M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

というわけで、ナチスの手口を学んでみました。

 前々回のブログで、2013年の麻生発言の主旨は、ナチ台頭の教訓から学べということであった件について記述しました。
 なので、アソウ先生のご助言にしたがいそもそもナチ党がどのような形でワイマール共和制のなかで権力を奪取したのか?を学んでみることにしました。参照したのは、講談社現代新書「ヒトラーとナチ・ドイツ」(石田勇治2015)です。「なぜ文明国ドイツにヒトラー独裁政権が誕生したのか?」という帯の文句に違わず非常に解りやすくかつコンパクトにナチ台頭のメカニズムを解説してくれる良書です。
 さわりの部分がネットでも参照 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44760 できますが、興味の有る方はぜひご通読ください。
 ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
a0164296_2105710.jpg


 本書の指摘によれば、(かなりざっくりですが)
○ヒンデンブルグ大統領は、保守政権の確立のため、「国家人民党」と「ナチ党」の連立政権をつくり、ヒトラーへ譲歩しヒトラーを首相に任命した。
○ヒトラーはヒンデンブルグ大統領のナチへの融和的態度を突いてワイマール憲法の規定による「大統領緊急令」により「合法性」を担保しつつ、ナチにとって都合の悪い法の換骨奪胎・議会の無力化を謀った。
○ナチは政権の「正統性」「合法性」をよそおう一方、街頭では社民党、共産党など反対派に暴力的圧力をかけ続けた。
○市民社会はそれに対し黙認、消極的加担をした。社会の中に、大ドイツ至上主義、反ユダヤ主義、排外主義を容認する風潮が拡大した。
○軍は「再軍備」という勢力拡大と、またボルシェヴィズムへの対抗からナチ党を容認していた。また、ヒトラーによるナチ突撃隊(SA)の粛正によりナチに対する軍の信頼は深まった。

 ナチ台頭前夜のドイツと現在の日本社会は全くちがうのですが、それでもなおいくつかの点で共通する要素に不安を感じています。
 特に、ここ数年で日本社会の中にみられる「日本スゲー的な言説、反中・反韓の風潮、排外主義の噴出」は、「大ドイツ至上主義、反ユダヤ主義、排外主義を容認する風潮」などと、まさにパラレルな関係に思えてならないのです。
 ナチのステレオタイプ煽動「ユダヤ人の特権」は、アレ用語の「在日特権」とパラレルだし、メディア批判として用いられた「Lügenpresse」(嘘つきメディア)は、アレ用語「マスゴミ」にそっくりです。
 右派と軍が、極右を容認することの危険性が歴史の教訓であった訳ではあります。そして実際「日本会議」というアレが静かに浸透する日本社会が現実となりつつあったりします。どひゃー
[PR]
by poemaquince | 2015-08-30 02:14 | 番外編 | Comments(0)

タイガーストライプの迷宮(その7) SAM'S「カンプ マガジン」を入手!

 先日、池袋にある「サムズミリタリ屋」さんに行ってきました。お目当てはミリタリ屋さんが発行していた同人誌「カンプ マガジン(Kampf magazine)」です。
 2001年に第1号が発行され、現在2007年1月(第5号)まで発行されております。残念ながら第1号は売り切れておりましたが、2号から5号までは若干の在庫があり現時点で4冊とも入手可能でした。また、特別価格ということで1冊600円でした。
 今回、そのカンプマガジンを入手したところ、タイガーストライプに関する特筆すべき記事がありました。2002年1月号(第2号)にて、MASHの福岡伸介氏が「考察・NAM戦タイガー その調達ルートと系譜」という記事を書かれていいます。以前(2013年11月)当ブログ(タイガーストライプの迷宮「U.S. Army Procurement Agency,Japan(アメリカ陸軍調達庁) の巻」http://parkashell.exblog.jp/19064571や、「MADE IN RYUKYU?」http://parkashell.exblog.jp/19070189/)にて推測した様々な課題が10年前にしっかりと調査され記述されているのでした。
 そのほかにも、カラーページもふんだんにチャーリー野本氏のべトナム人民軍・解放戦線の被服装備やリエナクメントのレポート、伝説の同人誌「カンプ イン アクション」の記事を彷彿とさせる読み物「戦争映画のぱぴぷぺぽ(かきくけこさむ氏)」や「バカモデリング講座(KG同人十川氏)」などなど、貴重な情報がてんこ盛りです。興味の有る方にはおすすめです。
a0164296_22513193.jpg


「考察・NAM戦タイガー その調達ルートと系譜」
ローラープリントの図解なども非常に参考になる。
a0164296_22512263.jpg


「考察・NAM戦タイガー その調達ルートと系譜」
各モデルの生産時期(推定)
a0164296_2251974.jpg


虎縞模様型迷彩考(part2)
第4号に掲載されているジョンウェインパターンの考察です。
残念ながらpart1は、品切れの1号に掲載されていた模様です。
a0164296_22505853.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-08-24 23:05 | tiger stripe | Comments(0)

おわびと訂正 アソウさんごめんなさい。

 先日、国家鮟鱇さんのブログ記事にこんなのがありました。
 「小林よしのりと麻生発言」
 http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20150811/1439258280
 そこに、「麻生発言はそういうものではないということは何度も書いたので繰り返さない。」との記述がありました。当ブログでもこの自民党副総理の発言を取り上げてひととおり「呆れて」いた(http://parkashell.exblog.jp/18244427)わけですが、麻生発言はそう言うことではないとのこと。
 どのようなことなのか気になって国家鮟鱇さんの当時の記事を参照させていただきました。
 →http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20130801 ほか

 結論から申しますとこの国家鮟鱇さんのご指摘のとおり麻生さんの「ナチスの手口に学んだらどうかね」発言は、ワイマール憲法下でのナチの権力簒奪を「教訓にせよ」という主旨であると解釈したほうが合理的であると思うに至りました。
(ていうか、自分でブログに書いて忘れてたのですが、新聞を読むまでは件の麻生発言を<例えば「ワイマール憲法下でナチ党が権力を掌握してしまったことについて教訓を学ぶべき」と言う趣旨の発言>ではないかと疑ってます(笑)。でも新聞の「論調」に引っ張られていたんですね。)
 また、当時ブログコメントにて、John Doe氏からその旨のご指摘をいただいていたにもかかわらず「そのようには読めない」と決めつける発言をしておりました。John Doeさんへもあらためて謝罪の意を表し、謹んで発言を訂正させていただきたいと思います。

a0164296_029236.jpg
Die Eröffnung des Reichstags am 6. Dezember 1932 in Berlin ! Blick in den Reichstag während der Eröffnungsrede des nationalsozialistischen Alterpräsidenten General von Litzmann.
ワイマール共和国にナチが台頭してきた頃 1932年12月帝国議事堂

ブンデスアーキフ(連邦公文書館)は便利
http://www.bundesarchiv.de/recherche/index.html.en
[PR]
by poemaquince | 2015-08-15 00:51 | 番外編 | Comments(3)