M-51Parkaに関する2,3の事柄

M-50フィールドジャケットに関する2、3の事柄(その1)

 M-50フィールドジャケットという名前で知られる「M-43ジャケットにライナー用ボタンを付けた」ジャケットは、表示が「M50」とか「M-1950」とか「M-1943 MQ1」とかあったりします。基本はまあ、おんなじものだよね。とタカをくくっていたわけですが、ところが今回、あらためて観察してみるとまたまた謎が深まったりするのでした。

 それぞれの個体を観ていきます。
 『M50』の全景 サイズ38L(38ロング)
a0164296_18465116.jpg

 
 ボタンの下方に「M50」のスタンプがかろうじて観察される。従ってこの個体は、M-43として生産されたストックに、あとからライナーボタンを追加してM-50にモディファイされたものと推測される。のこされたミシン糸から判るようにインスト?ラベルは失われている。
a0164296_18464139.jpg


 残念ながら右ポケットのなかのコントラクトラベルは失われている。ポケットの内袋が、グリーンのヘリンボン生地であることに留意
a0164296_18463126.jpg


 『M-1950』の全景 サイズR-S(スモールレギュラー)
a0164296_18462282.jpg


 サイズラベルとインストラクションラベル
a0164296_18461415.jpg


 右ポケットのなかにコントラクトラベルは見当たらない。
a0164296_18455981.jpg


 『M-1943 MQ-1』の全景 サイズ34S(34ショート)
a0164296_18454954.jpg


 サイズラベルとインストラクションラベル
a0164296_1845415.jpg


 右ポケットのコントラクトラベル
 1948年10月契約
a0164296_1845323.jpg

 この項、つづく
[PR]
by poemaquince | 2017-04-21 18:53 | 入門編 | Comments(0)