M-51Parkaに関する2,3の事柄

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

M-51parkaの生地について(その2) 続コットンサテン厚生地の謎

M-51パーカー生地については、当ブログにおいても断続的に考察してきたところですが、「厚生地」「薄生地」の仕様の謎については、ヒストリカル版の仕様書さえ入手できればそこに明確に書いてあるのではと期待していたわけでした。ところが・・・・
(生地素材に関する考察など↓)
2010年4月 M-51 parkaの生地について
2010年7月 コットンサテンの厚生地は本当に「初期型」か?
2010年12月 MIL-P-11013(初版)14 March 1951

昨年末に入手したヒストリカル版の初版であるMIL-P-11013(QMC)にて規定される本体生地は、5オンスのコットンナイロンオックスフォード織(いわゆる世間で「後期タイプ」と呼ばれていた)薄生地でした。また、この仕様において、コットンサテン織に直接言及した個所は(目を通した限り)ありませんでした。では、コットンサテン織の「厚生地」の存在はどのように説明すればよいのでしょうか。
以下、推測でしかないのですが、昨年7月の欄にて考察したとおり、軍の大量発注に際し、コットンナイロンのオックスフォード織の数量調達が間に合わなかったため、特記仕様にて容認された。あるいは、以下の仕様書に示す発注用「見本品」に、何らかの事情によりコットンサテン生地が使われていた。あるいはその両方によるものなどと考えられるのではないでしょうか。
いずれにせよ、現時点では「厚生地」については1952年秋以前の生産であったと(厚生地のスタンプでMIL-P-11013Aなどが確認できないので)推測されます。
 
MIL-P-11013(QMC)の仕様書にはつぎのとおり、応札に際して「標準見本」を示しています。(仕様書は2010年12月記事欄参照)
3 REQUIREMENTS
3.1 Standard sample.
In all respects not specifically covered by this specification, the parka shall be equal to the standard sample (see6.3)
3 要件
3.1 標準見本
この仕様によってあらゆる点が明確に網羅されるわけではなく、その場合、パーカは標準見本と一致させる。(6.3参照)

6.3 Standard sample. For access to standard sample, address the procuring office the invitation for bids.
6.3 標準見本:入札募集を行った調達事務所にて標準見本が閲覧できる。

MIL-P-11013Aもつぎのとおり上記と同じ文面です。
仕様書A版
24 DESEMBER 1952
a0164296_0153871.jpg
a0164296_0161026.jpg


ちなみに1962年8月のMIL-P-11013Dは、このような表現になっています。
3.1 Sample.
Samples are furnished solely for the guidance and information to the contractor (see6.3)
Variations from the specification may appear in the sample in which case the specification shall govern.
3.1 見本品
見本品は、請負者に提供される唯一の指示および通知とする。(6.3参照)
見本品に現れた仕様との相違(ヴァリエーション)については、見本品が優先される。


訳が間違っていたらすみません。・・・しかしながら、D版の仕様では、より「実物見本が優先だよ!」ってな感じになっている気がします。

追記:訳が違って(笑)いました。 the specification shall govern.を「仕様書が支配される」の意と解釈したのですが、ここはそのまま「仕様書が優先する」と読むのが正解のようです。詳細は、下記コメント欄のmilcloeさんの指摘を参照してください。(2011.6.12)
[PR]
by poemaquince | 2011-05-30 00:21 | parka | Comments(9)