M-51Parkaに関する2,3の事柄

M65とM51の違い(モッズコートの違い)その2 Hood fur ruff編

 さて、前回に引き続きM-65とM-51のモッズパーカの違いについて見ていきましょう。
 ここ数年、モッズパーカはファー付で着ることが主流になってきました。M-65とM-51のモッズパーカは両者とも、「ファー付の防寒フード」をオプションで本体に取り付けることができます。
 世間では一般に「コヨーテフード」などと呼ばれている「ファー付の防寒フード」ですが、このフードにもM-51とM-65の二つのタイプがあります。また、これらの「ファー付の防寒フード」はパーカだけでなくフィールドジャケット等にも取付可能になっています。
 M-51の場合はシェル本体のフードの内側に重ねるようにして、M-65の場合は襟とフードをボタン留めして取り付けます。
a0164296_1863147.jpg


 右が、M-51防寒フード
 左が、M-65防寒フードです。M-65はシンサティック(化繊)のファーが一般的ですが、70年代初頭まで、一部に獣毛のファーも観察されます。また、ご覧の通りM-65の方がフード自体も一回り大きく造られています。
a0164296_1862628.jpg


 前合わせの部分について、M-65はフックアンドパイルファスナ(ベルクロテープ)が採用されています。
 M-51は大型ボタン二個によって前を閉じます。
 上段がM-65
 下段がM-51
a0164296_1861736.jpg


 それぞれ前合わせを閉じたところ。
 右がM-51、左がM-65
 M-51はドローコードが片側1か所、M-65はドローコードが片側2か所あることに注意
a0164296_186731.jpg


 M-51の前閉じ用のボタンループが二重のデザインであるのは、大型ボタンが失われ入手できなかった場合、補修時に小型(19mm)ボタンで代用できるようになっているためといわれています。
 いちばん右の小ループは、パーカの場合、ライナー取付用の第一ボタンに、フィールドジャケットの場合は「露出した中央ボタン」に取り付けます。
a0164296_1855661.jpg


(おまけ)
 「M-51ファーフード」をM-65、M-51それぞれのシェルに取り付けてみました。ぱっとみ、見分けがつきません。
 ファーフードは、M-51とM-65で互換性があります。
a0164296_185471.jpg


 同じく、後ろから見たところ
a0164296_1853189.jpg


初稿 4 mar 2012
[PR]
by poemaquince | 2012-03-04 18:13 | 入門編 | Comments(2)
Commented by ワタル at 2016-07-05 19:30 x
管理人様

深い見識の内容に日々感服しております。

一点疑問がありまして、M-51パーカの取り外しフードに付いているゴムは何のために付いているかご存知でしょうか?
当時のヘルメットやキャップを被っていたときに、ゴムをひっぱってフードを取り外すのかと思っているのですが...

もしご存知でしたら御教え願えると幸いです。
宜しく御願い致します。
Commented by poemaquince at 2016-07-06 21:47
ワタルさま
コメントありがとうございます。
ご質問の件ですが、M-51ファーフードと異なりM-65やM-48のファーフードには後方にもドローコードが付いています。M-51の頭頂部に付いているゴムは、その代替機能ではないかと考えています。フードの後頭部へ廻して、フードをフィットさせる目的ではないかと思っています(60年以上前の製品で下手に引っ張るとゴムが伸びてしまいそうなので試した訳ではありませんが(笑))。