M-51Parkaに関する2,3の事柄

M-51ファーフードの取付

さて、世間でコヨーテファーと呼ばれている獣毛のファーの取付について解説します。
M-51パーカーは、M-65とは異なり、シェル本体に同一素材のフードが付いています。
そのフードの内側に重ねるようにして、ファーフードを装着していきます。
a0164296_19342774.jpg


シェル本体のフードの右側には、大型のボタンホールが二つ開いています。
a0164296_193620100.jpg


大型ボタンホールにはファーフードの大型ボタンがはまります。
a0164296_19365152.jpg


フード反対側および頭頂にも19mmボタン用ホールがあります。ボタン留めします。
a0164296_19373248.jpg


シェル本体のライナー留め用ボタンが並んでいます。
a0164296_19375557.jpg


ファーフードの後ろ垂れを本体のボタンに留めます。ここでは四か所留っています。
a0164296_193853100.jpg


ファーフードの小さなボタンループも右のライナー用第一ボタンに留めます。
a0164296_19392085.jpg


ライナーをその上からボタン留めします。
a0164296_19393468.jpg


ファーフードの前垂れを、中央ライナー用ボタンに留めます。
a0164296_19395279.jpg


以上で完成
a0164296_1940879.jpg


M-51ファーフードをM-65パーカに付けたもの(左)と並べてみました。
一見、違いが分かりません。良く観察するとエポレットがないなどが分かります。
a0164296_19404057.jpg


平置きでうしろからみればわかりますが、着用してしまうとやはり分かりづらいです。
a0164296_1940596.jpg


a0164296_19411785.jpg

[PR]
by poemaquince | 2011-03-06 20:13 | 入門編 | Comments(0)