M-51Parkaに関する2,3の事柄

カテゴリ:parka( 63 )

えーっ!! Parka Shell Arctic EX-50 ???

 えーっ!! Parka Shell Arctic EX-50 ???
 その日、たまたまエイ出版社の雑誌を店頭でぱらぱら手にとったところ、とんでもない写真を見てしまいました!!! えーっっ??何コレ?? EX-50??
 そこには、見たことも無い聞いた事も無いEX-50というエクスペリメンタルモデルが紹介されていたのでした!!おまけに中目黒の『LOCO』さんで取り扱っているとの記載が!へなへなとその場にしゃがみ込んで雑誌に書いてある「問い合わせ先」に電話してをしてみまたが、呼び出し音ばかりでなかなかつながりません。調べてみたら開店は午後二時からとのこと。まだ1時前です。本の奥付を確認すると12月10日発行、少なくとも11月には店頭に出ていたか?もう遅いかもと、不安を抱きながらもとりあえず直接中目黒に向かうことにしました。
 中目黒の古着屋さんは、『Cider』以外はほとんど行った事がありません。グーグルマップで目的のお店に向かいます。さすが「中目黒」、ガード下は、おされな飲み屋がいっぱいです。東急線のガード沿いから商店街に抜けます。ありました「LOCO」さん。入り口にはM-51parkaが。程度もよく、ライナーもついて15000JPN台は安いのでは?しかし今日はそれどころではありません。店内に入りぐるり見廻してもそれらしいアレはありません。(あーっ、やっぱり遅かったか?)念のためお店のひとに訊ねてみました。お店のおねえさんは、雑誌をたしかめながら電話でも商品の有無を確認してくださり、やはり雑誌が出て直ぐ売れてしまったとのことでした。あーっ、またしても「パーカ趣味者」失格!、ショックでしばらく呆然としてしまいました。まあ、残っているとは思ってなかったけど、それでも「もしかしたら!」と淡い期待で中目黒まで急いで来たわけでした。落胆です。まるで好きな異性に振られてしまったかのような気分です。きっと、「キモいトラ柄のアレ」や、「ポットの刻印」のことばかり考えていたため、パーカの神様のバチが当ったのでしょう。ぐっすん(涙目)。 
 ここまで来たのだからと、下北沢で途中下車です。険しい顔(たぶん)でひととおりお店を廻って、やっぱり「EX-50」ないなー(当たり前)、と、もうすっかり合理的判断力を失っています。そんな折り、「フラミンゴ」店内で、あれ?ほどよくヤレたJWD?を着たおしゃれな店員さんとすれ違いました。(オリジナル??)思わずじっと観察してしまい、我慢できずに「見ていいですか」と(おそらく恐い顔で)訊いてしまいました。親切な店員さんは親切に「どうぞ」といってくださいました。(うーん黒ボタン?中田?だとしたらこんなヤレ方する?)ただ、店員さんが私物で「着ている」ものなので手にとって観察するわけにもいかず「オリジナルですか?」と(たぶん尋問口調で?)訊いてしまったのでした(もう、ほとんどストーカーです)。店員さんは、「いいえ」といってシャツの裾をまくり、グリーンのラベルをみせてくださいました。その対応があまりに自然でつい「あはは」と心が和んでしまいました。
 そして、気がつきました。そうです。べつにわたくし川村が、EX-50をもつ必要はないのです。ただ、EX-50がどういうものなのか知りたかったのです。無事入手された方には、是非どこかでEX-50に関する情報を公開いていただけたらと思います。あるいは消費せずにどうか大切に保管して後世に伝えてほしいと切に願うのでした。

