M-51Parkaに関する2,3の事柄

ドイツ連邦軍の迷彩ジャケット スプリンター迷彩31(破片柄迷彩)の場合

 前回のズンフムスター迷彩(ウォーターパターン迷彩/沼沢地柄)の記事で川村は、ドイツ連邦軍の装備は「注意深くヴェアマハト色を避けている」などと書いてしまいました。今回のスプリンター迷彩(破片柄)も漠然とBGS(連邦国境警備隊)のアイテムと思っていたからです。eベイなどでもジャーマンボーダーガードのものとして出品されたりしてたので、勘違いしていました。
 今回改めて確認してみると、このジャケットはBGSの装備などではなく、ドイツ連邦軍の装備であるといえそうです。であるならば、「注意深くヴェアマハト色を避けている」どころではなく、しっかり「旧ドイツ国防軍」色を継承していた(笑)ということで、前回の発言を訂正させていただきます。
 そんな訳で今回は、ドイツ連邦軍(Bundeswehr)において、1956年から60年頃まで採用された、大戦中のブントファルベンアンシュトリッヒ31(スプリンター迷彩/破片柄迷彩)によく似た迷彩柄について見ていきましょう。

ああっ!!
この人も着てたんだ!!!
a0164296_1021124.jpg


ジャケットの全景
a0164296_10223796.jpg


身頃を開いたところ
ファスナーとスナップボタンの二重留め
a0164296_10222462.jpg


袖のクローズアップ
ベークライト製?のボタン
a0164296_10223177.jpg


フォロントファスナーはなんと樹脂製!!
残念ながらスライダーは欠けてしまっている。
50年代に樹脂製ファスナーを実用化?しているとは!!(でもこのジャケット、ここが完全なオリジナル見たことない)
a0164296_10221743.jpg


右胸ポケットの様子
a0164296_1022595.jpg


右内ポケットの中 アイデンティファイラベルは既に読めない。
a0164296_10215891.jpg


襟のフラップの状況
a0164296_10215071.jpg


背面全景
a0164296_10214231.jpg


大戦中の陸軍パルカとの比較
a0164296_10213045.jpg


破片柄迷彩のパターンはほぼ同一!!
a0164296_10211951.jpg

関係ないけどキューブリックの映画「時計仕掛けのオレンジ」でもデヴォーチカを襲うワルモノが着てるよね。

連邦陸軍の写真(1960年)戦車はM-47!
a0164296_1015636.jpg

[PR]
by poemaquince | 2016-06-05 10:17 | 番外編 | Comments(0)