M-51Parkaに関する2,3の事柄

カテゴリ:フィールドジャケット( 8 )

M-50フィールドジャケットについての二、三の事柄(その4)

(前回までのあらすじ(笑))
 「M-50」とスタンプ表記されるM-43MODモデルは、「M-43MQ-1」や「M-1950」と表記されるジャケットのライナーボタンとは位置と数が異なるのでした。

 今回「その4」では、その話の前提となる「在庫のM-43の改造」に関する件を検証しておきたいと考えました。
 成果品であるアイテムを再度改修して利用するといったような例は、たとえばB-15系フライトジャケットの改造など、襟に付いていたフワフワのボアをニットの襟に交換したりと、結構ポピュラーなお話だったりしています。(B-15D(MOD.)とか)
 今回は確認のため、ジャケットのフロントボタンとジャケット内側のライナー留め用ボタンの縫い糸についてそれぞれ観察したいと思います。(写真の色味がちょっと見づらいとは思いますがご容赦願います)

「M-43MQ-1」
フロントボタンと、ライナー留め用ボタンの縫い糸はほぼ一緒 
a0164296_1352922.jpg


「M-1950」
MQ-1と同じく縫い糸は一緒と言える。
a0164296_135201.jpg


「M-50」
前二者と異なり、フロントボタンと、ライナー留め用ボタンの縫い糸は異なっている。このことからも、成果品のM-43ジャケットに事後的にボタンを増設したことが強く推察される。
a0164296_13515184.jpg


 っていうか、現在、現実に朝鮮半島での緊張が高まり、ついに我が国自衛隊にも集団的自衛権に係る「武器等防護命令」が出されたりしています。そんななか、70年近く前の防寒服のボタンの数を数えてる場合ではないような気もしますが(笑)。
[PR]
by poemaquince | 2017-04-30 14:00 | フィールドジャケット | Comments(0)

M-50フィールドジャケットについての二、三の事柄(その3)

(前回までの経過)
 春なのに、たまたまM-43/MQ-1にライナーを取付けようとして「M-50」と「M-43MQ-1」のライナーボタンの違いに気がつき、M-50、M-1950、M-43MQ-1の三者のライナーボタンを比較してみたわけでした。
 すると、M-1950とM-43MQ-1の仕様はほぼ一緒でしたが、M-50だけはボタン位置と数が異なるのでした。
 また、いわゆるM-50ライナーに付く「ひも」の謎はジャケットの背首にボタンの付かないM-1950、M-43MQ-1ジャケットのためハンガーループに結びつけるための仕様という事も明らかになりました。
それぞれM-50ライナーをつけた状態
上段:M-43MQ-1
下段:M-50
背首のボタン有無に留意
a0164296_13311166.jpg



しかしながらM-50ライナーボタンについては、また新たな謎が浮上したのでした。
 M-50ライナーを取付けても、ボタンが余るのです。
 写真を見てみましょう。

M-50ライナーをつけた状態
向かって左上部のボタンが余っている事に留意
このボタンの用途は何??
a0164296_1330409.jpg


同部分のクローズアップ
ライナー側のボタンホールは、ジャケットの開襟に合わせて内側に折り畳むためのもの。(この個体ではそのためのボタンは失われている。ボタン糸の跡の小さい孔(あな)がわかりますでしょうか?)
a0164296_13302524.jpg


袖のライナーボタンの状況
M-50ライナーには、袖のライナーボタンタブはひとつしか無いが、ジャケット側にはボタンが二つ付いている事に留意
M-50ライナーだとひとつボタンが余ってしまう!
a0164296_13301537.jpg


M-50のひととおりの撮影ののち、近所のスーパーへお使いへ行った帰り道、「余ったボタン」の理由について自転車を漕ぎながらつらつら考えます(あぶない(笑))。
「袖も二つボタンということはもしかして?!」と思いつき、さっそく試してみたのでした!