Parka Shell Arctic EX-50-6 
(出典)エイムック
「MILITARY JACKET:ヴィンテージミリタリーデザインの集大成」(2016/12)
a0164296_0305634.jpg

a0164296_031064.jpg

a0164296_031364.jpg

(出典)エイムック
「MILITARY JACKET:ヴィンテージミリタリーデザインの集大成」(2016/12)
https://books.google.co.jp/books?id=AvWuDQAAQBAJ&lpg=PA176&dq=EX-50%20parka&hl=ja&pg=PA176#v=twopage&q=EX-50%20parka&f=false


いやはや、この本このほかにもM-65パーカの試作モデル「T-60」の紹介など、パーカー史を塗り替えるスクープが満載です。
じつは、以前に書店でこの本を見かけたときは「どうせレプリカのカタログ本でしょ」とスルーしてしまっていました。何事も先入観で判断してはいけなかったのです。すばらしい編集を虚心に観察して手にとっていればEX-50に巡り会えたかもしれませんでした。驕った心にバチが当たってしまいました。エイ出版さんごめんなさい、えーん(泣)。
[PR]
by poemaquince | 2016-12-22 00:37 | parka | Comments(5)

PARKA SHELL M-1951 / TYPE 1956 Experimental?

もう、ほんと久々にM-51Parkaの記事になります(祝)。
今回は、M-51パーカ1956年バージョンとされる背面が上下2分割のパーツ割のタイプのものについての記事です。
M-51に関してネットウォッチされている人々の中には、「あの2、3の事柄ブログ、なんであれを取り上げないんだ?」と不審に思われていた方もいらっしゃるかもしれません(笑)。
川村も、書こう書こうとは思っていたのですが、もうすこし何か判ってからと、ずるずる引き延ばしていたわけでした。今回この記事を書くにあたって、結局、なにか確かなことがわかったわけではないのですが、現時点で不明な点の多い謎のモデルとしての記事ということになります。(いっぽう先日、大阪チャーリーの野本さまが、「USMCモデル」ということで当モデルをネットオークションに出品されておりました。新たに何らかの情報を確認されているのかもしれません。)
というわけで、この特異な56年タイプの詳細を見ていきたいと思います。

ぱっと見は、どこにでもあるM-51パーカです。
以下、順次観察していきますが、全体としてパーツの少点数化、工程の簡略化を意図したエクスペリメンタルなデザインなのではないかという気がします。
a0164296_10284837.jpg


背面の全景 
見づらいが、背中のシームが縦の左右分割でなく、上下分割であることに留意
a0164296_10284234.jpg


フロントを開いてみたところ
a0164296_10283644.jpg


腰のドローコードトンネルの比較
通常モデル(上段)は、別パーツにてトンネルを貼付けているが、56タイプ(以下T56)は背面下部パーツ端を折り返し、トンネルを作成している。トンネル両端にボタンホール状の孔をもうけてコードを取り出していることに留意
a0164296_10283014.jpg


腰のドローコードアイレット(はとめ)取り出し口(裏面)の比較
左/通常型、右/T56
補強ウェビングテープの織り、アイレットの留め方(左/菊割り、右/ワッシャー留)、ライナーボタン裏の芯生地(バックラム)の色(左/白色、右/オリーブグリーン)に留意
a0164296_10282040.jpg


裾のドローコードトンネルの比較
左/通常型、右/T56
裾のトンネルについても、通常型は別パーツにて貼り合わせているが、T56は、70年代以降のM-65のように端を折り返してトンネルにしていることがわかる。
a0164296_10281155.jpg


同じく裾のドローコード取り出し口比較
左上段/通常型 右下段/T56
a0164296_10275995.jpg


フィッシュテールの比較
上段/通常型 下段/T56
a0164296_10274880.jpg


袖の比較
左/T56 右/通常型
袖ボタンの形状違い、袖口のパーツ割りの差異に留意
a0164296_10273594.jpg


T56の袖のクローズアップ
通常型と異なり、袖のエラスティックテープ用トンネルも折り返しの袋状であり、また、袖スリングの取り出し口がボタンホール状の切り込みであることがわかる。
a0164296_10272386.jpg


