M-51Parkaに関する2,3の事柄

空軍型フィールドジャケット USAF COAT MAN'S FIELD(入門編)

 ラウンドカラー(丸襟)とラグランスリーブ(丸肩切替袖)が独特のUSAFフィールドジャケットです。(・・・マイナーなファッションアイテムとしてもすこし面白いかもしれませんが、ドットボタン付き貼付け4つポケットを含め、この形を着こなす難易度はかなり高そうです)
  採用年度が何年度かははっきりしませんでしたが、1950年代に MIL-J-4883 JACKET,MAN'S,SINGLE BREASTED SAGE GR.,CTN.,STN.,USAF SH.509,HOOD W/DRAWCORD CLOSURE, WRT として採用されました。
   参考:http://realcompany11.main.jp/newpage375.html
 50年代のモデルは上述の表記のごとく、空軍シェード509のセージグリーンの生地でしたが、1960年前後にOG107の生地に移行しています。

 60年代のオリーブグリーン生地のAFフィールドジャケット(フィールドコート)のMIL規格のナンバー表示は、MIL-J-4883表示のものとMIL-C-4883表示(65年以降?)のものと両方が観察されます。
 ということで、64会計年度の個体についてみていきましょう。

USAF COAT MAN'S FIELDの全景
同時代のM-51系のフィールドジャケットと異なり、正面は普通のボタンのみにて留める。
a0164296_2213335.jpg


同コントラクトラベル。
DCISC DIR. OF MFG. はDSA傘下の製造部門?
a0164296_2211758.jpg


シェルにライナーを装着したところ
正面のフロントボタンやライナー取付けボタンの状況が良くわかる。
a0164296_2211837.jpg


丸襟のなかからフードを取り出したところ
第一ボタンのみ隠れていない点に留意
袖の切れ込みからライナーのカフが見えていることに留意
M-43〜65のフィールドジャケット等と異なり袖のマチがないことが分かります。
a0164296_2204151.jpg


同じく拡大したところ
a0164296_221355.jpg


ウールパイルライナーの全景
パイルの種類は「もこもこ」タイプ
M-1947パーカのようにカフがニットになっている。
ボタンホールの位置など全く異なるため、他のジャケットとは互換性がない。
a0164296_220618.jpg


ライナーのコントラクトラベル
a0164296_2203346.jpg


同時代のM-51と並べてみました。
両者の流れを汲んで、M-65に発展していった?とも受け取れる写真ではあります。
右がM-51JKT
a0164296_21594452.jpg


M-65の後ろ姿と並べてみました。M-65の襟のフードは、USAFフィールドコートの流れを汲んでいるのではと思われます。
a0164296_21593750.jpg

[PR]
by poemaquince | 2013-05-20 22:02 | フィールドジャケット | Comments(4)
Commented by John Doe at 2013-05-21 05:47 x
ライナーに腰のドローコードを通す穴が開いてある辺りがステキですね。
Commented by poemaquince at 2013-05-22 00:41
そうっすね!!
Commented by John Doe at 2013-06-05 21:50 x
アホノミクス、終わったようですね。
株価からも見放された売国党総裁ダメじゃん。
「爆発」?岡本太郎画伯かよ?
Commented by poemaquince at 2013-06-06 00:18
John Doeさま
いつもコメントありがとうございます。
株価はしばらく乱高下するのでは?ともおもいますが。
民間活力の「爆発」!(笑)・・・「経済成長」に依存しない豊かさを実現するためにどんな知恵が必要なののでしょうか?真剣に悩んでいます。