すると推測が当たりました!!
M-50ジャケットは、M-51ライナーと互換したのでした!
M-50ジャケットにM-51ライナーをつけたところ
a0164296_13295485.jpg


同、余ったボタンは肩前方のボタンホールを留めている。
a0164296_13293716.jpg


同、袖口の状況
a0164296_13291773.jpg


 いままで川村は、いわゆるM-50(M-43からの改造品)はM-1950などと並行して「モディファイ」されていたものと漠然と思っていたわけですが、少なくともM-51と互換するということは生産(改造)は1951年以降ということが強く示唆されます。
 40年代後半に登場した防寒機能を向上させたM-43MQ-1やM-1950は、順次新型のM-51ジャケットへ更新される予定だったところ、朝鮮戦争の勃発と戦線の拡大に、新型の防寒ジャケットM-51の供給が間に合わず、デッドストックであったM-43を大量にモディファイして供給したのではないかなどと推測したりしています。
 なお、ボタンの数が「少ないタイプ」と「多いタイプ」について、M-50ライナーはそれぞれに対応しています。したがって現時点で、ボタンの数をもって初期タイプ、後期タイプと分類できるかはもう少し検討が必要と考えます。

(追記:4/30/2017)
M-1950については、DMZさんの先行する研究記事もありました。
ぜひご参照ねがいます。
http://armyshade.exblog.jp/tags/M-1950/

[PR]
by poemaquince | 2017-04-29 13:38 | フィールドジャケット | Comments(0)

M-50フィールドジャケットについて私が知っている二、三の事柄(その2)

(前回からのつづき)
 M-43ジャケットにライナーシステムを組み込んだジャケットは、「M-43 MQ-1」とか「M-1950」とか「M50」とか表示(呼称)されているというお話でした。
 で、わたくし川村は、「それってみんなおんなじダヨね。」と迂闊にも思い違いをしていたわけでした。今回、(春なのに)たまたまM-43/MQ-1にライナーを取付けようとして「アレっ?」と気がついたわけなのでした。
 では、写真を見ていきたいと思います。

M-50にライナーを取付けるときにいつも不思議だった「謎ひも」の用途は?
a0164296_2345929.jpg


なんと、M-1950の背側に取付けのボタンが無く、ジャケットのハンガーループに結びつける用途という事が判明!
a0164296_2344241.jpg


ということで、それぞれのジャケット内側を確認します。
まず
M-50の内装
向かって右にライナーボタン4個
向かって左にライナーボタン5個
背首にライナーボタン2個
a0164296_2343269.jpg


M-1950の内装
右にライナーボタン4個
左もライナーボタン4個
背首にはボタンがみあたらない。
a0164296_2342238.jpg


M-43/MQ-1
右にライナーボタン4個
左もライナーボタン4個
背首にはボタンがみあたらない。
ということで、M-1950と同じ仕様
a0164296_2341226.jpg


その3へつづく
[PR]
by poemaquince | 2017-04-22 23:09 | フィールドジャケット | Comments(0)

空軍型フィールドジャケット USAF COAT MAN'S FIELD(入門編)

 ラウンドカラー(丸襟)とラグランスリーブ(丸肩切替袖)が独特のUSAFフィールドジャケットです。(・・・マイナーなファッションアイテムとしてもすこし面白いかもしれませんが、ドットボタン付き貼付け4つポケットを含め、この形を着こなす難易度はかなり高そうです)
  採用年度が何年度かははっきりしませんでしたが、1950年代に MIL-J-4883 JACKET,MAN'S,SINGLE BREASTED SAGE GR.,CTN.,STN.,USAF SH.509,HOOD W/DRAWCORD CLOSURE, WRT として採用されました。
   参考:http://realcompany11.main.jp/newpage375.html
 50年代のモデルは上述の表記のごとく、空軍シェード509のセージグリーンの生地でしたが、1960年前後にOG107の生地に移行しています。

 60年代のオリーブグリーン生地のAFフィールドジャケット(フィールドコート)のMIL規格のナンバー表示は、MIL-J-4883表示のものとMIL-C-4883表示(65年以降?)のものと両方が観察されます。
 ということで、64会計年度の個体についてみていきましょう。