フード部(背面)の比較
上段/通常型 下段/T56
フード背面は、通常型は4分割であるのに対し、T56は3分割パーツであることに留意(見づらいけど)
a0164296_10271034.jpg


T-56フード内側サイズスタンプ部のクローズアップ
「1956」という表示が見て取れる。
パーカ本体へのフードの取付け方法や、ハンガーループなど通常型との違いに留意
a0164296_102718.jpg


T-56フロントファスナーのクローズアップ
a0164296_10265153.jpg

この個体を入手した当初、1956年というスタンプから、初期に多く観察されることの多いTALON(アルミ)ファスナーは、後付けではないかと推測していました(縫付けも雑だったし)。しかしながら、いままで確認できたこのタイプの全例(5例)が、このタロンアルミファスナーを使用していたため、ほぼ、オリジナルの仕様であるということと判断しました。また、同一のファスナであることによって、このモデルが同一の生産ロットであったということが推測されます。今回の記事において、このタイプのパーカについては、スタンプが不鮮明(53か58かわからない)な個体であっても56年プロダクトの蓋然性が高いと考え、TYPE56と呼称することとしてみました(P56でもいいけど)。

今回比較した「通常型」との全景比較
a0164296_10263891.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-10-23 10:36 | parka | Comments(0)

Mー51パーカ(モッズパーカ)初期とか後期とかのこと

 このブログのひとつのテーマとして、M-51初期型の「謎」をずっと考察していたわけですが、まあ、謎はなぞのまま残されている訳です。
 整理してみると
1)MIL規格MIL-P-11013(QMC)の初版からコットンナイロンオックスフォード(5オンス)を指定しているにもかかわらず、51年5月コントラクトではコットンの厚生地が観察されること
2)MIL規格初版から、厚い「大型袖ボタン」を指定しているにもかかわらず、薄い袖ボタンが観察されること
3)MIL規格初版の添付図や寸法表などで指定する裾のドローコードの取り出し(左側)が通常のよく観察される製品と異なり短い仕様であること(参照http://parkashell.exblog.jp/10921248/
 などが挙げられます。
 また、同年度の7月コントラクトでは、すでにコットンナイロンの薄生地仕様の製品も確認できるため、厚生地であることをもってのみ「初期型」とするのは誤解が生じてしまうと考えます。厚生地の全例が(現時点では)51年5月コントラクトのため、暫定的に当記事においては”5月モデル”というような呼び方にしてはどうかと考えています。
 また、MIL-P-11013(QMC)で図示される、裾のドローコードの取出し位置が短いタイプについては(現物は一例しか確認できていませんが)”極初期タイプ”と呼称したいと考えます。
 60年代に入り、明らかな特徴を持った一連の製品が観察されます。生産時期から概ねコントラクトが、DSA(ディフェンスサプライエージェンシー)経由となっているため、これらを最後期型として”DSAモデル”と呼びたいと考えています。

 今回、片付けの最中にたまたま出て来た、いわゆる「厚生地タイプ」(51年5月モデル)と、最後期型の60年代型(DSAモデル)を比較して写真を撮ってみました。(以前にも似たようなことしている気もします(笑))。
 60年代型M-51パーカ http://parkashell.exblog.jp/10555798/


 両者の全景
 右:51年5月モデル
 左:60年代型DSAモデル
 細部を除き、大幅な変更は観られない。
 ただし、サイズ(肩幅、身幅)が見直され、DSAモデルはひと回り細くなっている点に留意。
a0164296_23294590.jpg


 袖の大型ボタンの比較
 右:51年5月モデル(薄型汎用)
 左:60年代型DSAモデル(成形色がグリーン)
 下(真ん中):標準の厚型ボタン
  薄型の大型ボタンは比較的「初期」生産の個体によく観察されます。
a0164296_2329357.jpg


