの)をご紹介していきます。
 まずはウイラード大尉に敬意を表して、Sgt.R.D.Johnson氏の「TIGER PATTERNS」にも記載のあるサムズミリタリヤさんのJWD(当時はこんな用語はなかったはずだけど)です。
※追記:「カンプマガジンOct/2002 通巻4号」の記事「虎縞模様型迷彩考」によりますとジョンソン氏の「タイガーパターン」の出版されるよりだいぶ以前の80年後半より、すでにこの柄のタイプを「ジョンウェイン」と呼称していたとのこと。興味深いです。(2016/4/24)

オリジナル(右)とサムズ製(左)の比較
デザインはR.ジョンソン軍曹のいう、アングロタイプ
サムズの赤いレーベルタグに留意
a0164296_2015447.jpg


サムズミリタリ屋(「TIGER PATTERNS」のようにmilitariaではない)のタグ
a0164296_20153674.jpg


背面の比較
左がサムズ製
a0164296_20152722.jpg


ジョンウェイン濃厚系のパターンの比較
オリジナルに比べ、エッジが細かい
(ただし、当時こういうオリジナルがあったのかもしれません)
a0164296_20151634.jpg


ポケットの比較
オリジナルは中央へ、サムズ製は外側に向け襠が開いている。
(ただし、当時こういうオリジナルがあったのかもしれません)
a0164296_2015161.jpg


袖のクローズアップ
両者とも、ツイル生地であることが判る。
a0164296_20144979.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-04-22 20:20 | tiger stripe | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮(その10) TO-74の謎(その2)

 前回の「タイガーストライプの迷宮その9」で、「P−Tタイガーの謎」http://parkashell.exblog.jp/21732955
と称してJWDパターンの個体の考察をした訳ですが、その胸ポケットからコントラクトの記された紙片が偶然出て来て、いわゆるP−Tタイガーは、『TO-74』であった可能性が明らかになったのでした。
 今回は、そのポケットから出て来た紙片の黒塗りをしている部分を解明しようという試みです。
 全くの偶然なのですが、つい最近、御厚意により譲っていただいたタイガーストライプを特集した古ミリタリー雑誌の記事に驚くべき記述があることに気づきました。「アームズマガジン1989年7月号」での本島治氏(たぶん)の記事です。
 順次写真にて説明していきたいと思います。

件の紙片
右下に黒塗り
a0164296_11381164.jpg


太陽光下で斜めから見るとうっすらと読めるかも。
ということで
目視観察では PU MI LONG BINII?かなとも思ってましたが、
撮影画像でみるとFU MI LONG BINH??
フミ ロンビン?
これべトナムのロンビン??
てっきり日本で縫製していたと思っていたこのタイガーストライプ、
ロンビンで縫製していたということでしょうか!! 
a0164296_1138115.jpg


また、偶然のタイミングで譲っていただいたアームズマガジンにも驚きの記事が!!
同じコントラクトの紙片の写真が載っているのでした!!
しかもTO-78(いわゆるタッドポールデンス)の!!
a0164296_11375338.jpg

月刊アームズマガジン1989年7月/通巻13号P79((株)ホビージャパン)

いやー、これってサイゴン近郊のロンビン(ビエンホア省)に日本企業の縫製工場があったのか??
それとも日本製生地を輸出して、現地企業が受託縫製していたのでしょうか?
70年代にもなると縫製も日本国内から海外に移転したということでしょうか?
また、TO-74とTO-78のコントラクト年月(71年1月)も一緒ということは、いわゆるTDDとJWDが同時期に発注、生産されたということになりそうです。
いやはや、なぞは深まるばかりです。

追記:当時ロンビンには米軍の補給基地があったようなので、調達元あるいは集積元などの記載なのかもしれません。謎です。
[PR]
by poemaquince | 2016-04-16 11:48 | tiger stripe | Comments(7)