M-51Parkaに関する2,3の事柄

えーっ!! Parka Shell Arctic EX-50 ???

 えーっ!! Parka Shell Arctic EX-50 ???
 その日、たまたまエイ出版社の雑誌を店頭でぱらぱら手にとったところ、とんでもない写真を見てしまいました!!! えーっっ??何コレ?? EX-50??
 そこには、見たことも無い聞いた事も無いEX-50というエクスペリメンタルモデルが紹介されていたのでした!!おまけに中目黒の『LOCO』さんで取り扱っているとの記載が!へなへなとその場にしゃがみ込んで雑誌に書いてある「問い合わせ先」に電話してをしてみまたが、呼び出し音ばかりでなかなかつながりません。調べてみたら開店は午後二時からとのこと。まだ1時前です。本の奥付を確認すると12月10日発行、少なくとも11月には店頭に出ていたか?もう遅いかもと、不安を抱きながらもとりあえず直接中目黒に向かうことにしました。
 中目黒の古着屋さんは、『Cider』以外はほとんど行った事がありません。グーグルマップで目的のお店に向かいます。さすが「中目黒」、ガード下は、おされな飲み屋がいっぱいです。東急線のガード沿いから商店街に抜けます。ありました「LOCO」さん。入り口にはM-51parkaが。程度もよく、ライナーもついて15000JPN台は安いのでは?しかし今日はそれどころではありません。店内に入りぐるり見廻してもそれらしいアレはありません。(あーっ、やっぱり遅かったか?)念のためお店のひとに訊ねてみました。お店のおねえさんは、雑誌をたしかめながら電話でも商品の有無を確認してくださり、やはり雑誌が出て直ぐ売れてしまったとのことでした。あーっ、またしても「パーカ趣味者」失格!、ショックでしばらく呆然としてしまいました。まあ、残っているとは思ってなかったけど、それでも「もしかしたら!」と淡い期待で中目黒まで急いで来たわけでした。落胆です。まるで好きな異性に振られてしまったかのような気分です。きっと、「キモいトラ柄のアレ」や、「ポットの刻印」のことばかり考えていたため、パーカの神様のバチが当ったのでしょう。ぐっすん(涙目)。 
 ここまで来たのだからと、下北沢で途中下車です。険しい顔(たぶん)でひととおりお店を廻って、やっぱり「EX-50」ないなー(当たり前)、と、もうすっかり合理的判断力を失っています。そんな折り、「フラミンゴ」店内で、あれ?ほどよくヤレたJWD?を着たおしゃれな店員さんとすれ違いました。(オリジナル??)思わずじっと観察してしまい、我慢できずに「見ていいですか」と(おそらく恐い顔で)訊いてしまいました。親切な店員さんは親切に「どうぞ」といってくださいました。(うーん黒ボタン?中田?だとしたらこんなヤレ方する?)ただ、店員さんが私物で「着ている」ものなので手にとって観察するわけにもいかず「オリジナルですか?」と(たぶん尋問口調で?)訊いてしまったのでした(もう、ほとんどストーカーです)。店員さんは、「いいえ」といってシャツの裾をまくり、グリーンのラベルをみせてくださいました。その対応があまりに自然でつい「あはは」と心が和んでしまいました。
 そして、気がつきました。そうです。べつにわたくし川村が、EX-50をもつ必要はないのです。ただ、EX-50がどういうものなのか知りたかったのです。無事入手された方には、是非どこかでEX-50に関する情報を公開いていただけたらと思います。あるいは消費せずにどうか大切に保管して後世に伝えてほしいと切に願うのでした。

Parka Shell Arctic EX-50-6 
(出典)エイムック
「MILITARY JACKET:ヴィンテージミリタリーデザインの集大成」(2016/12)
a0164296_0305634.jpg

a0164296_031064.jpg

a0164296_031364.jpg

(出典)エイムック
「MILITARY JACKET:ヴィンテージミリタリーデザインの集大成」(2016/12)
https://books.google.co.jp/books?id=AvWuDQAAQBAJ&lpg=PA176&dq=EX-50%20parka&hl=ja&pg=PA176#v=twopage&q=EX-50%20parka&f=false