 同じく標準の厚型ボタンを裏返したところ
a0164296_23292831.jpg


 同じく標準の厚型ボタンを横から見たところ
a0164296_23291526.jpg


 エポレットやライナー取付に使う19mmボタン
 右:51年5月モデル(DSAモデルを除く全ての型で使用)
 左:60年代型DSAモデル(いわゆるファティーグボタンでつやつや)
   このボタンを使用している個体はほぼ60年代「DSAモデル」であると考える。
 ボタンだけでなく、コットンサテン(右)、コットンナイロンオックスフォード(左)の織りにも留意
a0164296_2329889.jpg


 この今回のDSAモデルの個体にはサブデュードのU.S.ARMYディスティングイッシングインシグニアが付いていました。60年代後半に使用されていたということでしょうか。
 上段:60年代中盤から観察されるサブデュードのARMYインシグニア
 下段:50年代〜60年代を通じて観察されるARMYインシグニア
 旧タイプの識別インシグニアは、調べてみたら53年7月〜70年のサブデュードに置き換わるまで着用が認められていたようです(結構、期間が長いので一寸びっくりです)。
a0164296_2329031.jpg


 フロントファスナーの比較
 初期から後期まで観察される、一番ポピュラーな「コンマー」アルミの写真がありませんが(笑)
 右:5月モデルについている「タロン」のアルミ
 中:初期に生産されたと思われる薄生地個体の「コンマー」ブラス
 左:60年代型DSAモデルに付いている「クラウン」ジンク
a0164296_23285336.jpg


 「タロン」(アルミ)、「コンマー」(ブラス)などは、比較的「初期」のタイプによく観察されます。ただし、「クラウン」も少なくとも52年コントラクトには使用が確認されています。また、EX-48-1パーカなどにも観察されるようなので「クラウン」だからといって時代が下るようでもなさそうです。
a0164296_23284835.jpg


 後期モデルは肩のプリーツが省略されている。
右:60年代型
左:51年5月モデル
a0164296_23284125.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-12-07 23:46 | parka | Comments(0)

レプリカのM-51パーカ ライナー C.A.B CLOTHINGの場合

 前回、CABのレプリカのM-51パーカと、実物M-51パーカと比較した訳ですが、今回はそれに付属するライナーを紹介いたします。じつは、この製品ですがライナーにくらべ、シェルの腕が少し短いため、普通に着用するとライナー地が袖さきから少しはみ出してしまいます。(この個体のたまたまの相性なのか、製品の企画のミスなのかは判りません。)ですので、記述者川村は、シェルとライナーはそれぞれ別々に着用しています。特にライナーの起毛はアクリル製で、実物に比べて非常に軽いので、実物シェルに取付けて実用として使用するのに大助かりしています。
 
 コントラクトスタンプにCABの表記は無い。
 セーラムプロダクツコーポレーション 1951年12月29日コントラクトのモデル化
a0164296_2193163.jpg


 実物(右)との比較、裁断に至るまでよく再現されている。 
a0164296_2192352.jpg


 腕関節の当て布など、正確な形状を再現
a0164296_21415846.jpg


 パイルは、もこもこタイプをアクリルで再現 右は実物ウールパイル
a0164296_219768.jpg

 
 コントラクトラベルの比較 左がキャブ製 右がセーラムプロダクツ
a0164296_21121266.jpg

 
 実物のシェルに取付けてみました。
 ボタンホールの間隔が若干短いため、シェル側に波うちます。
a0164296_2184920.jpg


 こんな感じです。
a0164296_2184184.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-11-23 00:10 | parka | Comments(0)

