M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ドローコードの補修

2012年あけましておめでとうございます。といってもすでに1月も2/3を過ぎてしまってはおりますが・・・
このブログもいよいよ3年目となりました。
まれに、初期のM-65パーカなどに、裾のドローコードが異様に長いものが見られます。これは、ゴム製のエラスティックコードが経年により劣化したのち引っ張られた結果、伸びきってしまったものの名残なのです。実用で使用する場合、巻きついたり引っかかったりしてちょっと危険ではあります。記述者川村は、内側のライナー留めボタンなどに縛り付けておりますが・・・
a0164296_2213049.jpg


というわけで、今回の記事はドローコードの修繕についてです。
といってもおこなったのはM-65の修繕でなく、失われたM-51のウエストのドローコードの復元です。60年代型M-51ジャケットの裾から伸びきったエラスティック(ゴム)コードを移植などしてみました。
それでは、順を追ってみていきましょう。

ウエストのドローコードが失われているM-51(mil-p-11013A)
a0164296_21522921.jpg



実用で使用している60年代型M-51ジャケット
裾のエラスティックコードが伸びてしまっている。
a0164296_2152431.jpg


60年代型M-51ジャケットの右側裾のコード取り出し口
a0164296_21514856.jpg

60年代型M-51ジャケットの左裾のコード取り出し口
コードを引き抜こうとしたら、取り出し口に、糸で縫い付けてあった。
a0164296_21512445.jpg

握りばさみで、縫い付けてある糸を丁寧に外してみる。うまくいった。
a0164296_2151559.jpg


ジャケットの裾から引き抜いたコードをパーカに置いてみる。長さも足りていることを確認
a0164296_21504396.jpg


実際にパーカのウエストコードのトンネルに通して見る
a0164296_21495395.jpg


アイレット穴から出してやるとこんな感じ
コードの先がほつれている。
a0164296_21493544.jpg


以前、nanasiさんがHPで紹介していた、収縮チューブでのアグレット再現を試してみる。
http://www43.atwiki.jp/newrose/pages/53.html
絶縁用収縮チューブ、ドライヤー、はさみを準備
a0164296_21492035.jpg

ところが、冬季だからか、ドライヤーの熱では全然収縮しない。鍋にお湯を沸かして熱湯につけてもみたが収縮率が低く?簡単に抜けてしまう。
この日は一旦撤収
a0164296_2149149.jpg



絶縁用チューブでなく、もしや靴用ならば収縮率が高いかもと街の靴やさんなどを数件廻って見たがどのお店にも収縮パイプは置いてなかった。(・・・あとで気付いたけど、実は絶縁チューブと比較して内容はあまり変わらなそうであった。今日、買えなくて良かった。)
次善の策で、キャンドルによる直火であぶることにした。
上はオリジナルのドローコードとアグレット
下は、コードに収縮パイプを通したところ
a0164296_21484486.jpg


キャンドルと加熱後のドローコード(両端)
a0164296_2148377.jpg


紐通しを使ってウエストトンネルにコードを通すところ。
a0164296_21482889.jpg


道具を使ったので、簡単に通すことができた。しかも、この個体のトンネル幅は、標準の幅よりだいぶ広い。(通常、概ね2.5㎝程度のところ3.5㎝ほどの幅があった。)
a0164296_21481679.jpg


とりあえず完成
a0164296_214851.jpg

記:2012/1/22
[PR]
by poemaquince | 2012-01-22 22:04 | parka | Comments(1)