USAF COAT MAN'S FIELDの全景
同時代のM-51系のフィールドジャケットと異なり、正面は普通のボタンのみにて留める。
a0164296_2213335.jpg


同コントラクトラベル。
DCISC DIR. OF MFG. はDSA傘下の製造部門?
a0164296_2211758.jpg


シェルにライナーを装着したところ
正面のフロントボタンやライナー取付けボタンの状況が良くわかる。
a0164296_2211837.jpg


丸襟のなかからフードを取り出したところ
第一ボタンのみ隠れていない点に留意
袖の切れ込みからライナーのカフが見えていることに留意
M-43〜65のフィールドジャケット等と異なり袖のマチがないことが分かります。
a0164296_2204151.jpg


同じく拡大したところ
a0164296_221355.jpg


ウールパイルライナーの全景
パイルの種類は「もこもこ」タイプ
M-1947パーカのようにカフがニットになっている。
ボタンホールの位置など全く異なるため、他のジャケットとは互換性がない。
a0164296_220618.jpg


ライナーのコントラクトラベル
a0164296_2203346.jpg


同時代のM-51と並べてみました。
両者の流れを汲んで、M-65に発展していった?とも受け取れる写真ではあります。
右がM-51JKT
a0164296_21594452.jpg


M-65の後ろ姿と並べてみました。M-65の襟のフードは、USAFフィールドコートの流れを汲んでいるのではと思われます。
a0164296_21593750.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-05-20 22:02 | フィールドジャケット | Comments(4)

M-65とは何か?アパレルファッションにおける「M-65」(入門編)

 M-65とは何か?
 日本国内で、一般には「アメリカ地上軍の65年型被服をデザインモチーフとしたファッション衣料または、65年型被服そのもの」と定義できそうです。
 アパレル業界などで「M-65」と呼ぶときは、もともとは「フィールドジャケット」タイプのものを指すことが多かったと思います。しかしながら、ミリタリーデザインをソースとした「カーゴパンツ」や「モッズコート」などの流行で、ファッションアイテムとしての「M-65」の名称が拡散し、(軍ものに関して)事情の飲み込めない消費者にとっては「で、M-65って一体何?」の状況が現れて来たのではないかと推測したりしてます。
 3年くらい前に、「M-51」についても同じテーマで似たようなことを書いているので、そちらもぜひご参照いただけたらと思います。(M-51フィールドジャケット、パーカとの比較
 そんな訳で、実際にフィールドジャケット、パーカ、カーゴパンツの65年型(M-65)を比較して見ていきましょう。

 70年代のM-65フィールドジャケット(左)とM-65パーカ(右)の比較
 極寒の気候の場合、フィールドジャケットのうえにパーカを重ね着することとなっている。
a0164296_12511984.jpg


 同じく前ファスナを開けたところ。フィールドジャケットの襟にはフードが収納されている。パーカには後述のファー付きフードが装着される。(M-65フードの取付参照
a0164296_12511174.jpg

 
 M-65フィールドジャケットの収納フードを出したところ
a0164296_12505874.jpg


 M-65JKTに、別付けの極寒用フードを取り付けたところ。このフードは一般にM-65フードと呼ばれる。
a0164296_12504295.jpg


 M-65フードの前を閉じたところ。この別付けのフードはパーカにも着用することができる。
 小ループをフィールドジャケットの「露出する中央ボタン」に引っ掛けていることに留意
a0164296_12503284.jpg


 一般的に「M-65カーゴパンツ」と呼ばれる「コールドウエザー トラウザーズ」
 下腿両脇に付く大型のカーゴポケットに留意
a0164296_14224630.jpg


 M-65「カーゴパンツ」の内側はこんな感じです。
a0164296_1250199.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-03-16 12:58 | フィールドジャケット | Comments(7)