レプリカのM-51パーカ キャブクロージングの場合

 当欄で、レプリカのM-51パーカを紹介するのはM-65パーカを改造した『レプリカのM-1951(ECWparka "M-65"改の場合)』http://parkashell.exblog.jp/10576762/ 以来ですので、かれこれ5年ぶりです。
 ほんとは、シービーズYMCLKYブランドのM-51も紹介したかったのですがなかなか入手のご縁に恵まれません。という訳で、今回はC.A.B CLOTHING の PARKA SHELL M-1951 をご紹介いたします。
 といっても、キャブさんからはいろいろなバージョンのモッズパーカが出ております。中には全く似てなかったりするものもありますのでネットなどで入手される場合は充分ご注意ください。
 今回ご紹介するタイプは詳細不明なのですがたぶん2000年代初頭にリリースされた製品ではないかと推測しています(違っていたらごめんなさい)。それでは観ていきましょう。

 まずは製品の全景
 街で見かけても、よく観察しないと見分けがつきません。ドローコードは若干太いのですが。
a0164296_19232833.jpg


 実物(右)との比較 いやよくできています。袖の丈が少し短い。
 フロントファスナーの差し込みが反対なのが判ります。
a0164296_1926261.jpg


 背面の全景 左がキャブ製 右が実物
a0164296_19255712.jpg


 フロントファスナー スライダーのアップ
 右 コンマー  左 YKKアルミ
a0164296_19255274.jpg


 腰のポケットの比較 実物に比べ、数センチ浅い
a0164296_19254413.jpg


 ライナーを留めるボタンやボタンタブなどもリアルに再現されています。
a0164296_19253761.jpg


 革のコード止め 二枚重ね?で厚さを出しています。アイレット廻りもきちんとステッチが入っています!
a0164296_19252934.jpg


 スナップボタンの比較 スコービル製 右は実物
a0164296_19252376.jpg


 スナップボタン(スタッド) キャブ(左)には、よく見ると"PERMEX" のロゴ入り
 生地の織りに留意 ほぼ同一のコットンナイロンオックスフォード織りと思われる。
a0164296_192441100.jpg


 袖の大型ボタン 上が実物 下がキャブ製
a0164296_19243226.jpg


 側面から見たところ 裏面の独特の形もしっかり再現しています。
a0164296_1924396.jpg



 フード裏のコントラクトスタンプ 薄れてしまってすこし見づらい。
 コントラクターはCAB CLOTHING
a0164296_19242444.jpg


 製品タグ(繊維製品の輸入に際し義務づけられている?)
 生地は米国製であることが解る。  右はライナーのもの
a0164296_19235698.jpg


 キャブのシェルに実物のファーフードをつけてみました。ボタンホールの位置も正確なのでぴったり装着できます。
a0164296_19235095.jpg


 こんな感じです。
a0164296_19234285.jpg



 次回、ライナー篇に続く
[PR]
by poemaquince | 2015-11-22 19:33 | parka | Comments(0)

M-51parka USMCモデルについての考察

 2014年4月20日付「MIL規格P-11013(QMC)における初期コントラクト年月日と生地の関係について」http://parkashell.exblog.jp/19697897 の記事コメント欄にて、パーカー狂さんから、USMCモデルについての考察をいただいております。
 また、2010年11月14日付「M-51 PARKA SHELL 薄手コットンポプリン/平織りの生地?」http://parkashell.exblog.jp/11563062 のコメント欄にて、misaruさんからUSMCモデルの袖の特徴についてご指摘をいただいておりました。

 さて今回のパーカー狂さんからのご指摘は、袖や裾パーツの生地の違いは「意図された仕様」なのではないか?というものです。パーカー狂さんが所持されている複数の個体のほか、e-bayにも出品されているなど、一定数のUSMCモデルが該当するようです。
 記述者川村はそれまで、そでの色調の違いは、それぞれ作成された「パーツ」を寄せ集めて縫製する時の、パーツ生地ロットの違いくらいにしか認識しておりませんでした(ERDLファティーグなどにも色違いパターンなどがよく観察されます)。
 ただし、袖口のストラップの仕様(通常版とは反対方向に付いている)の件でも明らかになったように、USMCモデル仕様には独自のこだわり?があるようにも思えます。したがって、今回の件も慎重な考察が必要と思われます。皆さんはどう考えますでしょうか? 