いやはや、この本このほかにもM-65パーカの試作モデル「T-60」の紹介など、パーカー史を塗り替えるスクープが満載です。
じつは、以前に書店でこの本を見かけたときは「どうせレプリカのカタログ本でしょ」とスルーしてしまっていました。何事も先入観で判断してはいけなかったのです。すばらしい編集を虚心に観察して手にとっていればEX-50に巡り会えたかもしれませんでした。驕った心にバチが当たってしまいました。エイ出版さんごめんなさい、えーん(泣)。
[PR]
by poemaquince | 2016-12-22 00:37 | parka | Comments(5)
Commented by パーカー狂 at 2017-01-09 19:01 x
寒中お見舞い申し上げます。
お久しぶりです。パーカー狂です。
今度はEX-50ですか。軍物のprototypeは謎だらけですね。
M65パーカーのライナーのprototypeも実は所有していたのですが、あの”QMC”のラベルが、相当インチキ臭くて、御紹介の本のT-60の写真を見るまで、「騙された」と思っていました。

先日、ebayでex48 jacketを入手したのですが、端的に言うと、タンカースジャケットにファイバーグラスの専用ライナーを装着したものでした。

この辺で手を出し始めると、金がいくらあっても足らなくなります。ご紹介のムックに載っていたN3-Aのテストサンプルなんて、ヴィンテージショップでは、一体、幾らするか……

Commented by poemaquince at 2017-01-10 01:36
パーカー狂さま
あけましておめでとうございます。(ちょっと遅いっすか)
EX-48ジャケット入手されたのですね!すばらしい!
フランス語のウェブページにあるジャケットと同じタイプのものなのですか?ファスナーでフードが着脱できるタイプの?
http://usmc-collectors.pagesperso-orange.fr/fichiers%20listes%20et%20divers/korea%20catalog%2012.htm
でもタンカースに近いとなるとまた、別のタイプなのでしょうか?
興味深いですね。
>この辺で手を出し始めると、金がいくらあっても足らなくなります。
誰も欲しがらない変なものだったら安いのだけど(笑)。なかなかねー。いやほんと、お金持ちのコレクター(笑)というものになってみたい!
Commented by パーカー狂 at 2017-01-15 16:51 x
お返事、有難うございます。

ご質問への返答、遅れて申し訳ございません。口に糊するため、平日は返答が無理です。

”A very rare EX-48-2 Jacket, experimental type with camoflage fiberglass liner.”
で、ググってみてください。

良く考えると、2年前に落札していました。勘違いしていました。

写真を見てお分かりのとおり、襟廻りにファスナーが付いています。フードは欠品でした(着るのに邪魔だったのでしょう。)
タンカージャケットとは、襟と袖リブ以外はだいぶ違いますね。M-43 ジャケットのライナーの方が近いですね。

着用したのですが、ライナーもジャケットもペラペラで、「冬季戦用?悪い冗談だな。日本の冬も凌げんよ」
と感じました。

最大の謎は、WW2の真っ最中から、10th Mountain Divisionが、数々の防寒着の試作品を開発、試用している一方で、海兵隊は何の心算で、このEX-48シリーズを開発していたのか?米国も、二ポンと同じで、一旦、役所が予算をつけたら、使い切らないとヤバいのでしょうか。
それとも「陸軍が開発してるのだから、海兵隊も俺ジナルな服がほしい。」という単純なお話なのでしょうか。
Commented at 2017-04-05 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by poemaquince at 2017-04-10 20:31
俵屋さま
コメントありがとうございます。残念ながらいまのところフリマの予定は無いのです。今後ともよろしくお願いいたします。
追伸:差し支えの無い範囲で公開コメントにて投稿していただけるとうれしく思います。