M-51とM-65の違い(フィールドジャケットの場合) ・・入門編・・

M-51・M-65違いシリーズ(!)第二弾はフィールドジャケット篇です。
(以前にも何度か言及しているのですが、一般に「M-65はフィールドジャケットのことで、M-51とはパーカのこと」というような誤解がなされやすいこともあって、もうエバンジェリスト(笑)状態でやってます。)
このブログへ初めてこられた方は、ほかに「フィールドジャケットの系譜」(2011年11月)や「M-1951フィールドジャケット(パーカとの比較)」(2010年5月)など併せてご参照いただくと分かりやすいかもしれません。
注:以下、M-51とM-65の個体を比較していきますが、同じモデルであっても、生産の年度により仕様の変遷が見られます。(例えば、裏地の裾側の開放は60年代のM-51にも観察されます。)入門編ということで、煩雑さを避けるため変遷やバリエーションについては割愛し、代表的な差異のみ取り扱っていますのでご注意願います。

まずは、M-65(左)、M-51(右)の全景
57年型(59会計年度)のM-51と、いわゆる2nd型(67会計年度)のM-65
襟、袖のデザインの違いに留意
a0164296_12593337.jpg


フロントファスナを開いたところ
M65(左)、M51(右)
ライナーが付いた状態であることに留意
a0164296_12592282.jpg


背面
M-65(左)、M-51(右)
M-65の肩甲骨のあたりのプリーツ(ひだ)に留意
a0164296_125984.jpg


背面部分の拡大
M-65(左)、M-51(右)
a0164296_12585511.jpg


襟周りの拡大(襟を立てた状態)
M-65(左)、M-51(右)
M-65の襟のファスナに留意 襟ファスナの中に簡易フードを収納している。
a0164296_12584082.jpg


袖口の比較
右側から、M-51(59年)、M-51(60年代型)、M-65(67年)、M-65(72年)
a0164296_12582828.jpg


ライナーを外したところ
サイズラベル、インストラクションラベルの位置に注意
a0164296_12581588.jpg


裾部分の拡大
M-51が裏地を縫い込んでいるのに対し、M-65は開放されていることに留意
また、パーカとは異なり、裾のドローコードが両者ともエラスティック(ゴム)であることに注意
a0164296_1258371.jpg


前身頃うらの比較
M-65(左)、M-51(右)
ライナー用取り付けボタンに注意
また、スナップファスナ」(ドットボタン)の数も異なることに留意
a0164296_12574573.jpg


ライナーの比較
M-65(左)、M-51(右)
ライナー用ボタンの位置が全く異なるため基本的にフィールドジャケットでのM-51/65ライナーの互換性は無い。
a0164296_12573266.jpg


(参考)
今回比較した個体のサイズ・コントラクト・インストラクションの各ラベル
M-51のもの
a0164296_12571746.jpg

a0164296_1257269.jpg


M-65のもの
a0164296_12564315.jpg

a0164296_12562054.jpg

[PR]
by poemaquince | 2012-10-28 13:10 | フィールドジャケット | Comments(5)

チンストってどうよ? フィールドジャケット「チンスト」比べ

古着業界においては、ジャケットの襟についている襟タブ(防風用フラップ)を「チンストラップ」(略称「チンスト」)と呼称していたりします。
そんなわけで、フィールドジャケットにおける二大チンストアイテムM-43(M-50)とM-51(後期型)の「チンスト」を並べてみました。

M-43(のかわりのM-50)全景
襟に隠れ、「チンスト」は見えない。
a0164296_20295288.jpg


襟を閉じボタンをはずすと見えてきます。
a0164296_20293635.jpg


襟を立てて「チンスト」を閉じたところ。(M-43MQ1)
a0164296_20291312.jpg


M-51(60年代型)襟を閉じ、チンストの固定用ボタンを外したところ。
a0164296_20285731.jpg


襟を立てて「チンスト」を閉じたところ。
a0164296_20283614.jpg


フィールドジャケット3種
上からM-65,M-51(60年代型),M-43(MQ1)
M-41を忘れてました。またの機会に・・・
a0164296_20281994.jpg