 e-bay(US)出品中のUSMCモデル
 袖口、裾パーツの色調が異なる。
(考察のため、e-Bay出品中の写真を引用させていただきました)
a0164296_12393713.jpg

 袖口のストラップの取出し方向にも留意
a0164296_12393027.jpg

a0164296_12392772.jpg


 標準的なM-51
MIL-P-11013A
MILLVILLE SPORTSWEAR.INC.
1953年6月16日 A.S.T.A.P.A.
袖の色違いは、いくつかの個体に観察される。
a0164296_12392331.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-05-04 12:45 | parka | Comments(0)

EX-48-1PARKAの比較その3 M-51「生地篇」

 昨年の11月の記事にも書きましたがEX-48-1PARKAはM-48パーカーと比較して、ずいぶん生地が薄くできています。むしろ生地の厚さはM-51コットンナイロン5オンスに近い感じです。
 あまりうまく撮れてないけど、11月にM-51と生地を比較するため接写した写真を参考に掲載してみます。

本体全景
左:EX-48-1 右:M1951PARKASHELL(1952年1月コントラクト)
a0164296_22515735.jpg


生地のマクロ
左:EX-48-1 コットンツイル?
右:M1951  コットンナイロンオックスフォード5oz
生地の薄さはほぼ一緒な感じ。写真のように織りが異なります。
a0164296_22513864.jpg


背面の比較 
左:EX-48-1 右:M1951
EX-48のアームホールの太さに注意(M-48もだけど)
a0164296_22512283.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-01-27 22:53 | parka | Comments(3)

EX-48-1(experimental)PARKAの比較その2「ライナー篇」

 昨年、EX-48-1やったときに写真を一緒に撮ってあったのですが、すっかり忘れていました。M-48ライナーとの比較です。てなわけで新春?第三弾にしてやっと当ブログ「本編」(笑)関係です。
 まずは写真にて早速見てみましょう。

ライナー全景
左:EX-48-1 右:M1948
ライナーフードに付いているボタンに留意
シェル側にボタンホールのタブが付いており留めるようになっている。
a0164296_22541741.jpg


左身ごろを開いたところ
左:EX-48-1 右:M1948
左:難燃性を意図した?グラスファイバーわたのキルティングと、右:ウールのパイル地の違い
ライナーに付いている内ポケットにも留意
a0164296_2254612.jpg



ポケットの比較
蓋は開いた状態です。 
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_22535535.jpg


EX-48-1ポケットラベルのクローズアップ
インストラクションの内容がパーカシェル全体について解説していることに留意
a0164296_22543551.jpg


M1948 ポケットラベルのクローズアップ
インストラクションはあくまでライナーについての記述です。
緩い天候の場合はコットンシェルだけで着なさい
ライナーをアウターとして着てはいけません
などと書いてあります。
21世紀の日本では、ライナーをアウターに着たりもしてますけど(笑)。
a0164296_2254736.jpg

[PR]
by poemaquince | 2015-01-19 23:00 | parka | Comments(2)

EX-48(experimental)の謎 あるいはEX-48とは何か???

 前回のEX-48-1パーカのところでも書いたのですが、「EX-48」は、M-48「パーカ」の前身モデルのみを指すものとばかり思っていました。ところがフランスのUSMCに関するサイトで、EX-48イクスペリメンタル(実験的)モデルを紹介するページ「LES TENUES ET EQUIPEMENTS EX-48」(フランス語なので中身は良くわからないのですが)を見てみるとEX-48と名付けられているアイテムが多数あることが解ります。
そんなアイテムのひとつとしてMask, Cheek Protector, Arctic, EX-48が紹介されています。
a0164296_23435686.jpg

Port du protégé nez / joues. On note le détail de fermeture à glissière qui assemblé la capuche amovible et la veste.
(頬/鼻の保護マスク また、着脱式フード、ジャケットのファスナのディテールに留意/グーグル先生を使っての大意訳)

そんな訳で、似たアイテムが手元にあるのですが、これは、「EX-48」なのかそれともその後の量産?モデルなのか、スタンプでは判断付きません。
a0164296_23431595.jpg

1952年2月3日付のコントラクト?
a0164296_23422355.jpg

a0164296_23421133.jpg

[PR]
by poemaquince | 2014-11-24 00:12 | parka | Comments(3)

EX-48-1(experimental)PARKAとの比較 百聞不如一見の巻

 いやはや、ここんところずっと「番外編」の記事が続いてたりしましたが、久々の「本編」(笑)関係です。
 という訳で、いきなりマイナーな(ていうか、その筋ではつとに有名な)「EX-48-1」パーカと、「M1948」パーカを比べてみようという企画です。記述者川村も現物を見るまで「ライナーはグラスウールだけど、シェルはM-48とおんなじだよね」と思ってたりしたのでした。ところが、いやはや、百聞不如一見(ひゃくぶんはいっけんにしかず)、実際に比較してみるとさまざまな発見があったりします。
 特にびっくりしたのが、生地のマテリアルです。てっきりM-48と同様の厚手コットンサテンと思っていたのですが、実際に手にしてみると、ライトオンス(薄手)のコットンナイロン(?)様の生地でした。ただし、M-51とは異なる織りではありました。
 では早速、見ていきましょう。

全景
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_2224054.jpg


フロントファスナーを開いたところ
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_2222870.jpg


EX-48-1シェル側に付く唯一の表示
サイズラベル
a0164296_22535876.jpg


EX-48-1ライナー側、裡ポケットの表示
記載内容によりシェルとライナー一体での運用であることが解る。
a0164296_22593780.jpg


ライナーボタンを外したところ
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_222140.jpg


背面の比較
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_222487.jpg

 
EX-48-1 フード廻りのアップ
ファーフードトリムは、ヌートリアと思っていましたが、最近ではウルヴァリン(wolverine)という解説をよく見かけます。
a0164296_2213195.jpg


同じくM1948のもの
a0164296_2211481.jpg


比翼裏面
左:EX-48-1 右:M1948
EX-48-1 比翼裏面の補強ステッチに留意
a0164296_2204887.jpg


EX-48-1 腰のドローコード部のアップ
ドローコード取り出し口に水平に走るステッチに留意
a0164296_221220.jpg


腰部の比較
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_2204588.jpg


右ポケットの比較
左:EX-48-1 右:M1948
EX-48-1のシェル本体にはサイズ表示以外のラベルは見当たらない。
a0164296_220735.jpg


右ポケット裏面とドローコード
左:EX-48-1 右:M1948
a0164296_21592439.jpg


左裾 :EX-48-1
独特のドローコードの取り出し口に留意
a0164296_2159197.jpg


左裾 :M1948
極初期をのぞく通常のM-51と同様のタイプ
a0164296_21585066.jpg


フィッシュテールの比較
上:EX-48-1 下:M1948
EX-48-1のスナップボタン(スタッド)の補強テープに留意
a0164296_21583350.jpg



 ところでこの「EX-48」、M-48パーカの前身(実験)モデルのみを指すものとばかり思っていました。ところがググってみるとグラスウールファイバーでライニングされた一連の極寒用装備(被服のみならずテントとかも!!)のシリーズであることが解ります。

フランスのUSMCに関するサイト
http://usmc-collectors.pagesperso-orange.fr/fichiers%20listes%20et%20divers/korea%20catalog%2012.htm

おなじみU.S.militaria forum
http://www.usmilitariaforum.com/forums/index.php?/topic/99670-information-needed-on-uniform-type-ex-48/
[PR]
by poemaquince | 2014-11-16 22:20 | parka | Comments(11)