・・・で、実際の「チンストラップ」
a0164296_2028448.jpg

空挺用ヘルメットライナーにおけるネックバンド(上)とチンストラップ(下)の図
a0164296_2027516.jpg

ジャケットの防風フラップ(襟タブ)を「チンストラップ」(チンスト)と呼ぶのは日本の業界独特の用語で、米軍では通常ヘルメットなどのあご紐のことを意味します。
a0164296_20273540.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-11-18 20:35 | フィールドジャケット | Comments(0)

フィールドジャケットの系譜 M-41,M-43,M-50,M-51,M-65

このところマニアックな記事が続いていましたが、今回はひさびさの入門編としてフィールドジャケットの変遷について、基本的な点をわかりやすく概観していきたいと思います。
というわけで、代表的な野戦用ジャケット(時期によりコートとも呼ばれる)M41からM65まで写真で比較していきます(M-**は、それぞれ**年型、**年式というような意味であり、この稿では数が小さいほど古い型であることが分かります)。

M-41とM-43(実はM-50)
第二次大戦中に採用された代表的なジャケット二種です。両者ともボディはコットン製で、M-41(左)は、フロントはスライドファスナとボタンの二重合わせになっています。また、裏地にウールでライニングされています(寒いけど)
M-43(右)は見ての通り有名なM-65ジャケットの原型となるデザインです。デフォルトで、開襟になっています(このM-43は実はM-50・・・というかM-1943MQ1なのですが・・)。
a0164296_2292744.jpg


M-50(左・・ていうかM-1943MQ1)とM-43(右)
というわけで、M-50とM-43の比較です。といっても両者の外観は同一です。違いはジャケットの内側にライナー取付用のボタンの有無のみです。
右のM-43と比較すると左のM-50のボタンホール側にライナー取付用ボタンが付いているのが分かります。
a0164296_2291785.jpg


M-50(左)とM-43(右)にライナーを装着したもの
M-50のライナーのボタン留めに注意
M-43のライナーはジャケットに固定されているわけではなく、ただの重ね着です。
追記:M-50に関してはこちらの記事(http://parkashell.exblog.jp/23830630/)もご参考ください。22/4/2017
a0164296_229644.jpg



M-50(左)とM-51(右)
M-43、M-50が普通のボタン留めだったことと異なり、M-51はスライドファスナー(ジッパー)とスナップファスナー(ドットボタン)が採用されました。
a0164296_2285541.jpg


M-50(左)とM-51(右)にライナーを装着したもの
フロントが、ボタンからスライドファスナーになった状況が分かります。
a0164296_22844100.jpg


M-51(左60年代型)とM-51(右57年型)
同じM-51であっても、時代の変遷によりいくつかのヴァリエーションが見られます。それまでのM-51に比べ、左の60年代型は、主に襟の形等に特徴があります。またM-43に見られるような「チンストラップ」がこの60年代型のM-51で復活しています。
a0164296_2283444.jpg

(M-51フィールドジャケットのヴァリエーション等詳細について興味のある方は、下記「D.M.Z」月影さんのブログがお勧めです)
http://armyshade.exblog.jp/tags/M-1951/

M-65(左)とM-51(右60年代型)
M-51からM-65への変遷は、襟廻りのデザインが大きく変更になっています。また、肩背中に大きくプリーツが設けられました。そのほかM-43から続いた袖のボタンが廃止され“フックアンドパイルファスナー”(ベルクロテープ)に変更になりました。
a0164296_2282268.jpg


(おまけ)
M-43フィールドジャケットにも使用する汎用パイルライナー
冒頭三枚目の写真で言及した重ね着用のパイルライナーです。単独に着用してアメカジ系アイテムとしてデザイン的にもN-1などと並んで人気があります。内装などにヴァリエーションがいくつか見られます。写真のモデルはよくアルパカのライニングなどと紹介されたりしていますがアルパカなどではなくチントです。
a0164296_2281168.jpg


・・・入門編と銘打って、なるべく分かりやすく書いたつもりなのですが、写真を見返してみると、似たようなジャケットの写真がずらずらと並んでいるばかり!(笑)で、ちっとも分かりやすくなかったですね。
[PR]
by poemaquince | 2011-11-09 22:16 | フィールドジャケット | Comments(0)